ここで、一度セッションが切れました。次までの間に皆"思う所"があったようでして、開始前に・・・。
幾島神楽:今日は先生に説教するために出るよ!もうリザレクトなんて諦めますよ!(笑)
臼川ゆうよ:同じくだよ!><
GM:何か物騒な会話が聞こえて二重の意味で胃が痛くなりそうですが、頑張ります。GMw
幾島神楽:どうせ回復も情報収集も買い物もしたいもの!意識のある十字先生を殴りにいくので覚悟ー!ww>GM
臼川ゆうよ:ゆっふっふ
御城小鳥:パナっぷとシアちゃんいるから、回復してもらえそうではあるがw
幾島神楽:(二人ともソラリスだから癒しの水はつかえるですよ!)
御城小鳥:癒しの神で回復無しとかパナどんだけ前倒れ?みたいなw
臼川ゆうよ:あ、アクアウィターエがあるから良いのじゃ><
御城小鳥:殺して復活かw
幾島神楽:いやーww
幾島神楽:妾の癒しは死後限定b とか

それは癒しの女神でなく、冥界の女神とかになってると思う。

御城小鳥:癒し系ではないんですね・・・パナw
臼川ゆうよ:ぜってーアドレナリン白兵だってあの人
GM:さーて、GMも紙から全ての情報をメモ帳に移したし、準備はオッケーっと。
臼川ゆうよ:ノックアウトしちゃった!
咲波八雲:ふるぼっKO!

・・・と、皆"十字さん"に思う所ありで殺意とか漲っております。
十字だもの。独りだもの、こいつ……って当時のGMは思っていました

GM:ミドルフェイズ08 マスターシーン
GM:他プレイヤー 登場可能
GM:というわけで、十字をフルボッコすると思うのでシーンプレイヤー抜きで行きましょうか。
御城小鳥:私、合流出来てOKです?
GM:うん、全員登場可能。
GM:登場したい人は侵蝕率上げて出てねー。 では描写を行っていくよ。

御城小鳥:1d10+68 (コロコロ→2→ 70)
幾島神楽:1d10+88 侵食値が高い?だが関係ないね! (コロコロ→4→ 86)
咲波八雲:78+1d10 (コロコロ→8→ 86)
臼川ゆうよ:1d10+84 これで10でたら十字センセのせいね (コロコロ→5→ 89)
雨宮司:1d10+73  (コロコロ→8→ 81)
GM:――パナケイアの業火(?)の後、十字は結構な負傷を抱えていたようで
GM:――M市にある、神城グループが経営している診療所に、一時的にお世話になる事になった。
GM:――M市の支部では色々と情報が漏れてしまう上にまずいことになる。また、八雲くんの両親の病院では話すことも話せない。
GM:――そういう配慮があってのことだろう。
幾島神楽:(ああ、ダイス目が1だったんだね・・・)
咲波八雲:ろくに休みもせず動いていたんだろうな
GM:というわけで、診療所の一室。ベッドに横になっている十字と、その近くで何かイライラしているパナケイア。そして困ったような笑顔を浮かべている神城早月がその一室に居ます。
御城小鳥:逃亡生活じゃ、気の休まる暇もないでしょね・・・
GM:まぁ、そういうことだね。そして、三者三様の沈黙状態。

御城小鳥:(私、電話を聞いて駆けつける演出で行くので、後からでますねw)
GM:(りょーかい)

この時、ちょっとした間があったことをここに突っ込んでおきます。
誰が最初に突っ込むのか、お互いが気を張って居たようで?w


水沢十字:「……」_
幾島神楽:だ、だれから出ます?ww
臼川ゆうよ:じゃあ自称空気の読める饅頭からいくぜ
臼川ゆうよ:「ゆっくりー、ゆっくりー。ゆんゆん。取り敢えずゆっくりせずに詳しい話を聞きたいんだけど〜?」
臼川ゆうよ:「そこの三人、誰でもいいから、どーしてこーなってるのか教えてほしいんだけどなー」_
水沢十字:「……」 何かを言おうと口を開くけど、何を言えばいいのか。そんな感じ。
神城早月:「……発端から、話せばいいのでしょうか?」_
御城小鳥:(電話だけ繋いで会話だけ聞いてます<小鳥)

臼川ゆうよ:「かいつまんでよろしく。あと、取り敢えず現状だと十字センセにとどめを刺しちゃいそうだから」
臼川ゆうよ:「弁明もきいてあげちゃいたいんだけどな〜?」
御城小鳥:(小鳥自身は走って移動中・・・そしてこけて涙目)
臼川ゆうよ:(小鳥ちゃんと繋がってる電話片手に)_
神城早月:「最初は単純な理由でした。リーサル・ドーズの事件に私たち神城グループが受け入れた子が行方不明になったのです。
神城早月: その原因を調査するために、関係者である十字さんを動かしたのです。もっとも、私は調査だけで終わらせるように言ったのですが……」
水沢十字:「……その原因を探している途中で、あの少女に出くわした。その途端に、何か思い出しそうになったんだよ。
水沢十字: クローンに関することと同時に、その少女……水華を探すことにした。その時は、まだ一人で大丈夫だと思っていた。調査だけだからな」_
御城小鳥:(言ってくれればいいのに・・・後方サポートならどれだけ忙しくても手伝うのに・・・)

臼川ゆうよ:「ゆーん。なるへそ。そのままだと十字センセはあと3回くらいリザレクトしてもらうハメになるね」
臼川ゆうよ:「ゆっくり言い訳聞いてあげるから続きをどうぞ」_
水沢十字:「……その途中で、この情報を手に入れた」  そう言って、PCに使えるUSBスティック(外部記憶装置)を差し出します。
臼川ゆうよ:機械に強そうな人にパス。小鳥ちゃんはまだ到達してないな・・・誰か受け取って><_
幾島神楽:猫はむりー。雨宮くんか八雲くんにパースw_
水沢十字:「事件に関することを調べていたら、俺に関することも色々と出た。その辺りから、俺が一人で調べる理由が変わったってところか。
水沢十字: 他人の荷物は背負っても、自分の荷物を背負わせるわけにはいかない。そんなところだ」_

また自己犠牲の神が舞い降りてきてたようですね十字さん。

雨宮司:じゃあ受け取ります
臼川ゆうよゆうよパンチ>十字センセ
幾島神楽:饅頭パンチきまった!?Σ
水沢十字:回避出来ずに直撃。 「ゲフッ。 ……遠慮が無いな」
臼川ゆうよ:「へーぇ、それでゆうよはプランナーに命を狙われてるんだ」
臼川ゆうよ:「たかがそれだけのことで。ふざけんな」
水沢十字:「プランナー? 何故プランナーが?」_
臼川ゆうよ:「しるか」

御城小鳥:「お、おまたせしました!?」(ズザザーとドリフトそして膝とか擦り傷がw
咲波八雲:「先輩!おでこにアザがっ」
御城小鳥:「ぁぅ・・・。ちょっと4回ほど転んじゃって・・・。」(エヘヘ
幾島神楽:「小鳥・・・;」_
雨宮司:「・・・派手な登場ですね先輩。これが十字さんの手に入れた情報だそうです」USBスティック差し出します_
御城小鳥:(珍しく、スーツじゃなくて私服・・・。エージェントだってばれないように変装もしてますw)
御城小鳥:(・・・・・・・・・・・・ぱっと見中学生w)
臼川ゆうよ:「こちとら大迷惑してんだよ。自分の力量くらいわきまえて他人に迷惑かけないように動けや」
臼川ゆうよ:「とまぁ、キャラが崩れちゃうようなことはそろそろおしまいにしてあげるけど」
御城小鳥:「(お〜、早くも始まってますね・・・。口火はゆうよちゃんからですか・・・。)」
御城小鳥:(メタなw)
水沢十字:「こうなるとは思わなかった。そのことに関しては謝る。すまなかった」 ベッドから起き上がり、ゆうよに頭を下げる。
神城早月:「彼女がいるとは思わなかったのが甘かったですね、十字さん」_
臼川ゆうよ:「(にや)やりゃできんじゃん。あとは他の人にまかせるよ」_
水沢十字:「おいおい、非を認めないような人間だと思ったのか?」 ちょっと困ったような、複雑な笑顔_

幾島神楽:(じゃあ、ちょっといいかな?)
幾島神楽:「今認めた非っていうのは何にゃふか?」
御城小鳥:(勘違い大王だもんな・・・十字さん・・・・)
咲波八雲:(これはまた手厳しいw)
御城小鳥:(しかも天然の・・・)

それがそげぶ力・・・。流石前GM。勘違いのまま認める可能性を潰しに掛かってます。PCを良く見てる証拠です。(持ち上げ
このとき、現GMは何度も衝動判定を受けてました。主に心に刺さっているトゲ故に。

幾島神楽:「っと、申し遅れたにゃふ。私は幾島神楽・・・小鳥の護衛にゃ」_
御城小鳥:「(護衛のところに被せて)お友達です^^」
水沢十字:「水沢十字だ。……非に関しては、迷惑をかけたことだな。そのせいで、色々と怪我や迷惑をかけたようだからな」
幾島神楽猫ぱんち>十字
御城小鳥:(これは自業自得だ・・・・)

幾島神楽:(右の頬を打たれたら左の頬を差し出しな!)
水沢十字:喰らいます。モロに。  「……ってぇな」_
咲波八雲:(にや)
幾島神楽:「・・・馬鹿野郎にゃ。こいつらにはもっちないくらいの馬鹿にゃふ、お前」
幾島神楽もったいない
幾島神楽:「迷惑かけてごめんなさい?小学生に謝らせてるわけじゃないのにゃよコッチは」
咲波八雲:(ねこがかんだ!(´ω‘))
GM:(噛んだね、締まらないね)
臼川ゆうよ:(おまえら・・・)
御城小鳥:(あはははww)

猫噛んじゃった♪猫噛んじゃった♪猫噛んじゃったら大☆爆☆笑♪
ここで突っ込んだのは俺悪くないと思うんだ。

幾島神楽:(うるちゃいうるちゃいうるちゃいw>締まらない)
御城小鳥:(あははw釘宮ボイスが聞こえたwwww)

幾島神楽:「そこは・・・仲間を頼らず一人で死にかけてすいません、にゃふ」
幾島神楽:「あそこでお前一人で死んでたら、こいつらがどれだけ傷つくかわかってるにゃふか」
幾島神楽:「仲間なら護るだけじゃなく、護らせろ。・・・私からは以上にゃ。」_
幾島神楽:すごすご壁際にもどるw

水沢十字:「……」 唇を強く、噛み締めて。 「……神楽、だったか? お前は、俺が記憶喪失の事は知ってるのか?」_
幾島神楽:「知らんにゃ。お前が誰かなんて興味ないにゃふもん。ただ、こいつらにとって大事だろうってことくらいは知ってる。だから怒った。そんだけにゃ」_
水沢十字:「なら、言わせろ。自分の過去が途轍もなくふざけたことで、その記憶を知った人間がどう動くか。
水沢十字: 頼れると思っているのか? 只でさえ、あの時(リーサル・ドーズ事件)に大きく口を出して、その結果で迷惑をかけた。
水沢十字: ましてや、クローンのことはともかく、プロジェクト・オネイロスに関しては自分が引き金の一端だ。その被害を、被らせるつもりは無い」_
臼川ゆうよ:「かぶってんだけど」_
水沢十字:「……悪い」_

容赦無いです。饅頭さま。ブレないクールさに痺れます。要冷蔵な饅頭だったんですね!
GMの侵蝕値:95%(衝動判定一回でも受けたら耐えられないレベル)

幾島神楽:「何も言わなきゃいいと思うにゃふか。頼らなければ巻き込まないと思うにゃふか?なら、それはとんだ勘違いにゃ」
幾島神楽:「世の中にはお前を守りたい奴や好きな奴がいて、そうゆう奴らを置いて一人で去ることは。巻き込むことより遥かに残酷だってことを、お前はちょっと、知るべきにゃん」_
咲波八雲:「頼るのも技術。十字さんにはそれが足りなかった。目的の為に最善の手段を講じるという事がどういう事か…小鳥センパイと一緒に戦ってそれを学べなかったのは、不覚だったな十字さん」_
水沢十字:「……」 考え込むように、顔が俯く。二人の言葉を、納得できないとでも言わんばかりに。

臼川ゆうよ:「結果から、過程が間違ってたって言う学習は出来なかったのかなー?」
臼川ゆうよ:「ばかなの?しぬの?頭からっぽなの?ご自慢のノイマン脳はおみそなの?」
パナケイア:「・・・そいつらの言うとおりだ」
臼川ゆうよ:(真打がきたからだまーる)_
咲波八雲:(ノイマンじゃなくて脳無いマンw)_

パナケイア=前GMで神楽さんPLのアリノさんで御送りしております。

パナケイア:「何故、一人でいくのだ。・・・うそつき。約束したじゃないか」
パナケイア:「傍にいるって。一人にしないって・・・お前は妾に言ってくれたじゃないか」
パナケイア:「馬鹿もの・・・っ!約束、守れよばかっ!妾がどれだけ、どれだけ怖かったか・・・うぅ・・・」_
咲波八雲:「そうだぞ!僕なんかいっつもシアと一緒なんだからな!」_

何?それは惚気ですか?コンチクショーw<小鳥は遠距離でロミジュリ状態です。しかも、相手役PLが八雲くんPLと言う複雑な感情でのツッコミです。悪しからず。
そしてGMは甘々空間に満足していました。GMの砂糖耐性は高めです。

