IRCは部屋チャンネル#RoaringPlayGamers ステージ:小五病棟 GM:やんにさん PC:廿五さん ごんさん
そんな寸劇。
早朝ろあぷれの頭わきっぷりが実に分かりやすく表されていると思った。
 
 
05:37  ごん:そりゃあ、幼女の幻影とアハハウフフしようってもんですよ。
05:37 クリム:なんかごめん、お疲れ様です
05:37  ごん:ああ、その気は無かったwwwww
05:37  ごん:ごめんごめんw
05:37  ごん:楽しく遊ばせてもらってるから大丈夫だよ!
05:37 クリム:あ、よかった・・・
05:38 やんに:はたよんさんの棒には何か含みがあるような気がしてなりませんね
05:39  ごん:ただ、こう、なんで俺に彼女が出来ないんだろう? なんで幼女は俺を愛してくれないんだろう?
       いや、むしろ、幼女は俺を愛してるに違いない! だから襲ってもいいよね!
       とか、そんな思考と嗜好で満ち溢れてるだけで。
05:39  廿四:いや、ミサワと聞いたので
05:39  廿四:誰か彼を助けてあげて
05:39 やんに:もう手遅れだと思うよ
05:39 やんに:だって、狩人だもの
05:40 ゆうじゅう:つ【真実の愛はただ与えるためにある】
05:41  ごん:愛し続けて与え続けた……だが、俺は裏切りられ続けた! だから、俺は奪うことにしたのだ!
       幼女たちの恋人<ハンター>として!
05:41  廿四:これジャームだ!
05:42 やんに:紳士としては許せませんね
05:43  ごん:幼女好きジャームだって良いじゃない。人間だもの。
05:43 やんに:幼女に裏切られた程度のことで、そこまで落ちたあなたは私の敵だ!
05:44  廿四:私の持ちキャラに、ジャームをバケモノだと断定して狩る男が居ますよふ……
05:44  ごん:こい、勅使河原云々!(だったよね?
05:44 やんに:ごんさん、狩られちゃうよー
05:45  ごん:とりあえず、名前めっちゃ長いんだ。
05:45  廿四:かなり違うけどやったるでー!(拳銃ばんばん
05:46 やんに:小手河原 清司郎、ですね
05:46 やんに:名前大事大事
05:46  廿四:あぁ、確かそんな名前だった
05:46 クリム:ごんさーん?
05:47 やんに:ちょっとはたよんさーん!w
05:47  廿四:うぅ……作ったけど埃被ってるキャラが多すぎて……
05:47  廿四:GM業に専念しすぎたけどそろそろどこかでPLするお
05:48 ゆうじゅう:PLかー。
05:48 やんに:・・・そうだね
05:48  ごん:フハハハ……そのて(ドス)いどのこうげ(ドス)が俺に、き、効くわけ無いじゃない! このバカッ!
05:48  廿四:何で最後が微妙にツンデレ口調!
05:48 ゆうじゅう:何かキャンペで2枠埋まってるんで
05:49 やんに:埋まってますね
05:49 ゆうじゅう:GMもPLの週一はしたいな〜
05:49  廿四:GM業者にもっと愛の手を
05:49 やんに:つまり、もっとやれってことですよ>はたよんさん
05:50  廿四:デレるのだろうか、それで
05:50 やんに:デレるとおもうよ
05:50 やんに:だって、ごんさんだもの
05:50  廿四:じゃぁ《クリスタライズ》ものっけて……えい
05:50 やんに:デレるはずですよ
05:51  ごん:(ビクンビクン
05:51  廿四:アレはどういう反応ですか?
05:51 やんに:よろこんでるんですよ
05:51  廿四:喜なのか悦なのかで今後のごんさんへの反応が変わってしまうのですが
05:52 やんに:りっしんべんでしょうね、おそらく
05:52  ごん:喜悦という程よい言葉が日本にはあるのです。
05:52  廿四:うわぁ、程よい
05:52 やんに:超喜んでると解釈しました
05:53 やんに:ジャームだし、もう死なないから、どんどんやるといいよw
05:54  廿四:見捨てられとる……ジャーム化したのロイス切れとかなんじゃw
05:55 やんに:ロイス(幼女)を愛せなかったから、仕方ないよねw
05:56 やんに:衝動:加虐ぐらいで襲っていたからね
05:56  ごん:多分、有為/恥辱
05:57 ゆうじゅう:ついに『不滅の妄執』まで・・・。解除条件は幼女に愛される。
05:58  廿四:ムリダナ
05:58 やんに:「ごんおにいちゃん・・・・・・」
05:58 やんに:打ち捨てられたあなたの元へ向かう幼女がひとり
05:59  廿四:(別シーン:「だめだ、ごんさん……あの幼女は罠だ! 間に合ってくれ…!」)
05:59  ごん:「ナゼ、ナゼ、オレハヨウジョニアイサレナイ……」 気付かず血の涙。
06:00 やんに:「かわいそう・・・・・・いたいいたいとんでけー」
06:00  ごん:「ヨ、ヨウジョガオレヲ……?」
06:01 やんに:涙には気づかず、怪我をしたところに手を当てて、おまじないのように言うよ
06:01 やんに:(さすりさすり
06:01  ごん:「あ、ああ……どうして、君は……」
06:01 ぃ〜ぐる:(別シーン:「おい、あの幼女は何者だ!? 現れ方といいやり方といい的確すぎる!」)
06:02  廿四:そこでシーンに登場します
06:02  廿四:「ごんさん、だめだ、近寄っちゃいけない!」 と言いつつ《かまいたち》で幼女に攻撃
06:03  ごん:幼女をカヴァーリング!
