BACK[←Back]   [No.1104]   [Next→]Last Update:04/08(日) 23:10
坂上 澪

コードネーム言霊使い"コードアルター"
プレイヤーネーム秋風
シンドローム1サラマンダー
シンドローム2キュマイラ
シンドローム3オルクス
年齢/誕生日/星座21歳/11月28日/いて座
性別
身長/体重154cm/
血液型AB型
ワークス/カヴァーUGN支部長B/(自称)魔法使い
消費経験値特殊
能力値5/1/1/2
HP最大値31
行動値3
常備化/財産ポイント8/2
出自名家の生まれ
経験裏切られた
邂逅同行者
覚醒/侵食率探求/14
衝動/侵食率妄想/14
侵食率基本値28
所属勢力UGN
ブリードトライブリード
キャラクタータイプRC


 ▼Comment
※下駄経験点:50点+2点(イージエフェクト用)

【氏名】
 坂上 澪(さかがみ みお)

【コードネーム】
 言霊使い"コードアルター"

■ライフパス
【ワークス/カヴァー】
 UGN支部長B / (自称)魔法使い

【出自】
 名家の生まれ
【経験】
 裏切られた
【邂逅】
 同行者

【 HP 】 31
【 行動値 】 3
【戦闘移動】 8m
【侵蝕基本値】31%
【常備化/財産P】8/2

●能力値・技能
【肉体】5
 <回避>1
【感覚】1
 <射撃>1
 <知覚>1
【精神】1
 < RC >6
 <知識:魔術>1
【社会】2
 <調達>2
 <情報:UGN>1

●エフェクト
 ・汎用
  《ワーディング Lv1/1》
  《リザレクト Lv1/3》
  《リフレックス:サラマンダー Lv2/3》

 ・サラマンダー
  《炎神の怒り Lv2/2》

 ・キュマイラ
  《完全獣化 Lv1/2》
  《魔獣の本能 Lv1/1》

 ・オルクス
  《雨粒の矢 Lv1/4》
  《塞がれた世界 Lv2/2》
  《妖精の手 Lv1/4》
  《運命の切り替え Lv1/2》
  《現実改変 Lv1/1》

 ・イージーエフェクト
  《熱感知知覚》
  《仕組まれた幸運》
  《地獄耳》
  《猫の道》
  《不可視の領域》
  《無面目 Lv1》


●アイテム
 ・一般
  思い出の一品(外見:魔導書)

 ・コネ
  UGN幹部
  手配師
  情報収集チーム

 ・エンブレムデータ
  リーダーズマーク(社会)


●ロイス
 【Dロイス】
   "深淵の切り札"
 【同じ理想、違う願い】 >REC
  桐谷 雄吾 (●信頼/隔意)
 【同じ願い、崩れた日常】
  裏切った親友 (友情/●憎悪)


■コンボ

 ・メジャー
 『広域魔術』 侵蝕:5 
  《魔獣の本能 Lv1》《雨粒の矢 Lv1》
  (100%〜)
  《魔獣の本能 Lv2》《雨粒の矢 Lv2》

 『真言魔術』 侵蝕:11 
  《魔獣の本能 Lv1》《炎神の怒り Lv2》《雨粒の矢 Lv1》《塞がれた世界 Lv2》
  (100%〜)
  《魔獣の本能 Lv2》《炎神の怒り Lv3》《雨粒の矢 Lv2》《塞がれた世界 Lv3》

 ・リアクション
 『CODE:被害を逸らす』 侵蝕:5 <回避>
  《リフレックス:サラマンダー Lv2》《炎神の怒り Lv2》
  (100%〜)
  《リフレックス:サラマンダー Lv3》《炎神の怒り Lv3》



■設定

「いらっしゃい。 このイカれた世界へようこそ、歓迎するよ?」

「私は魔法使い。 不可能を可能にする者よ。」

 自身を「魔法使い」と名乗る、琥珀色の瞳で赤茶色の髪を後ろで纏めた女性。
中学生時代、とある異常気象事件に巻き込まれた事とアンチワーディングファクター(以下AWF)体質であったことを切っ掛けにUGNへ加入。
以降は日本支部で何度も作戦に身を投じている。

 彼女は非オーヴァードでありならも、現在は支部長として活動している。
過去に多数の作戦に関わった都合上、それなりの数のUGNエージェントと面識がある。
 特に"シルクスパイダー"と"ファルコンブレード"とは作戦を共にすることも多かった為、現在でも交流があるようだ。

 彼女の支部は表向きには葬儀屋。 先代支部長から引き継いだらこうなっていたらしい。
支部長としての仕事への態度はサボり魔。 目を離すと自室に引き籠って出てこないとか…
 しかし、面倒見の良さや緊急時の対処の速さから部下からの信頼を得ているようだ。


―――以降の情報は公開された情報ではありません――――

「私は『魔法使い』。不可能ならば可能になるよう、理(ルール)を変えるまで——!」

「魔術というのは、過去の先達者が培った技術の結晶。 原理不明のブラックボックスだけど、問題なく使えるなら何の問題もないわ。」

 彼女は所謂、魔術師の家系の生まれである。
(ここで言う「魔術」とは一つのRC技術であり、現代では殆ど失われた"遺産"とも呼ばれるモノ。) #魔術と遺産の関係はIC P92より。

 ――事件が起こるまでは、ただ安穏に過ごしているだけだったのだ。
身近にいた1人のRBと、もう一人の友人と平和に過ごしていただけだった。
 結果的に、RBの能力の暴走により街周辺一帯が異常気象に見舞われ、少女は日常を失い、少女の親友はRBを殺害し逃走。(恐らくはFHに加入したと思われる。)
 この事件の際、少女がオーヴァードへ覚醒した事を知る者は極一部の者のみであった。

 事件の後は「非オーヴァードとして」UGNに配属。 
 また、彼女はオーヴァードでありながら(入念に調べない限り)オーヴァードであることを隠匿できる能力があった。
これを利用して、一般人に紛れての情報収集やいざという時の伏兵として作戦に参加していた。 その性質上、彼女と行動を共にしたことのある者でもオーヴァードであることを知らない者は多い。

 能力はサラマンダー/キュマイラ/オルクスのトライブリード。
熱エネルギー及び領域の操作を得意とし、RCの扱いに適応した肉体へ変化する能力を持つ。

[←Back]   [No.1104]   [Next→]
Pass:
Miniりすと v4.10