水沢十字:「……パナケイア」
神城早月:「そうですよ、十字さん。日常にある絆は、お互いが持ちえるものですから。
神城早月: ……そういえば、この中に雨宮司という名前の方はいますか?」_
雨宮司:「あ、はい。僕が雨宮ですが」
神城早月:「貴女へ、神城グループ経由で注文していたものがあるので、この件のついでに私が届けに来ました。受け取ってください」
GM:そう言って、一つの包みを雨宮くんに差し出す神城嬢_
雨宮司:受け取って、中身確認_
GM:中身はサングラスだね。二つあって、ペアルックっぽく見える。
神城早月:「一週間前に、本庄というチルドレンが頼み込んできたのです。何か、形に残るものを送りたい、と」_
雨宮司:「・・・そうですか、本庄が・・・」何故サングラス、というのは言わないでおきましょう
雨宮司:(本庄……何処に居るんだよ……)_

海にでも旅行に行きたいとか言い出す所だったんじゃないでしょうか?とか裏で言ってました。
GM裏事情:このとき、時計とか万華鏡とか思い浮かんだけど、何か他と被りそうなので咄嗟に出たのがサングラスでした。えぇ、何も考えてませんでしたよw

幾島神楽:(本庄君・・・ほろり)
神城早月:少しだけ微笑んで 「この件が終わったら、綺麗な海での旅行をお勧めします。貴方達なら、設備を整えた場所をお約束します。
神城早月:……本庄というチルドレンは、まだ生きていますから」
水沢十字:「悪いが、俺はここでリタイアになる。調べられる情報は、そのUSBに入れておいた。
水沢十字: ……すまん」_
雨宮司:「・・・本庄が生きている……そうですね、あいつは簡単には死なないでしょう。
雨宮司: 何しろ一度ジャームになっても帰ってきたんですから。
雨宮司: ・・・居場所は、解りますか?」_
水沢十字:「…いや、」
水沢十字:「場所までは分からなかった。だが、USBに入れた情報を調べれば、行き着くことは出来るはずだ。
水沢十字: 何故なら」

GM:ここで無条件情報開示。
GM:◆:“アスガルド”、及びそのセルリーダーの動き
現在、アスガルドのリーダーはダブルクロスと共にM市にて活動をしている。
その内容とは、M市にいる『リーサル・ドーズ事件の関係者』を捕まえ、研究材料とすること。

現時点ではまだ人数が足りていないのか、研究を行っているわけではないようだ。
だが、もしも全員を捕まえた場合……。

御城小鳥:ヒュギエイナに連絡する!
咲波八雲:「誘拐犯はアスガルドか!」
水沢十字:「……今更こういうのも何だが、後を任せてもいいか? お前ら」_
御城小鳥:「最初からそう言って手伝って貰えば何も問題なかったですよね?」(ニコニコ
臼川ゆうよ:「言うこと聞くならいいよー」_
咲波八雲:「頼まれなくても行くさ」
雨宮司:「えぇ、勿論」_

御城小鳥:「(後、巻き込む巻き込まないも・・・私も前回は個人的な事で皆を巻き込んでますよ?)」(コッソリ
幾島神楽:「・・・面倒にゃふけど頼まれてやるにゃん!」_
水沢十字:「悪い、後を頼む。ゆうよ、俺が出来ることにしてくれよ。『言うこと』は……。
水沢十字: パナケイア、少し介護してくれ……妙に糸が張って、疲れた」
御城小鳥:(お〜♪)
臼川ゆうよ:「パナケイアから絶対離れるなって言いたかったんだけど、問題なさそうだね」_
パナケイア:「! ジュウジ」
パナケイア:「・・・ばかもの」困ったように優しく微笑みながら、一度だけ十字の髪の毛をなでる_
水沢十字:その様子を、ただ微笑んで受け入れる十字

GMの砂糖ロールの始まり始まり。まだ序の口だけど

神城早月:「……では、私たちは出ましょうか。調べることもありますから」_
御城小鳥:「了解です。」(ちょっと二人を見てて・・・ウイングさんを思い出してるセンチメンタル乙女
咲波八雲:「アスガルドの陰謀の内容がまだ不明だな」_
臼川ゆうよ:「ゆーん。ゆっくりしていってねー」ノシ_
幾島神楽:「・・・とりあえず殴ればいいのにゃー簡単なことにゃふ」ノシ_
雨宮司:一礼して退室_
GM:では、情報収集のお時間となります。あと、買い物もねw
幾島神楽:よしきたb
御城小鳥:(あの・・・ヒュギは元気でした?)
GM:ああ、ごめん。ヒュギに関しては元気にしてる。
GM:小鳥さんの連絡を受けたら、その通りに行動できるくらいは_
御城小鳥:よかった・・・GMがロール無理ってのもあるかもだけど・・・(ボソ
GM:(ごめんヒュギはつかめてないからロールががががが)
臼川ゆうよ:(取り敢えず極大消滅波ぶっぱなしておけばいいんじゃないかな)
幾島神楽:(反抗期と反骨精神の塊だにゃw)

神城早月:「雨宮さん、御城さん、幾島さん。今はUGN本部に戻らないほうがいいでしょう。
神城早月: 貴方達が妨害したということで、あの支部長は怒り心頭のようですから」
GM:ミス UGN本部→UGN支部_
幾島神楽:「おっと、そうだった」GM,例の残った3人回収できてます?
幾島神楽:エージェントの。
GM:回収? ……んじゃ、それについての描写も入れておこうか。
咲波八雲:「あれはFHの陰謀だといいはろうぜ」
御城小鳥:私、妨害した事になってるの?<あの場所に居ませんでしたがw
咲波八雲:「ここで我々が仲たがいしては、正に奴らの思うつぼ!…みたいなさ」
診療所の医者:「……けったいな死体じゃのう。まるで、証拠を残さないかのように砂となって消えるとは」
幾島神楽:砂!?
臼川ゆうよ:「すとーかー?」_
GM:そう呟きながら、神城嬢にエージェントの死体について話している医者。どうやら、回収して少しした後に、砂となったようだ。
GM:(そう、それもヒントの一つ。>妨害した事に〜)

幾島神楽:それはエフェクトの効果・・・?
幾島神楽:(私支部長には小鳥のこといってないってことは)
GM:<知覚>or<知識:UGN>or<知識:レネゲイド>or<情報:UGN>のうち一つでどうぞ。
GM:>エフェクトの効果?_
幾島神楽:知覚します
咲波八雲:「従者じゃないか?」
幾島神楽:5dx@10 (コロコロ→14→ 14)
幾島神楽:にゃふー_
GM:何らかの実験によって、砂になるように仕組まれている。ってところだよ。_
臼川ゆうよ:妖精は購入につぎ込んで良いんだね^^
臼川ゆうよ:ゆゆん。実験にゃ
幾島神楽:・・・にゅう。実験か。

咲波八雲:アスガルドの陰謀について調べたい
幾島神楽:あ、判別はしない?
GM:あ、それはまだ調べられない。強引に調べるならさっきと同じことを説明するよ>八雲くん
咲波八雲:追加情報あるかな? > 判別
GM:んで、USBチップに入っている情報の断片はこんな感じ
◆:爆発事故(詳細)
◆:黒沢水華
◆:秋原孝作
◆:“失われた弾丸”

GM:この四つを調べて、最後に一つ開く情報がある。
咲波八雲:まずは詳しく読もうか…
御城小鳥:断片を集めて形を為せって事か・・・
GM:というわけで、どれを調べたいか言ってねー。_
咲波八雲:(あ、手当キット使っときます)
咲波八雲:2d10 (コロコロ→10)

臼川ゆうよ:爆発事故の詳細調べる
咲波八雲:孝作について行ってみまーす
幾島神楽:じゃあすいかさんで。
GM:了解。ゆうよさんと神楽さんは<情報:UGN><情報:神城グループ>、八雲くんは<情報:神城グループ>だよー。
雨宮司:私は“失われた弾丸”でおねがいします
咲波八雲:6dx@10 (コロコロ→12→ 12)
GM:雨宮くんは<情報:UGN><情報:FH>で可能_
臼川ゆうよ:8dx+1@10 コネ:UGN幹部使用 (コロコロ→18→ 19)
御城小鳥:流石ですw
GM:ん、では一つずつ行こうか。
臼川ゆうよ:財産点一点入れるべきかな・・・
GM:◆:秋原孝作
神城グループ専属のオーヴァード。コードネームは“阻止する弾丸”
神城グループの軍事産業の上層部にいる人物のうちの一人、の息子。
彼は幼い頃から銃器を『殺すためのもの』ではなく、『何かを護るためのもの』と教わり、それを実行していた。

オーヴァードとなった経緯は不明。
幼い頃の神城早月、黒沢水華と知り合いであった。

現在は行方不明とされている。

幾島神楽:5dx+1@10 コネ使用 (コロコロ→7→ 8)
幾島神楽:にゃあああああああorz
幾島神楽:・・・・・・タイタスを・・・きる、か?
GM:ゆうよさんのはその値で十分だよ。
GM:◆:爆発事故(詳細)
過去に起きた爆発事故とは、プロジェクト・オネイロスの終焉を指す。
この計画に関して、日本のとある市にて研究所が建てられていたのだが
その研究所を破壊したのは二人。
片方は秋原孝作というオーヴァード、もう片方は黒沢水華というUGNチルドレンの動きであるとされている。

しかし、そのプロジェクト・オネイロスには黒沢水華の両親も関わっていたとされている。
そのため、推測ではあるが……黒沢水華はそのショックにより力を暴走させて失踪(ジャーム化に到ったかは不明)
その暴走に巻き込まれて、秋原孝作は記憶喪失となったと考えられる。

御城小鳥:妖精お願いしていいかな?<神楽ちゃんに
雨宮司:5dx+1@10 コネ:UGN幹部使用 (コロコロ→15→ 16)
臼川ゆうよ:おk、ちょと遅くなったけど神楽ちゃんに妖精の手
臼川ゆうよ:1dx+11@10 (コロコロ→4→ 15)) 幾島神楽:ゆうよちゃあああんっ!
臼川ゆうよ:ふっ。饅頭にかかれば些細なことよ・・・
GM:◆:“失われた弾丸”
最初に知った情報は工作員による隠蔽工作であった。本当の情報は

FHエージェントがつけた、とあるUGNエージェントに与えた隠喩。
FHに協力しているダブルクロス。

武器を作り出し、正確な狙いで相手に飛ばす。
無いところから攻撃の手段(弾丸)を作ることから、その名をつけられた。

そのオーヴァードは、バロール/モルフェウス/ノイマンを発症しているようだ。

GM:◆:黒沢水華
UGNチルドレン。
彼女がチルドレンとなったきっかけは、神城グループがレネゲイド研究を発展させたことに関係する。
彼女は神城グループのレネゲイド研究部門の重職にあたる人物の娘であり
レネゲイド研究を行うために、彼女は進んで参加したという。

しかし、研究を重ねるうちに強大な力を制御できなくなり
力を制御する術を得るために、UGNチルドレンとして配属される。

現在は消息不明とされている。

なお、神城グループに所属しているオーヴァード
“阻止する弾丸”というコードネームを持つ秋原孝作とは仲が良かったとされている。


幾島神楽:(・・・・・三雲あんにゃろう?^^)
GM:全員10以上だから全部開けられたぜw
GM:そして最後の情報。◆:プロジェクト・オネイロス(詳細)に関して調べることが可能になりました。
御城小鳥:はい、いきます・・・
御城小鳥:あの、ジェネシフトします3D
御城小鳥:3d10+70 (コロコロ→17→ 87)
臼川ゆうよ:Σ
臼川ゆうよ:本気だ・・・
御城小鳥:『生き字引』『天性のひらめき』 コネはUGNでいいのかな?
GM:一気に上げたね。<情報:UGN><情報:神城グループ><情報:FH>っす。
御城小鳥:9dx+1@7 (コロコロ→56→ 57)
幾島神楽:・・・・(笑)
GM:……なんだ、これ。工作員以外では防げる気がしないくらいの出目w
臼川ゆうよ:小鳥パワー極まれリ
御城小鳥:いい出目・・・
咲波八雲:途轍!
幾島神楽:さすがすぎます小鳥さん・・・とうとう闇のパワーがたまったのですね!