06:03  廿四:くっ
06:03 やんに:「・・・・・・キャッ」ごんガード&カリスマガード=領域の盾発動
06:03  ごん:「良いんだ! ……俺はコレでいいんだ!」
06:03 やんに:と思ったら、自発的にやってくれたw
06:03  廿四:「ごんさーーん!」
06:04 やんに:はたよんさんを見て、ごんさんにしがみつく幼女
06:04 やんに:「コワイ、あの人」
06:04  廿四:ダメだ、なりふり構っていられない
06:04  ごん:「ああ、守る。俺が君を守るよ!」
06:04  廿四:必殺コンボ『廿四の華麗なる一撃』で幼女を……!
06:05 やんに:「きゃっ・・・・」カリスマガード
06:05  廿四:あ、GM できればここは負けロールをしたいのでお願いします
06:05 やんに:うい、了解
06:06 やんに:伏せた顔から覗く顔には笑みが浮かんでいる
06:07 やんに:それははたよんさんの視界からしか見えないね
06:07  ごん:あ、じゃあ、とりあえず演出的にカリスマガードでつばぜり合い! ガードコンボ:「幼女への純情な愛情」使用!
06:07  廿四:「なんだとぉっ!」ガードが崩せずに弾かれる
06:08  ごん:弾いたあと、笑っている幼女に気付かず、25さんと向かい合うよ!
06:08  廿四:「ごんさん、正気に戻るんだ! ほら、後ろ後ろ!」
06:09  ごん:後ろをむこう。
06:09  廿四:その瞬間にごんさんに思いっくそ襲い掛かってボコる
06:10  廿四:「ごめんね、ごんさんごめんね!」(マウントとって殴りながら)
06:10  ごん:(ビクンビクン
06:10  廿四:「よし、あとは幼女だけだ」
06:11 やんに:「・・・・・・たよりにならないわね」
06:11  廿四:「お前は……ごんさんに、なんて酷いことをしてくれたんだ!」
06:11 やんに:倒れこんだごんさんに一瞥をやると、
06:12 やんに:君に向かい合う、幼女
06:12 やんに:「酷い?」
06:12  廿四:「ごんさんは……ごんさんは真剣に幼女を愛していたんだ」
06:12 やんに:「おにいちゃんは利用するものなのよ?」
06:13  廿四:「その気持ちを利用するお前を俺は決して許さない!」
06:13 やんに:「そう、だから、だよ」そして、天使の微笑を浮かべる幼女
06:13  廿四:しかしその笑顔を涼しい顔で受け流す俺
06:13 やんに:「許さないなんて、馬鹿かしら?」
06:14 やんに:「お兄ちゃんは自分から望んでそうなっただけのことよ」
06:14 やんに:そこまでいうと、君の足元からつるがのび、足をとらえるよ
06:14  廿四:「な、これは……」
06:15 やんに:その中には君の友人のごんさんもいるよ
06:15  ごん:幼女の操り人形となって恍惚となっている俺。
06:15 やんに:彼は、つるの中に取り込まれ、幼女と一体化した!
06:15  廿四:「ごんさん、あんた、まだ……!」
06:16  ごん:けれど、24さんの目には俺の唇が動いたのが見える「すまなかった」
       きっと、24さんには好みおっぱいのサイズと柔らかさで喧嘩別れしたあの日のことだと分かる。
06:16 やんに:「ふふふ、あとで可愛がってあげるからね、おにいちゃん」
06:17  廿四:「くっ……そんな、まだあの日の事が俺を縛り付けるというのか……!?」
06:17  廿四:「ごんさん、ごんさーーん!」
06:17 やんに:幼女のつるの中に取り込まれた君にそっと手を伸ばし、ほおをなぜる幼女
06:17  廿四:えー、お時間が来ましたのでまたコノ話は次回ということで