GM:では、開示。
GM:◆:プロジェクト・オネイロス(詳細)
内容は、プロジェクト・アダムカドモンを受けついたもの……ではなく
その研究を知って、『制御できる究極の(プライメイト)オーヴァード』を作り上げようとする計画。

その為に、研究対象に特殊な状況・力・環境(Dロイス)を詰め込んで
様々な実験や戦闘を行っていた。

かつてはUGNの一部とFHの一部、神城グループが協力して研究していた。
その際は身寄りの無い孤児や力の見込まれるUGNチルドレンを送り込んで、実験していたという。

しかし、研究施設は崩壊し、プロジェクトは終わった……はずだが
M市にて、その研究を続行させているものが居る。

FHエージェントを促して問題(リーサル・ドーズ事件)を発生させて、乗っ取りやすい支部を作り出し
一人の実験体を元にして、リーサル・ドーズ事件で行われたクローンや帰還者たちを研究して
《女神の救い》を行い、完全なオーヴァードを作り出す計画として動いているという。

その研究の責任者は、二つ。
FH側に、アスガルドのリーダー。
そして、UGN側には神宮寺 三雲というエージェントが潜んでいる。

御城小鳥:ほい、これは証拠としてあげれますね?
GM:うん、確実。これを提出すれば、一気に相手を壊滅できるだろうね。
御城小鳥:「神楽さん、霧谷さんに連絡を。M市へ検挙の部隊をお願いして。」
幾島神楽:「直接なぐってやってもいいけどにゃ。わかったにゃふ」_

周り四つの情報は難易度10。そして本元の難易度は(最初は)30。ここまであっさり紐解かれるとは予想外でした

幾島神楽:(しかし逃げられる気がするw)
臼川ゆうよ:(じゃあどうやって逃げ道を塞ごうか・・・)_
御城小鳥:「隼人さんに連絡を取ります。アスガルドを止める応援要請もついでに。」
御城小鳥:<常駐させてるでしょ。足止め部隊w
咲波八雲:「リーサルを仕組んだのも、こいつらか」
神城早月:「M市にて起きたことは、全て仕組まれていた……みたいですね」_
臼川ゆうよ:「リーサル・・・(ほろり」
咲波八雲:「派手にやり過ぎだな。潰してくれと言わんばかりだ。まあ、潰してやるさ…」_

御城小鳥:『インスピレーション』 神宮寺 三雲とアスガルドの裏をかいて一斉検挙する手を教えてw
咲波八雲:ちょwww
幾島神楽:小鳥様wwww
GM:残念、インスピするまでも無くそれは無理。
御城小鳥:そっか・・・
臼川ゆうよ:残念

GM:ヒントを上げよう。彼が持っているエフェクトを良く見れば……
幾島神楽:・・・ディメンション?
臼川ゆうよ:だーわな
幾島神楽:つまり三雲ぶっとばしてディメンションゲートあけさせろと?
臼川ゆうよ:ほう、その先が本拠地か
GM:違う。イージーエフェクトにはもう一つ便利なものがあるんだ。
臼川ゆうよ:イージー便利なのそろえやがって!!!
幾島神楽:ポケットディメンション?
臼川ゆうよ:壁抜け?
咲波八雲:何持ってるの?
GM:ヒントはここまで。では、支部にいくかい?(行くならシーン変更するよ。
御城小鳥:モルフェウス・ノイマン
臼川ゆうよ:あとバロール

幾島神楽:あ、購入!
臼川ゆうよ:おおし購入!!
GM:忘れているかと思ったw うい、買いたいものあるなら今のうちだぞーw
幾島神楽:応急手当キットとボディーアーマーほしい・・・
GM:(まぁ、当たりだよ。ポケットディメンションを使ってる>神楽さん)_
臼川ゆうよ:クリスタルシールドを。・・・・饅頭に、皆を守る力をくれえっ
咲波八雲:シューターズジャケット 13
咲波八雲:3dx+2@10 (コロコロ→17→ 19)
咲波八雲:げと!
臼川ゆうよ:おめでとーう
咲波八雲:さすが俺の財布!
臼川ゆうよ:財布があれば怖いものないね!
臼川ゆうよ:あれば!
幾島神楽:今日は忘れなかったんだねwww
御城小鳥:シアちゃんと一緒に小鳥が来たって事で・・・
シア:「あの、八雲くん。今日は忘れないでね?」
咲波八雲:「大丈夫。財布を忘れても君の事は忘れないから」_

・・・小鳥と一緒にシアが来たって事は、財布をシアちゃんが持ってきた事に。というか、嫁に財布握られてる八雲くんにツッコムべきか?
最初のでシアが所持アイテム意識になっていたので、ここで出してみたのですが……八雲くん、それでいいのか?

幾島神楽:優先は応急手当だにゃ。(やった)
幾島神楽:3dx+1@10 応急手当キット8 (コロコロ→3→ 4) 幾島神楽:・・・・にゃふ神さまがちからつきたのにゃ。
GM:神楽さん出目悪くなってない?w
幾島神楽:orz
GM:雨宮くん了解_
雨宮司:応急手当キット買います
雨宮司:3dx+3@10 (コロコロ→8→ 11)
臼川ゆうよ:6dx+6@10 目標は25.成長は、決めたんだ。(コロコロ→9→ 16)
臼川ゆうよ:うががああああ
御城小鳥:お
臼川ゆうよ:クリットしてねええええ
咲波八雲:吼えろ饅頭!
御城小鳥:あぁ・・;;
御城小鳥:じゃぁ、クリスタルシールド・・・
幾島神楽:十字先生に説教してからというもの・・・
御城小鳥:3dx+3@10 (コロコロ→8→ 11)
御城小鳥:ん・・・;;
幾島神楽:やはり上条さんには説教されるほうが出目よくなるのにゃ・・・

上条になったのは女神が原因だろー!(元々はデザイアの九鬼さんを目指してました)

臼川ゆうよ:妖精!自分に妖精を・・・運だが、それでも!
GM:買える人と買えない人の差が差が激しいな……
臼川ゆうよ:1dx+16@10 (コロコロ→9→ 16)
臼川ゆうよ:やったああああああああああ
幾島神楽:b
御城小鳥:おめw
臼川ゆうよ:やったあああああ賭けに勝った!
雨宮司:おめでとうw
GM:おめでとう。クリスタルシールドを手に入れた!
咲波八雲:吼えた!
臼川ゆうよ:装備!そうびするぅ!
幾島神楽:まんじゅうこわい!

GM:でもゆうよさん、妖精はあと何回?w
臼川ゆうよ:1回。でもねぇ
咲波八雲:薄皮が厚皮になった!
臼川ゆうよ:いま、侵蝕97なんだ^^
臼川ゆうよ:2回いける^^
幾島神楽:・・・クライマックスまで、デートしようか^^
幾島神楽:どこか遠い場所で・・・。

GM:ふ、生き延びればいいな。そこまでねw
GM:では他に何かしたいことはあるかー? 無ければ進めるぞー?_
臼川ゆうよ:情報も大体出揃ったしね^^
御城小鳥:私も93なんだけどねw
幾島神楽:OKです。
咲波八雲:おk
御城小鳥:はい
臼川ゆうよ:おkk
雨宮司:ok
GM:あと個人的なことをつっこむと……ゆうよさん、とあるアイテムを雨宮君に渡したっけ?
臼川ゆうよ:なんかあったっけ
GM:クレジットカードまで使ったアルティメイド服。
臼川ゆうよ:わたした!
GM:そうかw
雨宮司:渡されたっけ?
臼川ゆうよ:忘れたんだ、本当は。
臼川ゆうよ:だから今渡す。
咲波八雲:ww
GM:おいおいw

かなりの執念で購入したのに忘れてましたね。PLクリムさんが、絶対にコレだけはやりたい!って息巻いてた逸品です。

臼川ゆうよ:「よかったら、これ・・・///」(だっ
雨宮司:「え?何ですかこれ、メイド服?・・・あ、ちょっと!」
御城小鳥:〜〜〜〜〜〜しばらくお待ち下さい〜〜〜〜〜〜〜〜〜
雨宮司:葛藤しつつも着替え完了。そこには髪下ろして立派なメイドさんになった司が!w
御城小鳥:「はい、メイク完了です♪」(お化粧してあげてる
咲波八雲:キターo(゜∀゜)b

臼川ゆうよ:「財産6点ぶちこんで買ったかいがあった(じーん」
雨宮司:「・・・一応、男のふりしてたのに(うぅ・・・)」
御城小鳥:「うふふ、写真にとって掲示板のトップに使っていいですか?」
幾島神楽:いまどこかから「俺の女神いいいいい」て叫びが聞こえた気がしたにゃ。
臼川ゆうよ:「かわいいいいいかわいいいい(ごろごろごろごろ」
雨宮司:「断固!お断りします!」顔真っ赤ですよw

あぁ、司さんは可愛いなぁ。もう!と思わず言いたくなりませんか?w
GoodJob

GM:(少しの間ロールしてて。ちょっとデータ確認しなきゃいけない部分があった。
臼川ゆうよ:うぃー
臼川ゆうよ:「・・・・早く事件を解決するべきだね。本庄くんが危ないかもしれない」(きりっ
咲波八雲:噛むタイミングまで完璧 > 司嬢
御城小鳥:「司ちゃんのこの姿をチルドレンの皆に伝えたいですねぇ♪」
臼川ゆうよ:「事件が解決しても危ない、本庄くんの理性が」(きりっ
咲波八雲:「言われるまで誰だか分からんかもだw」
御城小鳥:「・・・匂いで解るらしいですよ。彼・・・。」
御城小鳥:「というわけで、香水も付けましょう。」
咲波八雲:「「ああああ メイドさんから司のにおいがー 」とかなるのかw」
神城早月:「こちらを使いますか?」 サッ、と香水を差し出す神城嬢
御城小鳥:(キュマイラだとしても・・・猫化よりも犬化だと思ってる・・・。)
御城小鳥:「皐月さん、ありがとうございます♪」
幾島神楽:本庄www

・・・本庄くんが段々ダメな人にされつつある。元からダメな人だと言う意見はアリノさんに送ってください。

御城小鳥:(皐月さんの従兄弟さんがこういうの大好きだから・・・やっぱり血なのかな?)
御城小鳥:(あ、姉かw)
咲波八雲:本庄「これはゆめかー 夢なら死んでも目覚めるものかぁぁぁー」
御城小鳥:別の意味で完全獣化?w
咲波八雲:かんぜんけだものかw

GM:もう少ししたらシーン始めるからねー。弄るなら今のうちだぜー。
臼川ゆうよ:ゆうよは満足している。
雨宮司:嗚呼、シリアスに不釣合いな格好に・・・w
咲波八雲:「いいぜ(?ー?)」
GM:大丈夫、このシナリオは元からシリアスじゃない!w

雨宮司:「とりあえず、今の僕は司ではなく通りすがりのチルドレンですのでよろしく」
咲波八雲:「名前はどうする?司のままでいいのか?」_
御城小鳥:「わかりました。司ちゃん♪」
臼川ゆうよ:「装甲値も高い、RCも+3される。ゆゆん、チルドレンの装備としては素晴らしいね」_
雨宮司:「・・・た、たまたま同姓同名だったということで・・・」
幾島神楽:かわいいww
臼川ゆうよ:「大丈夫、困ったら小鳥ちゃんが情報改竄してくれるよ!」
GM:とまぁ、そんな会話を行っていたところで支部に着く、とw
御城小鳥:「(むしろ堂々と情報開示しちゃいそうな魅力がありますよね♪)」
咲波八雲:むしろ開示w
幾島神楽:のんきなPTだw

GM:そのころ、十字は……
水沢十字:「……はぁ」 思いっきりため息を吐いていた。

水沢十字:「……パナケイア、俺は間違っていたのか分からん。でも、あいつらに迷惑をかけてしまったな」
パナケイア:「間違ってる間違ってない、などという問題ではないわ」
水沢十字:「……?」
パナケイア:「・・・みんなただ、お前を心配しているだけだ。ばかものめ」
パナケイア:「あと、約束は守ってもらうからな。・・・今度こそ、ずっと一緒にいてね」
水沢十字:「……どう、だろうな。今回のように、命を落とす可能性があるだろうから、何とも言いがたい」
パナケイア:「そこは嘘でもいいから、とりあえず頷いておくものだぞ。朴念仁め」
水沢十字:「……嘘はあまりつけないんだよ」
パナケイア:「・・・じゃあもういい」
パナケイア:「妾が勝手に傍におるから。嫌がっても無駄だぞ」
パナケイア:「侵食値500オーバー・・・なめるなよ?」(ドドドドドドド
水沢十字:「……あぁ、それなら問題ないな。勝手についてこい」 ニヤリと笑いながら、横になって眠り始めました。
パナケイア:「・・・まったく」
・・・裏でロールしてたのをこちらに転載しました。
ボスデータなどの見直しをしながらこういうこと……大好物です。

GM:ミドルフェイズ09 シーンプレイヤー、御城小鳥
GM:他プレイヤー 登場可能
御城小鳥:逃走ルートは隼人さん達に塞いで貰いますか・・・モルフェウス・ノイマン・・・そしてバロールの可能性を伝えておきます
御城小鳥:93+1d10 (コロコロ→10→ 103)
臼川ゆうよ:ことりちゃあああああああん
GM:うぉい!?w
幾島神楽:小鳥さああああああんn
御城小鳥:帰ってこれるかな・・・
咲波八雲:86+1d10 (コロコロ→4→ 90)
幾島神楽:1d10+92 (コロコロ→9→ 101)
幾島神楽:・・・・あははははは
臼川ゆうよ:97+1d10 でとく (コロコロ→3→ 100)
雨宮司:1d10+81 (コロコロ→6→ 87)

GM:雨宮くんのメイド服とか色々とありつつ、M市支部に到着したキミ達。だが、その支部の中は混乱していた。
GM:「M市支部長が唐突に行方をくらませた」という情報が、支部全体に流れていたからだ。
臼川ゆうよ:ピタリ賞。妖精とか回数回復
幾島神楽:何があったんだろう・・・

咲波八雲:職員「あのメイドさん!司らしいぜ!」
咲波八雲:職員2「まじかよ!」
臼川ゆうよ:いきなりばれてんぞwww
御城小鳥:騒然の意味が違うw
幾島神楽:司ちゃんファンが増えるww
GM:職員仕事しろw
GM:……まぁ、一部はメイドに驚きつつ。

そ れ で い い の か U G N !
そうさせたのは何 処 の 誰 だ !?と突っ込みたい

咲波八雲:メイドさんの話題で仕事どころじゃない >支部混乱
雨宮司:邪毒くらわせますよ・・・?w
臼川ゆうよ:あかん、それは怖い。まじめにやろう。
咲波八雲:職員3「むしろ御褒美〜」
臼川ゆうよ:もうリザレクトはでけへんのだ
幾島神楽:<偏差把握>で支部長見つけられるですかー?_
GM:いや、そこまでする必要は無い。全員<知覚>判定を。_
臼川ゆうよ:さて、その情報が流れたって言うのはどういう意味なんだろ?
臼川ゆうよ:あ、こっちは《地獄耳》でフォローをば。_
咲波八雲:職員1「よし、司ちゃんを真支部長として崇めたてまつろうじゃないか」
臼川ゆうよ:5dx+1@10 あいあいよ〜 (コロコロ→9→ 10)
幾島神楽:6dx@10 (コロコロ→18→ 18)
臼川ゆうよ:流石
御城小鳥:1dx+1@10 (コロコロ→4→ 5)
雨宮司:8dx@10 (コロコロ→16→ 16)
咲波八雲:12dx@10 (コロコロ→25→ 25)
臼川ゆうよ:Σ
幾島神楽:さすが月光の八雲さんww

GM:本部からの人間が来たという情報が出たと同時期に、キミ達が知った情報の一部がM市支部に流れたっぽいんだ。
んで、ゆうよさん。それを行ったのならばちょいと【社会】で判定を>地獄耳

咲波八雲:「匂いはロックオン済みだぜ!(猟犬の鼻)」_
臼川ゆうよ:社会か。
臼川ゆうよ:7dx@10 (コロコロ→9→ 9)
DoubleCross : (7R10[10]) → 9[2,3,5,5,5,8,9] → 9

臼川ゆうよ:ダメだったら小鳥ちゃんがいるし^^
御城小鳥:私も地獄耳w
御城小鳥:3dx@10 (コロコロ→8→ 8)

臼川ゆうよ:ゆゆん・・・
GM:支部長室にて、《ポケットディメンション》&《時空の裂け目》の気配がある。>《知覚》結果
GM:M市支部へと情報を流したのは、どうやらゼノスの一員っぽいよ。>【社会】結果_
臼川ゆうよ:ゆゆゆん・・・
咲波八雲:「僕の鼻は誤魔化せないぜー」
臼川ゆうよ:「ゆーん。何がなんだかわからないよー」
幾島神楽:支部長のダブルクロスはM市支部全体にバレてるってこと?
GM:その通り。故に、支部全体が混乱中。
御城小鳥:人心安定には藤崎さんが居るし。外周警戒には隼人さんたちが居る
咲波八雲:「問題は侵入手段だな…」
御城小鳥:「UGNも一枚岩じゃないって事ですよ。」

GM:とりあえず、支部長室へと向かうかーい?_
幾島神楽:はーい
御城小鳥:テクスチャーチェンジと壁抜けの警戒もしとこうね・・・
御城小鳥:ポケットディメイジョンをおとりに逃げる可能性もある
咲波八雲:「ああ、驚く準備ならOKさ」
GM:では支部長室。八雲くんが《猟犬の匂い》を持っているならば、支部長室のとある空間から匂いを感じ取ることが出来るよ。
GM:その部分を良く目を凝らせば、人が入れるようなスキマがあることも気づける_
幾島神楽:はいったらクライマックスですか?_
咲波八雲:視覚強化《ez真昼の星》もあるぜ〜
臼川ゆうよ:スキマに支部長用机でも投げ込んでみようか?_
GM:いや、すぐじゃないよ。中も覗ける。
咲波八雲:むしろ、机の引き出しにディメンジョンが!
GM:覗くと、明らかにその空間には不似合いな、研究所っぽいものも見える。(《キングダム》効果)_
幾島神楽:キングダム・・・だとw

咲波八雲:「うし、行くか」
臼川ゆうよ:脱出口の確保がいるか?
幾島神楽:今回は殺戮じゃなければ・・・大丈夫かと
咲波八雲:「先輩は心配性だなぁw」
御城小鳥:藤崎さんの部隊から隼人さん借りてくるかな?w
幾島神楽:「罠でも、いくしかない。外の事は隼人たちに任せよう」
咲波八雲:←フィーリングのみで動く男
幾島神楽:「・・・にゃふ。」
臼川ゆうよ:「ゆっゆっ」
幾島神楽:ナチュラルに語尾を忘れ始めている。いかんいかん
御城小鳥:中へ地獄耳届く?
GM:届かない。それは無理_
御城小鳥:「行きましょう。こちらの状況は伝えておきます。後詰部隊を20分で編成してもらいますから。」
咲波八雲:ez兎の耳もあるよー センサー系エフェクト全部使いつつ行くよー
幾島神楽:こっちは偏差把握しながらいくよー
GM:りょーかい。ほかに何かしながらっていうひとが居たら言ってねー?
臼川ゆうよ:猫の道で中と外繋がるかなー
GM:それは不可。《時空の裂け目》効果で出入りする物、人を区別できるから>ゆうよさん_

咲波八雲:あと、天使の外套で覆面モードに変身しておこう_
GM:覆面了解>八雲くん_
御城小鳥:地獄耳くらいかな・・・後、外との空間に物をはさめておく
雨宮司:使えるものは無いなぁ・・・。警戒だけしてついていきます_
臼川ゆうよ:そうかぁ。
咲波八雲:「先輩はほんと心配性だなぁw」
GM:挟もうとしてもペッて吐き出されるよw>小鳥さん

幾島神楽:GM,そういえば途中で成長ってでいますっけ?_
御城小鳥:「出来ませんね・・・。」

いえ、違うんです。閉まりそうな扉に楔を打ち込んで閉まらないようにするのがファンタジーなRRPGだとお約束なので、それが出来ないってだけでして・・・。タイミング良すぎてビックリしましたよ。

咲波八雲:ww
GM:うん、可能にしてあるよー>神楽さん_
御城小鳥:<いや、意味が違うからね?ww
幾島神楽:ありがとうございます
幾島神楽:ww
御城小鳥:たまたまタイミングが良かっただけだから><
咲波八雲:即答!
臼川ゆうよ:w

臼川ゆうよ:じゃあ猫の道駆使して強引に部屋に車を持ち込み、それで乗り込む。
御城小鳥:)呆気
GM:あぁ、それなら……って言いたいけど、それでいいの?w 貫くなら認めるけど。
臼川ゆうよ:「スィー2号はゆうよの手足の一部だから・・・」
臼川ゆうよ:貫くよ!ええ、貫くよ!
GM:了解。では……入っていくと、中には無機質な金属の壁で出来た通路が先へと伸びている。
御城小鳥:「・・・ゆうよちゃん。後日ゼノスに請求書出すからよろしくね?」
GM:広さは、ゆうよさんの車が通れるくらいの広さ。
御城小鳥:多分、壁とか壊すんじゃないかな・・・<支部長室まで貫き通すw
臼川ゆうよ:「金銭面は全部プランナーがやってくれるって言ってた!」
幾島神楽:「ほほう、太っ腹にゃふね!」ww
GM:音やベクトル(動きなどの)気配は一切しない。全くの『無』。
臼川ゆうよ:テレキネシスもあるし、窓一枚破壊程度でいけると思うんだ>車
御城小鳥:「それはそれは・・・。(あれやこれやを考えておく」
GM:それが、通路の先へと続いている。匂いは、通路の先から感じるんだけどね_
咲波八雲:警戒しつつ先を急ぐ…
幾島神楽:同じく。一番前を歩きますよ。
御城小鳥:携帯とかPCは繋がるのね?
臼川ゆうよ:否応なしに最後尾
GM:繋がるよ。《電波障害》とかは発生していない>小鳥さん

御城小鳥:現状をリアルタイム通信で送っておくね。<外の部隊と霧谷さんとこに
咲波八雲:「現場より、実況は御城小鳥がお伝えいたしますっ」
臼川ゆうよ:(ぷっぷー
GM:了解。歩いていると……扉がある。人が一人くらいしか通れなさそうな扉。
御城小鳥:「実況をする暇はなさそうですけどね。仮面の方w」
GM:間違っても、車は何らかのエフェクトを使わないと通れないような扉がそこにあるw_
臼川ゆうよ:えー(ぶーぶー
咲波八雲:「よし、じゃあ僕が、月光刃で車をバラバラにすれば通れるね!」
臼川ゆうよ:オルピュアは難儀よのう・・・
幾島神楽:私がポケットディメンションでも覚えようか
臼川ゆうよ:「やくもくん組み立てられるの?」
御城小鳥:ディメイジョンゲートでそこからそこへ通せば?w
幾島神楽:侵食値あがるねんww
御城小鳥:そだねw
咲波八雲:「組み立てる暇はないな!」

幾島神楽:司ちゃんなにかイージー持ってますっけ?
GM:車を降りて行くという選択肢は無いのね……
雨宮司:《声なき声》だけですね・・・
幾島神楽:にゃーん。GM、二点消費してポケットディメンション取得します。
臼川ゆうよ:Σえ、まじで
咲波八雲:「そんじゃー 壁をぶち破るか」
幾島神楽:そんでゆうよちゃんの車収納するよ。
GM:いいのかい? 認めるけど……
臼川ゆうよ:む、無理せんでいいのよ?
幾島神楽:通ったらまた出せばいもの。
幾島神楽:まあいいからいいからw
臼川ゆうよ:じゃ、じゃあ><
GM:了解。ではポケットディメンションによって車を収納と。
幾島神楽:うい。「一時収納にゃふー」
咲波八雲:どらえもんにゃふ
臼川ゆうよ:「すごーい(きらきら」
御城小鳥:(猫がポケットディメイジョン・・・・たしかにw)
雨宮司:www
幾島神楽:ちょwww

・・・版権とかに引っかかりませんよね?<サイト運営側

幾島神楽:キャラシかきかえ完了!
GM:さて、では扉を開ける?   (「何に入れるの?」と聞きたかったけど意地悪だから止めた)_
咲波八雲:ふっしぎーなぽっけーでかなえてくーれーるー♪_
幾島神楽:え?巫女服の・・・袖かな?
臼川ゆうよ:最後尾で自慢げにクリスタルシールドがしょんがしょんしながら様子見てる_
幾島神楽:うにょーんっと。
御城小鳥:色々入ってそうだw

GM:進めるぞー。 キミ達が扉を開けると……そこには、たくさんの砂が落ちていた。
GM:真っ白な砂、赤色の砂、黄色の砂、真っ黒な砂。色々な色の『砂』。
GM:扉を開けた先の部屋には、砂が広がっている。そして、いくつか義手や義足が地面に突き刺さっている。
GM:義手や義足は、ブラックドックの機械化兵のだ。黄色の砂の上にしか落ちていない。_
咲波八雲:「…まさか…(センサーフルドライブ!)」_
臼川ゆうよ:「なんじゃこりゃー」_
幾島神楽:「・・・砂といえばモルフェウス、にゃふが・・・これは・・・」_
御城小鳥:「・・・・・・・・・・・・・・・・」
雨宮司:「・・・見ていて気分のいいものではありませんね」_
幾島神楽:とりあえず<偏差把握>します。
GM:前回のシーンで、『回収したエージェントが砂になった』と説明した。つまり、これらは研究の果てなのだろう。
幾島神楽:(これが研究ね・・・)

GM:砂が動いた様子とか、そういうのは無いよー>偏差把握
GM:そして、その部屋の反対側に、また扉。だけど、その先を空ければ何かが待っている。
幾島神楽:クライマックスか。
咲波八雲:「(プライメイトの錬成でもするつもりか…?)」_
GM:そう感じさせる気が、扉から溢れていた  (神楽さん正解w
幾島神楽:購入はもうできないかな?
GM:ごめん、入った時点で不可なのさ。
GM:《時空の裂け目》が、キミ達以外を出入りしないようにしている。故に、買い物も取りにいけない、と_
幾島神楽:漁ったら・・・そのへん漁ったら応急手当キットくらいはないかなあ!?(涙)←切実w

雨宮司:ではさっき一個買えた応急キット、使いたい人
GM:めっちゃ切実だな……w
幾島神楽:Σ司ちゃんが女神にみえる!
臼川ゆうよ:もとから女神さ!

本庄くんにとってはまさにそうなのかもしれませんね。

幾島神楽:でも八雲くんもHP減ってるよね・・・
GM:とりあえず、扉を開けたらクライマックスシーンへと行くので、何かアイテムとか、回復とか、ロイスとか、ロールとかやりたいことがあればどうぞ。
臼川ゆうよ:饅頭もHP減ってるの忘れてたけどいいや
幾島神楽:も、もらえるなら欲しいです。キット。
咲波八雲:「僕の事は気にしなくていいよ。死ぬ気はない」
臼川ゆうよ:あ、ロイス取る〜
雨宮司:では神楽さんに差し上げます っ応急キット
幾島神楽:ありがとー司ちゃん!
幾島神楽:2d10+8 回復ー! (コロコロ→2→ 10)
幾島神楽:・・・・え?
GM:え?

十面体ダイスで2が出る確率は100分の1。いやはや・・・。この後、神楽さんの中の人はかなり凹んでおりました。
彼女には笑いの神が降りていたに違いない

臼川ゆうよ:Σ
御城小鳥:時がとまった・・・
幾島神楽:・・・・・なにかのみまちがいかな。
御城小鳥:えっと・・・水色の少女を黒沢水華になおしていいかな?
咲波八雲:「ここはすでに奴の領域内。何が起きても不思議じゃないぜ…」
GM:ん、オッケー>直す
御城小鳥:親近感/隔意・・・そいえばロイス内容まだ言ってないよね?w

幾島神楽:「・・・・ゆるさぬ・・・・三雲あんにゃろうぶっつぶす!」怒りメラメラ
臼川ゆうよ:「ゆうよの領域で上書きできないもんかねー」
GM:多分w
臼川ゆうよ:小鳥ちゃんに○感服/脅威 雨宮くんに○感服/嫉妬
咲波八雲:ロイス取る オネイロス ○憤懣/好奇心
御城小鳥:神楽ちゃんにロイス○P友情/悔悟で
幾島神楽:三雲あんにゃろうにロイス ●殺す/確実にな
雨宮司:三雲にロイス 執着/○敵愾心 で
咲波八雲:息の根を☆止める!
御城小鳥:オネイロスに、同情○任意:繰り返させない。で・・・・
臼川ゆうよ:S指定はありだっけ
GM:ん? いいけど……
臼川ゆうよ:じゃ、神楽ちゃんをSに。生き急ぐな新しい仲間よ
幾島神楽:Σ
幾島神楽:ゆうよちゃん・・・!

そういう台詞が似合うクールキャラになってますね。要冷蔵饅頭様。温まった時とのギャップも楽しいです。

GM:Sロイスありになった場合、ボスがより強くなるよ。それでもいいなら_
GM:……って思ったら、八雲くんはすでにシアにS指定してるなw 今見たらw_
咲波八雲:当然!
御城小鳥:小鳥だと・・・オネイロスを止める事が第一だから・・・オネイロスをSかな?しかし、エンディングへの仕込みを考えると・・・ウイングさんを・・・

裏で、ウイングさんへのロイスをSにしてエンディングで結婚式だ!と言う意見もありましたが・・・。お互い仕事優先なカップルですから><
周りが色々と持てはやすPCカップルは多いですね。それが当人達の意志に繋がるならいいのだけどw

幾島神楽:S・・・Sかぁ・・・・・みんなSロイスにしたいww
臼川ゆうよ:じゃ、心置きなくSにするね。
GM:とりあえず、決まったらシーン閉じるからねー? いいかーい?_
御城小鳥:オネイロスをSに指定。切るのも考えとこう
幾島神楽:んー・・・小鳥ちゃんかなぁ・・・小鳥ちゃんをSロイスにします。
GM:二人了解。雨宮くんはS指定はどうする?_
御城小鳥:ありがとう。神楽ちゃん^^
雨宮司:本庄をS指定します
幾島神楽:OKです・・・
GM:了解。>本庄をS指定

幾島神楽:(切るかもしれないよーごめんね!>小鳥ちゃん)
御城小鳥:(戦況次第でOKですよん。)

無意味にいきなりぶったぎられたら、流石に悲しいです。

GM:では、シーン閉じるぜー?_
幾島神楽:あーい。
咲波八雲:OK
御城小鳥:はい
GM:ミドルフェイズ――End


GM:クライマックスフェイズ 全員登場
咲波八雲:90+1d10 (コロコロ→6→ 96)
幾島神楽:1d10+101 (コロコロ→4→ 105)
臼川ゆうよ:100+1d10 (コロコロ→6→ 106)
雨宮司:87+1d10 (コロコロ→8→ 95)
御城小鳥:103+1d10 (コロコロ→10→ 113)
咲波八雲:リザレクトむりぽ
御城小鳥:ギャーッス;;
臼川ゆうよ:小鳥ちゃーん!?
GM:……おい、本当帰ってこいよ?w
幾島神楽:小鳥ちゃーん!
咲波八雲:小鳥がギャオスにw

幾島神楽:今回は全員リザレクト諦めたほうがいいにゃー
幾島神楽:さ、三倍!三倍!
咲波八雲:さあ、いろいろと盛り上がってきたわけですが!
GM:経験点捨てる覚悟で来いw

GM:―――扉を開けると、そこに待っていたのは神宮寺八雲と、フードを被った女性の姿。
GM:―――その女性の前には、キミ達が見かけた水色の少女。
GM:―――そして、はるか後方に、ガラス一枚で隔てた先に、攫われた人達が。
臼川ゆうよ:八雲・・・・?
GM:みす、三雲w

いや、主人公が黒・白に分かれてラストバトルするのかと思いました。え?なんで修正しないかって?G M い じ め の 一 環 で す ♪ BY小鳥
ギギギギギギギギコノヤロウ……

咲波八雲:いやん
臼川ゆうよ:(ふ、複線かなんかだと思っちゃったごめん!
幾島神楽:ww

神宮寺三雲:「……あ〜あ、お前らやっぱり来てしまったか。ま、それも当然かね?」
GM:追い詰められたというのに、そんなことを気にかけてないかのように振舞う神宮寺。_
咲波八雲:「あんだけ派手に動いておいて、小鳥先輩がほおっておくと思ったのか?」
御城小鳥:「自覚のある悪人ほど始末の悪い人も無いですね。始末する側の身になって下さいよ?」(ニッコリ迫力
臼川ゆうよ:「はた迷惑!」
神宮寺三雲:「過去の遺物の結果の振る舞いなんぞ別に大した意味はないがな。それに、悪と決め付けるお前らの方がよっぽど悪人だがな」
GM:それと、伝え忘れてた。後ろの攫われた人たちの中には本庄もいるよ。_
臼川ゆうよ:ほんじょー!
咲波八雲:ほんじょー!
幾島神楽:ほんじょー!
雨宮司:本庄人気ですねwあ、意識はある?

GM:本庄はキミ達の様子を見つけると、こちらへと走っていくが、ガラスによって全てが阻害されてる。
咲波八雲:(時ならぬほんじょーコールがわきおこっておりますw)
御城小鳥:メイドふりふり司ちゃんを見てびっくりしてるかも?w
臼川ゆうよ:あかん、ほんじょーが暴走するwwww
咲波八雲:司がピンチになったら助けに来てくれるよ!
神宮寺三雲:「おーおー、頑張るねぇ。一番厄介だからあの空間に《フォールダウン》を仕向けた甲斐があるもんだ」_
GM:ちなみにメイド服司くんには 気 づ い て な い_

雨宮司:とりあえず一度本庄に視線向けて、努めて冷静にしてます
幾島神楽:「みっくみく、申し開きはあるかにゃ?1分くらいなら弁明は聞いてやるにゃふ」_
神宮寺三雲:「んなもんねーよ。むしろ、お前達の方が何か言いたいことはないのか?
臼川ゆうよ:「自己陶酔乙!とっとと死ねー。ゆうよ帰る」
神宮寺三雲: 人生投げ捨てた馬鹿に、実験体に、共食いに、操り人形に、復讐者がやってくるってのも滑稽だがな」_
幾島神楽:「全部外れにゃふね?お前、目ついてるにゃ?」
臼川ゆうよ:「イコールで結んでもらわないと分からない!コイツもばかなの?」
神宮寺三雲:「さてな。外れてると思うならばそう思えばいいが……帰しはしねーぞ」
GM:パチン、と手を鳴らすと、後ろの方でなにやら音がする。

御城小鳥:「操り人形は貴方でしょうに・・・。欲望に踊らされてる哀れなマリオネット。滑稽ね。」
神宮寺三雲:「この場所は俺が作った場所だ。あいつらを助けたいなんて思うならば、もう関わってくるな」_
咲波八雲:「僕は僕の日常を守りたい。
咲波八雲:そんでもって、あんたがその邪魔になる。
咲波八雲:だからここであんたの人生は終わりにさせてもらう。
咲波八雲:力ずくでね。
咲波八雲:言いたい事はこれだけだ。」
咲波八雲:月光の刃を作り出して構える。_

臼川ゆうよ:「この人言ってることとやってること違うくない?ゆうよ混乱しちゃう」
神宮寺三雲:「やってみろ。たかがRBのために普通の人生投げ捨てた馬鹿が」>咲波くん
臼川ゆうよ:「とりあえず、そのアタマおかしな連中以外全員生還してとっとと帰るよー」_
雨宮司:「この世は勝者が正義。つまり此処で負けるあなたは悪だ。理解したか?」
神宮寺三雲:「欲望は人の根源。てめぇらが平穏のうのうと暮らしている間に、踏み潰されたものがどれだけいるか。
咲波八雲:「僕の事をバカというのは自由だが。あんたも俺とは同じ穴のムジナだぜ?」
神宮寺三雲: ……そこに正義もクソもねぇ。あのプロジェクトも、元々は欲望の元に生まれたものだぜ? 実験体」>小鳥さん
御城小鳥:「自分が地獄に居たからと言って、他人の幸福にいちゃもん付ける権利があるとでも?恨みや妬みは何も生み出しませんよ?」
神宮寺三雲:「はっ、同じ穴の狢とか、勝者が正義とか、んなこと言ってるから絶えるものがねぇ。
咲波八雲:「だから、暴力で事を解決に来たんじゃないか。簡単な話さ」
臼川ゆうよ:「多少の犠牲くらい許容範囲でしょー?生物やってんならさー」
神宮寺三雲: ……分かりやすくいくか。お前らを殺して、俺は欲望を続ける。そして、お前らは」
臼川ゆうよ:「本格的に話が通じない!一方的にも程がある!ダメだこりゃ!」
臼川ゆうよ:「黄色い救急車に乗ってさよならしてもらわないと。で、ゆうよ帰る」_

黄色い救急車:都市伝説の一種。身体の病気・怪我の時は白い救急車が来るが、頭がおかしい人には黄色い救急車が来て精神病棟へ連れてかれると言う話らしい。詳しくはぐぐって見てください。

御城小鳥:「貴方は殺してあげません。ちゃんと司法の裁きを受けて貰いますのでそのつもりで。」
神宮寺三雲:「帰れねーけどな。俺をやんなきゃ。 ……んじゃ、おっぱじめるか」_
御城小鳥:「私、貴方にならどれだけでも冷酷になれると思うわ。」
咲波八雲:「(そりゃあ…成り行き次第だなー)」 >法の裁き
幾島神楽:生きろー
臼川ゆうよ:「だから、何度も殺るって言ってるのに!ちゃんと人の話をきけー!どいつもこいつもー!」_
GM:さーてボス行くぞー。
臼川ゆうよ:こいやー
幾島神楽:よっしこいやー
臼川ゆうよ:かぐらちゃん、車かえしてー
咲波八雲:↑やるきまんまんw
幾島神楽:あ、はいはい
幾島神楽:うにょんと車お返しします。
臼川ゆうよ:返された〜。のりこむ〜
咲波八雲:from猫ポケット
幾島神楽:四次元にゃb
臼川ゆうよ:ありがとー!ぶるるんぶるるん

GM:今回は単純に[PC群]←10m→[敵’s]という配置です。
GM
ラストバトル  敵:神宮寺三雲 アスガルドリーダー 水色の少女

注意事項
・水色の少女は《Eロイス:不滅の妄執》を所持している。
・神宮寺三雲は『まだジャームではない』

勝利条件
・全員を戦闘不能にする

GM:質問があればここで受け付けます_
御城小鳥:水色の少女は・・・どういう存在なの?
臼川ゆうよ:あまりに話が通じないからジャームだと思ったよ!ゆゆん!ゆうよからは無いよ!
GM:プロジェクト・オネイロスの実験体ですよん。その質問の仕方ではこうしか回答できない>小鳥さん
咲波八雲:プレイヤーが忘れてる伏線があったりすると死ねるヨカン!
幾島神楽:Eロイスの解除条件はどうやって開示しますか?

GM:とある行動を行えば開示しましょう>解除条件
御城小鳥:インスピレーション
御城小鳥:お願いします^^
咲波八雲:たのむぜ!
GM:……………
GM:……了解。

幾島神楽:魔王さまー!
臼川ゆうよ:闇の扉が開かれたー!
雨宮司:魔王の名を持つだけあるw

持ってません。

GM:解放条件:アスガルドリーダーを戦闘不能にする。その条件を満たした時点で、水色の少女も戦闘不能になる。
幾島神楽:ほ ほ う ^^
GM:ほかに質問はー?
臼川ゆうよ:あ、完全放置でいいんですねー^^
咲波八雲:う ほ ほ ^^
GM:出来るならな?w
御城小鳥:アスガルドリーダーはジャーム?
GM:それはYES。
御城小鳥:fmfm
GM:んじゃ、始めていいか?
臼川ゆうよ:GM,成長したい!
GM:いいけど……40越えて無いよね?
臼川ゆうよ:今20しか使ってないの。
GM:了解。
臼川ゆうよ:で、残り20で隆起する大地Lv2取得
臼川ゆうよ:OKすか?
雨宮司:さっき三雲が手を鳴らしたときに後ろの方でなった音って何?
GM:おっけー>ゆうよさん
GM:ヒント:《キングダム》はどういう効果を生み出す?>司くん
GM:それじゃ、始めていいかなー?_

幾島神楽:肉眼で振りかえって確認できる?
咲波八雲:「…相手が誰であろうと僕が出来る事は一つだけだ」_
幾島神楽:あと、みくみくの戦闘不能は、リザレクトできなくしてHP0にするって定義でOK?
GM:失礼、後方ってのは神宮寺の後方って意味合いです。三雲の戦闘不能はHP0だね。
幾島神楽:了解です。
咲波八雲:薄皮饅頭が厚皮にー!
臼川ゆうよ:合計で・・・・いくつ止めれるんだこれで
GM:とりあえず戦闘準備完了したら手を挙げろ!
幾島神楽:ノ
GM:全員分確認次第、第一ラウンドに移行する!
雨宮司:あ、こっちも成長させてください
GM:うい、どんな成長?
雨宮司:10点使ってサイレンを2Lv上げます。
臼川ゆうよ:「おまえらー!死ぬなよ!ぜってー生き急ぐなよ!いいなー!?」 準備おk
GM:確認。 あと二人。
咲波八雲:「ゆうよちゃんに言われては断れないな!」
咲波八雲:「俺ははシアの所へ帰る!必ずだ!」
御城小鳥:ん、こっちはいいよ・・・
幾島神楽:みんなOKだよね?

神宮寺三雲:「……心底むかつくな。必ず帰る? その絆のせいで他の者が疎かになる今のこの世界が」
臼川ゆうよ:「疎かにして何が悪いの?」_
咲波八雲:「かってにむかついてろよ、どうせお前はここで死ぬ」
神宮寺三雲:「そうだな、どうせどっちかが死ぬんだろ? 死者に口無しってやつだ」_
GM:んじゃ、第一ラウンドいくぞー。

GM:了解。ではセットアップ行くか。
幾島神楽:セットアップで、《空間圧縮》でみくみく達とエンゲするお!
臼川ゆうよ:あい。
臼川ゆうよ:敵さんのダイス全部-3ね。あと敵さんのダメージ常に-30ね。
臼川ゆうよ:セットアップ!《支配の因子》《絶望の領域》! ゆ っ く り し ろ !!!
幾島神楽:さっきのことやるぜーみっくみくにコンバンハー!
幾島神楽:むしろアスガルドの人かに?
咲波八雲:せたっぷ 「光の銃」作成!
咲波八雲:かつる!
雨宮司:私はやること無し
GM:こっちは神宮寺が《ファンアウト》
GM:アスガルドリーダーと水色の少女、距離は同じでエンゲージ離れるぞー
幾島神楽:ファンアウトでどうやって動きます?
GM:[PC群]←10m→神宮寺、[アスガルドリーダー、水色の少女]   こんな感じ。

幾島神楽:うーん。アスガルドさんにエンゲすべきか?
幾島神楽:でもフルボッコっぽいな・・・みっくみくでいいか。
咲波八雲:水色少女かばいまくる悪寒!
幾島神楽:みっくみくの目と鼻の先に出現してやる。「はろー、お邪魔するにゃふー」_
GM:あと、アスガルドリーダーが《力場の形成》を行うよ。
GM:対象は水色の少女。_
幾島神楽:対象は?
GM:攻撃力+10.ゆうよさんの効果とあわせると-20かな。
GM:あとは小鳥さんどうするー?_
臼川ゆうよ:ほう・・・ゆうよのゆっくり空間の中で・・・ゆふふん
御城小鳥:セットアップは無いやw
咲波八雲:衝動判定はまだないのね?
GM:まだ。
GM:理由は後ほど。
幾島神楽:こえー・・・

GM:で、第一ラウンドなんだけど……<加速する刻>をアスガルドリーダーが使用。
臼川ゆうよ:早速来たねえ
GM:「運命の導き」
<『抗いがたき言葉』+『錯覚の香り』+『風の渡し手』+『コンセントレイト:ソラリス』>

幾島神楽:全開だな。
GM:全員を対象として攻撃。
GM:14dx+5@7 (コロコロ→46→ 51)
GM:といってもダメージは無いんだけどね。命中すればシーン中ずっとダイス-3個なだけ。
幾島神楽:11dx+1@10 ドッジー! (コロコロ→14→ 15)
咲波八雲:3dx@10-1 (コロコロ→9→ 8)
幾島神楽:ですよねっ
御城小鳥:1dx+1@10 (コロコロ→8→ 9)
臼川ゆうよ:4dx@10 ダイスふらねえけどな! 雨宮司:3dx+1@10 (コロコロ→8→ 9)
GM:小鳥さん、侵蝕率によるダイス増加もあるのでお気をつけて。
臼川ゆうよ:彼女は起源種じゃなかったか
GM:あら、そうだっけ?
御城小鳥:にゃw
咲波八雲:にゃふよ
幾島神楽:起源よりの魔王にゃ

だから、魔王じゃ・・ってか起源よりの魔王って何?
周りには色々といわれていました。魔王とか小鳥様とか畏怖の対象として。本人は否定していましたが。

御城小鳥:(Dロイス欄にそれを書くか<にゃふ巫女曰く「魔王の血筋」と・・・)
幾島神楽:(自分で魔王になっていってないですか?ww)

GM:ごめんよー。まぁ、全員にダイスー3個進呈。シーン中ずっとね。
臼川ゆうよ:ダイス振らないもん!もん!!
幾島神楽:ソラリスってマジうざいよね・・・はは・・・
GM:そして改めて行動。まず行動値23の神宮寺は待機。
幾島神楽:お、待機した。
GM:次は行動値19の八雲くん……も待機でいいのかい?_
咲波八雲:うむ。待機。
GM:了解。では次は……18のアスガルドリーダー。
咲波八雲:「抗い難いが、抗えないって程じゃない!」_
臼川ゆうよ:「抗う必要がなーい」_
GM:「邪魔者を動かす」 対象は神楽さん
<『絶対の恐怖』+『錯覚の香り』+『恐怖の一言』+『領域調整』+『狂乱の一声』+『コンセントレイト:ソラリス』>

幾島神楽:げげげっ!
GM:17dx+5@7 (コロコロ→44→ 49)
咲波八雲:ぞうお!
GM:憎悪よりも、気にすべき一点があるかもねw
幾島神楽:出されちゃうー
幾島神楽:8dx+1@10 (コロコロ→14→ 15)
幾島神楽:アスガルドさんちへ行くしかないわけにゃ。
GM:あ、ごめん。さっきのコンボにタブレット入ってなかったー
GM:5d10-15 一点でも通れば外へとはじき出す。 (コロコロ→19→ 4)

幾島神楽:4点??
GM:4点。
臼川ゆうよ:^^
幾島神楽:くやしいにゃー
GM:通るならば、憎悪:アスガルドリーダーに加えて10m。『PCたちのエンゲージに』飛ばす。
臼川ゆうよ:隆起する大地
臼川ゆうよ:-12.ダメージなし!
GM:ここで使うかw
臼川ゆうよ:前のめりに行けって言われた
GM:了解。ならばダメージ、憎悪、移動無し。
幾島神楽:あーでも命中で憎悪か。
臼川ゆうよ:にゅ。どうするの?
幾島神楽:でも、離脱できないからそっちいけないけど・・・どうなるんだっけ?
GM:移動不可なら自動的に消滅する。
幾島神楽:じゃあこのままってことか。
GM:そうだね。
幾島神楽:ありがとうゆうよちゃん。

GM:んじゃ次は……15で司くん。
GM:行動どうぞー
臼川ゆうよ:b
雨宮司:待機します_
GM:了解。こっちも待機か……。
幾島神楽:支援まちだねぃ
咲波八雲:期待の視線を送りつつ…

GM:あいあい。では……次は9の小鳥さんか。
雨宮司:そして100%超えてないから攻撃受けてもリザレクできる
GM:そういや、まだ100越えてない人いるのか。
GM:まぁいいか、小鳥さん行動どうぞー_
幾島神楽:ギリギリねーw
御城小鳥:え〜っと
御城小鳥:私、実は行動値ミスしてた・・・
御城小鳥:7だw

GM:……なんだってw
GM:ならこっちの攻撃かな。水色の少女。
御城小鳥:感覚1・精神5w
幾島神楽:どんまい魔王様
御城小鳥:キャラシからミスってら;;
GM:(こちらの行動値、神宮寺23 アスガルドリーダー18 水色の少女9
GM:で、水色の少女は
GM:「行動:障害停止」
<『オールレンジ』+『踊る髪』+『異形の祭典』+『死神の針』+『コンセントレイト:エグザイル』+『コンバットシステム』+『炎の刃』+『クロスバースト』>

GM:対象は当然全員。
GM:21dx+7@7 (コロコロ→36→ 43)
咲波八雲:なんか痛そうだ!
臼川ゆうよ:うに。小鳥ちゃんをカバーするよ
GM:ドッジの場合はダイス-2個。ドッジorガードしてねー
咲波八雲:ダイスペナルティーでドッジ出来ない!
御城小鳥:同じく
幾島神楽:硬直不可だっけか。
幾島神楽:6dx+1@10 ドッジしてみう (コロコロ→8→ 9)
幾島神楽:当たったー
咲波八雲:トータルペナルティー-5Dか
雨宮司:私もドッジ出来ない
GM:7d10-20 (対抗種つきなので) (コロコロ→40→ 20)
臼川ゆうよ:カバー&ガード。これでゆうよは行動済みになった
臼川ゆうよ:装甲は?
咲波八雲:アリ
GM:全員に20ダメージ&状態異常:硬直を進呈。装甲は有効。
臼川ゆうよ:じゃあ、ダメ2点くらた
GM:……かったいなぁw
咲波八雲:くるま!
咲波八雲:1d10+97 リザレクト(コロコロ→5→ 102)
臼川ゆうよ:車とクリスタルシールドの力です
幾島神楽:・・・みっくみくのロイス切って復活!
幾島神楽:「応急キットは不問に処すにゃ!」_
咲波八雲:ww
雨宮司:1d10+95 リザレクト (コロコロ→1→ 96)
GM:凄いなぁ。

GM:さて、次は7組ー
御城小鳥:「ゆうよちゃん、ありがとう!」
臼川ゆうよ:まだリザレクトできる雨宮君!
幾島神楽:(でも期待値出てれば死ななかったのに。くそーダイスめ)
幾島神楽:小鳥ちゃんどうぞー
御城小鳥:「Strategy area "Battlefield in miniature garden" development. "Open Combat!!"(策戦開始!)」
御城小鳥:『要の陣形』『導きの華』『アドヴァイス』
C値?1・達成値+10・ダイス+5個を八雲くん、神楽ちゃん、司さんに!

幾島神楽:ありがと小鳥ちゃん!
咲波八雲:「先輩!極めて了解です!」_
GM:本当、それが怖いんだよなぁw

幾島神楽:次私かなー?
GM:ん、行動どうぞ_
幾島神楽:マイナーで《破壊の爪》
幾島神楽:メジャーで《コンセ:キュマ》+《獣の力》+《漆黒の拳》
幾島神楽:ガード無視・・・いるかな?
幾島神楽:まあ今回は様子見するか。
幾島神楽:13dx+14@6 装甲無視! (コロコロ→55→ 69)
GM:ふむ。神宮寺はそれに対して何もせず(リアクション放棄)
GM:ダメージどうぞ。
咲波八雲:くそうリザか!
GM:ご名答w
幾島神楽:7d10+22 (コロコロ→33→ 55)
GM:一撃を受けて、神宮寺は地に伏すが――
GM:80+d10
GM:80+1d10 (コロコロ→2→ 82)
臼川ゆうよ:なあにこれえ
GM:《リザレクト》。彼は当然の如く、蘇る。
幾島神楽:「にゃーん。ミーンチ一回目にゃふ」
幾島神楽:これは上げさせるの時間かかるなー
咲波八雲:司の邪毒に期待!
幾島神楽:あ、向こうが攻撃すればいのか。
神宮寺三雲:「……ゲホッ。やっぱ、コレは辛いな。めんどくせぇ」
臼川ゆうよ:邪毒!邪毒!
咲波八雲:「生きるってーのはめんどくさいんだよ!」

GM:さて、次は……待機組か。逆順だから雨宮くん_
雨宮司:はいでは、
神宮寺三雲:「だろーな。あのプロジェクト・アダムカドモンのやつらも、そう思っていたんだろうけどな……」_
咲波八雲:「だが、そこが良いんだよ!」
咲波八雲:_
雨宮司:メジャーで《光の手》《幻惑の光》《光の指先》《サイレンの魔女》《流血の胞子》《茨の輪》《Fエンハンス》
雨宮司:13dx+16@8 (コロコロ→10[3,4,5,6,6,6,7,7,7,7,8,8,9]+10[3,9,10]+10[9,10]+7[6,7]+16→ 53)
神宮寺三雲:「分かってるよ、んなことは。出来なかったやつのことを想像したって仕方ない」_
御城小鳥:うわ・・・
咲波八雲:ヒロイン!
幾島神楽:ヒロインは絶好調のようです
臼川ゆうよ:ヒロイン補正相変わらずですね。
GM:それに対しても何もしない(リアクション放棄)。まるで、意味のないと思っているかのように。
GM:ダメージどうぞ。
雨宮司:対象は敵全部。食らうと邪毒4、放心、Dペナ2.装甲無視
GM:あ、失礼。アスガルドリーダー側は《領域の盾》。少女が受け止める。ミスった。_
臼川ゆうよ:邪毒!邪毒!邪毒!
雨宮司:6d10+9 ダメージ (コロコロ→29→ 38)
GM:神宮寺は《リザレクト》&《セットバック》。邪毒を打ち消す。
GM:82+1d10 (コロコロ→5→ 87)
幾島神楽:セットバックなんてしてんじゃねえええええええええええbyバルバ●ス

バルバドスってテイルズオブディスティニーの敵が居て、そいつがアイテム使うと「アイテムなんぞ使ってんじゃねぇええええ」て攻撃してくるので、それをなんとなく連想してつっこんでみただけwByアリノさん
そう書いた〜って報告しましたら、「通じる人は握手しましょう」くらいにしてくれません?と言われました。そして全てを書く私が居る。
素晴らしいですね

GM:そして、少女はその攻撃で粉々になるけれど《不滅の妄執》によって形を維持。
臼川ゆうよ:きさまー雨宮君のプレゼントをー
GM:ただ、人形は操者の意のままにしか動かず。
GM:さて、次は八雲くーん。
臼川ゆうよ:今侵蝕89かー
GM:そうそう。
咲波八雲:では、アスガルドエンゲージに範囲攻撃!《月光の裁き》 月光の刃をギガンティックで強大化させてぶん投げる!
咲波八雲:16dx+17@6 (コロコロ→43→ 60)
咲波八雲:侵蝕102+7
咲波八雲:7d10+16 装甲有効! (コロコロ→42→ 58)
GM:オッケー、リアクション放棄でいくか。
GM:そしてアスガルドリーダーは《復讐の領域》_
咲波八雲:遠隔反撃!
咲波八雲:こいやぁ!
GM:そっくりそのダメージを返す!
GM:58点進呈するぜ!
咲波八雲:オネイロスのタイタスを斬る!
咲波八雲:「(?ー?)僕の攻撃はこの程度か。次は本気で行くぜ!」
GM:オッケー。
GM:――同じダメージを与えたアスガルドリーダーは、何故かキミの視線を受け止めず
GM:――ただ、顔を伏せていた。

GM:で、次は神宮寺の行動。
御城小鳥:よし、水色の少女消えたねw
GM:消えてないぞ?
御城小鳥:復活したのん?
幾島神楽:復讐つかうためにわざと受けたねー
御城小鳥:範囲攻撃だよね?
臼川ゆうよ:Ya
GM:常時のEロイスはずっと続くのさ。
御城小鳥:そうなのか・・・
GM:そしてアスガルドリーダーが『倒れた』とは記述してないぜw
GM:では、改めて。
神宮寺三雲:「あーあ、やっぱ普通だとお前らにはやられるか。」
GM:そう呟く三雲は、諦めと、悟った表情を織り交ぜて。
咲波八雲:「こっちは普通″じゃないからな」
神宮寺三雲:「そうか。なら、俺も普通じゃなくなるか」
GM:マイナーでジェネシフト。
GM:89+8d10 (コロコロ→48→ 137)
幾島神楽:出目でかいよ!?ww
咲波八雲:「来いよ!これがお前の最後の戦いなんだからな!」
臼川ゆうよ:期待値+8
臼川ゆうよ:「背中を押してもらいたかっただけなんだねー。うざい。死ねよホント」
神宮寺三雲:「……ははっ、どっちの墓場になるかな」
幾島神楽:8つもジェネシフトするのって初めて見た。
GM:メジャーで《ヒール》を使用。
幾島神楽:さすがエネミー。
GM:4d10+7 回復量ー (コロコロ→22→ 29)
幾島神楽:(全部1なら面白かったのに。)

GM:んでエンド。クリンナップで何か使うものはある?_
幾島神楽:ないです
雨宮司:無しです
御城小鳥:なし
臼川ゆうよ:ないー
咲波八雲:今回はナイ
GM:了解。
GM:では第二ラウンドー。セットアップで使うものをー。
幾島神楽:なしー
臼川ゆうよ:ロイスをタイタスに。昇華
臼川ゆうよ:「ごめん、見捨てるかもー」
臼川ゆうよ:切るのはSロイス。
臼川ゆうよ:再起・支配の因子
咲波八雲:ないよー 今回はナイフを使う
幾島神楽:ゆうよおおおおおおおww
臼川ゆうよ:《支配の因子》《絶望の領域》 ゆっくり空間を、もういちど!
臼川ゆうよ:ゆるせ神楽・・・
幾島神楽:「こっちはいいから後ろは頼むにゃふー」
臼川ゆうよ:「助けにいかないから、そっち頼んだよー」
GM:ダイス-3、攻撃-30だっけ。
GM:オッケー。
雨宮司:私はなし
咲波八雲:「ゆうよちゃん!その意気。受け取ったっ!」
GM:こっちはアスガルドリーダーが《力場の形成》、対象は少女。それと
臼川ゆうよ:「おまえらは生き延びろよ!ゆんゆん!」
GM:神宮寺が《ヴァイタルアップ》。
GM:その手が、体が、全てがガラスのように変化していく。
臼川ゆうよ:HP66とみてよろしいかな
咲波八雲:なんかなつかしいな〜 ヴァイタルアップ!
GM:違う、75
GM:……あ゛

誘導尋問に弱いタイプなのは相変わらずです。<女神は誰も救わない参照。
正直に答えた自分の馬鹿っ……!

幾島神楽:GM・・・・(ポンッ
GM:訂正する癖が……癖がっ……! orz
GM:と、とにかく行くぞ! 小鳥さんセットアップはいいのね!?w
御城小鳥:ないよ〜w
GM:了解、なら行動23で神宮寺が行くぞ!
GM:マイナーで「暗器生成」
<『インフィニティウエポン』+『ダブルクリエイト』>

咲波八雲:「神宮寺さん。あんた、戻れないぜ!それともジャーム化しても生きたいか!?」
GM:メジャーで「暗殺し、消える凶器」
<『魔弾の射手』+『カスタマイズ』+『ギガンティックモード』+『コンセントレイト:モルフェウス』>

幾島神楽:後ろかっ!?
神宮寺三雲:「ああ、生きたいな。俺の衝動は憎悪。それが果たされるまでは、生きるつもりだ」
GM:対象は四人のエンゲージ。
咲波八雲:「憎悪で生きて、なんとする!?」_
咲波八雲:こい!ドッジもガードもできぬ!
御城小鳥:私もできませんw
GM:12dx+7@7 (コロコロ→26→ 33)
御城小鳥:振りなおすと、何故か同じ達成値になる時があるw
臼川ゆうよ:小鳥ちゃんカバー。
臼川ゆうよ:そしてガード。
御城小鳥:「ありがとう><」
臼川ゆうよ:「まあ、頑張れば良いと思うよー」
GM:4d10+8 威力ー (コロコロ→25→ 33)
臼川ゆうよ:隆起する大地ー
臼川ゆうよ:は、どうしようかなー
御城小鳥:饅頭強い・・・
臼川ゆうよ:する。
臼川ゆうよ:しない。する
臼川ゆうよ:しない
臼川ゆうよ:しない。
GM:どっち!?w
臼川ゆうよ:しない。
幾島神楽:花占いみたいだねw

臼川ゆうよ:カバーしたら何にせよ死ぬわー。
臼川ゆうよ:というわけでしないの
臼川ゆうよ:あと1低かったらなー
GM:了解。
臼川ゆうよ:八雲くんをタイタスにして昇華。「あなどってたよ!わるかった!」_
GM:とりあえずダメージ受けた後ろ側はどのロイスを昇華するか言ってねー。確か神楽さん以外は同じエンゲージのはず。_
咲波八雲:ゆうよちゃんを昇華w 「おれも侮ってたぜ!」_
雨宮司:水色の少女のロイスを取ってタイタスに、そして昇華で復活
GM:了解。

GM:では次ー、八雲くん。
咲波八雲:(今回は支援なしかな?)
咲波八雲:無いならここで行く!
咲波八雲:オートでナイフを準備
御城小鳥:(すみません、支援なしでいきます・・・)
咲波八雲:マイナーで硬直解除
咲波八雲:メジャーで再びアスガルドエンゲージへ範囲攻撃!
咲波八雲:11dx+7@7  (コロコロ→16→ 23)
咲波八雲:まわんねーー
臼川ゆうよ:じゃあ、妖精の手
臼川ゆうよ:1dx@7 (コロコロ→14→ 14)
咲波八雲:侵蝕+9で118
臼川ゆうよ:ええっと
臼川ゆうよ:41?
GM:41かな。
GM:16の時点でダイス一つを10に→その後に一度クリティカル。34→7足して41。
咲波八雲:「饅頭パワーをくらえー!」
GM:よし、攻撃こーい。リアクションは放棄。_
臼川ゆうよ:「饅頭の力が乗った八雲君パワーをくらえー!」
咲波八雲:26+5d10 装甲有効 (コロコロ→26→ 52)
咲波八雲:期待値!
咲波八雲:ナイフは破壊
GM:その攻撃でアスガルドリーダーは倒れそうになるけど……《アクアウィターエ》
GM:まだ死ねないと、地面に踏みとどまる。そして、八雲くんは目にする。
GM:フードの下にあった目は、機械の目であった。
咲波八雲:!?
臼川ゆうよ:「なんだおまえー。黙ったまんま謎のオーラ出して『何かに気付いて欲しいんです』攻撃かー」_

幾島神楽:誰のアクアウィターエ?
臼川ゆうよ:本人のアクアウィターエじゃないかなwww
GM:(アスガルドリーダー>アクアウィターエ
幾島神楽:実は気になってたのだが、戦闘不能時にオートアクションてつかえるのかな。
幾島神楽:(手持ちにもいるのでどうなんだろうと思ってたのー)
神宮寺三雲:「はっ、捻くれた見方しか出来ないか。ま、それがもっともイレギュラーとは言えるが」
神宮寺三雲:『対象が戦闘不能となった時に使用する』と記述。アクアウィターエは。
幾島神楽:蘇生復活みたいなのって考えていいの?
咲波八雲:(それは俺も疑問に思ってた。厳密に解釈するなら、自分が倒れた時には使えない)
GM:(個人的には、自分が倒れるのも『対象』に含まれるから可能と解釈してる。でなければ、注意書きされている理由が分からない)
幾島神楽:(了解w)

GM:さて、次いくぞー。アスガルドリーダーいくぞー?
咲波八雲:「神宮寺!そいつは何もんだ?冥土の土産に教えろよー!」_
神宮寺三雲:「あー? ……なんだ、知りたいのか?」_
GM:さて、神宮寺が話している間に行動。アスガルドリーダーは『狂戦士』+『導きの華』を水色の少女にかけるよ。で行動終わり。
GM:内容は次のメジャーアクションにダイス+4個、達成値+6、CL−1(下限値6)
GM:で、次は雨宮くーん。行動どうぞー_
雨宮司:はい。マイナーで硬直解除して、メジャーで先ほどのコンボで攻撃。対象敵全員
雨宮司:12dx+6@9 (コロコロ→17→ 23)
GM:アスガルドリーダーは《領域の盾》で少女に庇わせる。で
御城小鳥:「Space correction. Operation result reflection in the future!」
『勝利の女神』 達成値に+12します!

GM:10dx+2@10 (コロコロ→15→ 17)
GM:ちっ、回避できなかったか……女神加わるときついなぁ。
GM:ダメージどうぞ。
雨宮司:命中時、邪毒5、Dペナ3、放心付与。装甲値無視で。小鳥さんありがとうございます
雨宮司:4d10+12 (コロコロ→29[8,10,6,5]+12→ 41)
御城小鳥:^^
御城小鳥:補正すごいw
GM:ダイペナが重い! 邪毒は《セットバック》を使用して解除。
御城小鳥:ダメージダイス爆発すごい・・・
幾島神楽:確実に期待値は越えて見せるヒロインww
臼川ゆうよ:流石ヒロイン!
GM:でも、そのダメージは確実に神宮寺の体力を削っていく。

GM:次は……水色の少女か。
咲波八雲:支援が乗ると、シーン攻撃は勇者の一手だな!
水色の少女:「……ギギ、ギギギ」
幾島神楽:かっこいなあ・・・
GM:ノイズが、少女から響く。その音は、障害を消し去るために。
咲波八雲:不滅! 領域の盾はあと何回だ!?
GM:「行動:慟哭」
<『オールレンジ』+『踊る髪』+『異形の祭典』+『死神の針』+『コンセントレイト:エグザイル』+『コンバットシステム』+『炎の刃』+『クロスバースト』+『Dロイス:賢者の石』>

臼川ゆうよ:ぎゃあ賢者の石
幾島神楽:賢者きやがった!
GM:17dx+13@4 (コロコロ→61→ 74)
幾島神楽:6dx+1@10 ドッジ (コロコロ→9→ 10)
咲波八雲:家族のロイスを昇華! 
GM:早いなw 対象は全員。
臼川ゆうよ:ま、まあまて、もしかしたらダメージが乗らなくて止められるかもしれないから
咲波八雲:残ロイス3 ヤバイぜ!
臼川ゆうよ:4dx@10 というわけでもうカバーが出来ないから回避ふるんだぜー (コロコロ→16→ 16)
幾島神楽:?30一応きいてるからにゃ。
GM:10d10+2 (コロコロ→57→ 59)
臼川ゆうよ:なにそれ。
臼川ゆうよ:大地しても誰も生きねえ
臼川ゆうよ:だからしない
幾島神楽:だめだった。
御城小鳥:司くんのロイスを昇華。「みんな一人前に成長してる。私も頑張らないと!」<庇護表だったのを昇華した
臼川ゆうよ:同じく雨宮君のロイス昇華。「やきもち焼いてる場合じゃなかったわー」
咲波八雲:「これが賢者の石の力か!でも思ったほどじゃない。まだやれる!」
幾島神楽:十字先生昇華。「あんだけ説教しといて、ここで死んだら恥なのにゃ!」_
神宮寺三雲:「……」
臼川ゆうよ:S切った意味ねかったなぁ
臼川ゆうよ:ダイス神ぶっとべ
雨宮司:三雲のロイスを昇華「まだ……終われない!」_

GM:では次ー。行動値7組。
幾島神楽:小鳥ちゃん支援なしでいいんだっけ?
幾島神楽:なら行きますよん。
御城小鳥:先やろうか・・
御城小鳥:『インスピレーション』!
GM:えー!?w
臼川ゆうよ:小鳥様ー!
GM:いや、いいけどさ。何をするの?_
御城小鳥:アスガルドリーダーの正体と、他二名との関係までサクサクしゃべってw
GM:……ロールで聞けばいいのにw
御城小鳥:さっき、言いよどんでとまってるんだもん・・・
臼川ゆうよ:そーだそーだー
御城小鳥:言わないんだろうなと
GM:単純明快に話しましょう。アスガルドリーダーはプロジェクト・アダムカドモンの実験での生存者。但し、その実験で目を失った。
GM:(「知りたいのか?」で「知りたい」って言わなきゃ答えないよ、GMw
御城小鳥:みくもんとの関係は?w
GM:神宮寺はプロジェクト・アダムカドモンの実験を起こす際に、アスガルドリーダーと知り合った。
GM:プロジェクト・オネイロスで作ったオーヴァードで、復讐でも起こそうという利害一致があって協力していたんだけど……
GM:いつのまにか、神宮寺に傾倒というか、盲目になってました。以上説明終わり。_
御城小鳥:自分と同じ人を作る事をなんとも思ってない復讐者に用は無いなぁ・・・
御城小鳥:サックリ殺ろう

自分でツッコミ入れちゃうが、黒いな小鳥!ってか私!利用する価値すら無いとか思ったさ!

GM:さて、神楽さん行動どうぞー。
幾島神楽:魔王さまから許可がでました。
幾島神楽:あーい。
幾島神楽:マイナーで《隠密の衣》。これでダイスふえるぜ
幾島神楽:メジャーで《コンセ:キュマ》+《獣の力》+《漆黒の拳》
幾島神楽:みっくみくに装甲値無視で攻撃!
幾島神楽:9dx+4@7 (コロコロ→36→ 40)
GM:2dx+2@10 (コロコロ→9→ 11)
幾島神楽:5d10+22 (コロコロ→34→ 56)
GM:だめだ、その攻撃で堕ちる、んだけど……倒れる前に。
幾島神楽:くるか。

神宮寺三雲:「……あーあ、やっぱ無理か」
GM:憂いを帯びた表情は、ただキミ達を見て笑う。
神宮寺三雲:「でも、お前達がのうのうと笑っていられるのは気にくわねぇ。だから」
神宮寺三雲:《Eロイス:憎しみの楔》+《Eロイス:傲慢な理想》×2
神宮寺三雲:「少しでも理解してくれ、俺の憎悪」_
臼川ゆうよ:「だが断る。この臼川が最も好きな事のひとつは、自分が不幸だと思ってるやつに「NO」と断ってやる事だ・・・」
御城小鳥:ロイス一個タイタスか・・・
臼川ゆうよ:まあ、うけるけどさ。
御城小鳥:これ、かばえる?w
臼川ゆうよ:もうかばえない。
GM:※憎しみの楔→ロイスをタイタス化させる。自動成功。 傲慢な理想→使用回数によって効果を拡大。シーン(選択)
幾島神楽:タイタス化だとう!でもEロイス3つもらえた!
咲波八雲:「あんた、最初からこうするつもりだったんだな…?」
御城小鳥:あ、やばい・・・
GM:その答えにはただ笑うだけ。>八雲くん
御城小鳥:八雲くんへの分をかばいたい・・・
GM:カバーリングエフェクト持ってたっけ?
臼川ゆうよ:小鳥ちゃん、カバーエフェあったっけ・・・
幾島神楽:自動成功だからなー・・・
御城小鳥:無理か;;
幾島神楽:ほぼ等価って感じ?E3つとロイスひとつ。
GM:うん、残念ながらそれぞれ一人ずつ、ロイスをタイタス化してくれー。
咲波八雲:小鳥センパイのロイスがタイタス化
臼川ゆうよ:小鳥ちゃんをタイタスに
咲波八雲:「三雲!憎しみは…憎しみはお前を幸せにしたのかっ!?」_
雨宮司:ゆうよさんのロイスをタイタスへ
御城小鳥:「心配掛けてばっかりの私が守ってあげようとか・・・だめですね」<ヒュギの庇護ロイスタイタス
咲波八雲:(衝動判定マダー?)
幾島神楽:八雲くんをタイタスへ。

御城小鳥:アスガルドリーダーさんがどう来るか・・・だね
GM:で、アスガルドリーダーがそれを見て、キミ達に殺意を向ける。先ほどまでは出ていなかった、憎悪。
GM:ここでようやく衝動判定だけど、《堕落の誘い》つき。_
臼川ゆうよ:「ねー、なんで自分ばっか不幸だって思ってるやつがこんな多いのー?」
幾島神楽:現在E5つか・・・
臼川ゆうよ:8dx+4@10 (コロコロ→9→ 13)
臼川ゆうよ:6D帰還用にふれるんか
御城小鳥:堕落は2個増えるから・・・
御城小鳥:5dx+2@10 (コロコロ→17→ 19)
御城小鳥:うん、大丈夫
幾島神楽:シーン中のダイスペナルティって、これにもつく?
臼川ゆうよ:あ、つくならダイス振りなおさないとまずい・・・
臼川ゆうよ:マイナスいくつだっけ・・・
幾島神楽:3つだね。了解。
臼川ゆうよ:振りなおしOK?
幾島神楽:1dx@10 まあ、するんですけどね (コロコロ→4→ 4)
御城小鳥:ぎゃわー!?わすれてた;;
咲波八雲:1D10@10
咲波八雲:1DX@10 (コロコロ→4→ 4)
雨宮司:4dx+1@10 (コロコロ→9→ 10)
臼川ゆうよ:5dx+4@10 130超えてるからなーっと(コロコロ→7→ 11)
幾島神楽:さすがヒロイン。
咲波八雲:衝動キター《自傷》!
臼川ゆうよ:八雲君そんな衝動だったのおおおおおおおおお!?
御城小鳥:2dx+2@10 (コロコロ→3→ 5)
GM:三人暴走確認。
御城小鳥:にゃーー><
御城小鳥:恐怖だ;;
咲波八雲:「くそう!!こんな、力があるから!また、人を傷つけるっ!!」
御城小鳥:2d10+130 (コロコロ→8→ 138)
御城小鳥:おw
咲波八雲:118+2d10 (コロコロ→11→ 129)
臼川ゆうよ:132+2d10 (コロコロ→10→ 142)
幾島神楽:2d10+127 (コロコロ→8→ 135)
御城小鳥:出目低くてよかったよぉ><
雨宮司:2d10+131 (コロコロ→10→ 141)

GM:うい。次は……ゆうよさんかな?
臼川ゆうよ:行動済み〜
幾島神楽:カバーしたね・・・クリンナップかな?
GM:了解。ではクリンナップ&第三ラウンドセットアップ。何か使うものはー?
臼川ゆうよ:もうすっからかんじゃー!
御城小鳥:なしなしw
雨宮司:無し
咲波八雲:光の銃!
咲波八雲:侵蝕131
咲波八雲:空間から光の刃をずらりと引き抜く
咲波八雲:「…だから、ここで、終わらせる!」_
御城小鳥:ちなみにさきほどタイタスにされたロイスは昇華してないので復活に使えますw
臼川ゆうよ:そーらね、1ターン自由だー
GM:こちらは<力場の形成>。対象は当然少女に。
GM:では行動行くぞー。

GM:まずは八雲君。行動どうぞー。
咲波八雲:コンセ 小さな塵 でリーダーを攻撃
GM:速攻で叩き込むか。<領域の盾>を使用。
咲波八雲:11dx+7@7 (コロコロ→25→ 32) 咲波八雲:侵蝕135
咲波八雲:OK_次どうぞ
GM:少女が庇いたて、攻撃は防がれる……が。
GM:その盾が失われる。領域が、薄まっていく。

GM:……さて、次はリーダーか。
GM:<『絶対の恐怖』+『錯覚の香り』+『恐怖の一言』+『タブレット』+『領域調整』+『要の陣形』+『狂乱の一声』+『コンセントレイト:ソラリス』>
GM:雨宮くん、小鳥さん、神楽さんを対象として攻撃。
幾島神楽:よっしこいやー!
御城小鳥:暴走してますw
GM:20dx+5@7 (コロコロ→44→ 49)
臼川ゆうよ:ダイス神爆発しろ
幾島神楽:ダメくださいなー
雨宮司:2dx+1@10 一応 (コロコロ→5→ 6)
GM:5d10+15 (コロコロ→20→ 35)
臼川ゆうよ:雨宮君かばう?
幾島神楽:タイタスを昇華して復活!
雨宮司:出来るなら、お願いします
御城小鳥:タイタス昇華
臼川ゆうよ:ていうか、少女の攻撃がくるだろうからかばわせて!
臼川ゆうよ:雨宮君カバー。&隆起する大地
臼川ゆうよ:は、しなくていいや
臼川ゆうよ:大地はなし。
臼川ゆうよ:で、タイタス昇華して終わり
GM:了解。では次、雨宮くんの行動どうぞ。_
雨宮司:では、メジャーで《サイレン》《光の手》《光の指先》《流血の胞子》
雨宮司:14dx+6@10 (コロコロ→18→ 24)
御城小鳥:「Space correction. Operation result reflection in the future!」
『勝利の女神』 達成値に+12します!

GM:<命の盾>。交渉で回避を試みます。
臼川ゆうよ:妖精の手。
GM:14dx+5@10 (コロコロ→27→ 32)
雨宮司:敵全員を対象に。命中時邪毒5、装甲無視で
咲波八雲:正念場!!!!
臼川ゆうよ:1dx+26@10 (コロコロ→3→ 29)
臼川ゆうよ:に、勝利の女神が乗って41
GM:回避失敗。ダメージどうぞ。
御城小鳥:越えたw
雨宮司:5d10+12 (コロコロ→33→ 45)
GM:……サイレンの鼓動が、リーダーを刻みつけ。彼女は、その地に倒れる。
御城小鳥:まだダメージすごいw
臼川ゆうよ:女神&妖精してなかったら避けられてたぞ・・・・ってwww
咲波八雲:ヒロインたちのトライアングルアタックw
幾島神楽:確実に期待値はこえる、それが雨宮クオリティ
GM:もう、彼女は起き上がらない。
GM:――これで、戦いは決したのだ。
GM:クライマックスフェイズ――End。

咲波八雲:「もし生まれ変われるのなら、次はもっと世界を好きになる努力をする事だ。レネゲイドなんかに頼らず。自分の力でな…」
GM:というわけで戦闘終了だぜー。
臼川ゆうよ:「あーもー、自己完結型なんとやらに巻き込まれて!ゆうよ本当災難しか被ってない!」
GM:本当、お疲れ様です……仕掛けた俺が言う台詞じゃないかもしれないが。
雨宮司:終わったぁ・・・
幾島神楽:バックトラックー!!
GM:さて、恐怖のバックトラックのお時間です。
臼川ゆうよ:無駄Eロイスをくれ!
咲波八雲:おれのダイス目期待値!あがれーー
幾島神楽:(でも実は一番安全な気がする自分。)
GM:Eロイスで6d10が振れます。使わない人はいないよね、うん。
《不滅の妄執》《憎しみの楔》《傲慢な理想》×2《堕落の誘い》

臼川ゆうよ:(生還者だから運が良ければ二倍で帰ってこれちゃう饅頭
幾島神楽:みんな八雲くんにロイスをわけてくれ!!!
臼川ゆうよ:つ 長老のロイス
GM:ちなみに現在侵蝕率とロイスの数を言ってくださいなー。_
咲波八雲:135 ロイス2
臼川ゆうよ:現在146、残り2
御城小鳥:142のロイス4つ
幾島神楽:135ののこり3
雨宮司:152で残り3
臼川ゆうよ:Σ 雨宮君
幾島神楽:あ、雨宮くんー!

GM:アイサー。では各自帰還を。
咲波八雲:Eは6ね?
GM:YES
GM:……雨宮くんが不安だ。

臼川ゆうよ:146-6d10 (コロコロ→31→ 115)
臼川ゆうよ:115-5d10 そして一倍^^ (コロコロ→28→ 87)

御城小鳥:142-6d10 (コロコロ→32→ 110)
御城小鳥:110-4d10 (コロコロ→27→ 83)

幾島神楽:135-6d10 (コロコロ→45→ 90)
幾島神楽:90-3d10 もちろん通常w (コロコロ→10→ 80)

咲波八雲:135-6d10 (コロコロ→39→ 96)
咲波八雲:96-2d10 (コロコロ→17→ 79)

雨宮司:152-6d10 (コロコロ→33→ 119)
雨宮司:・・・2倍にしときます
雨宮司:119-6d10 (コロコロ→26→ 93)

御城小鳥:おめでと〜><
GM:お帰りなさいw
臼川ゆうよ:おめでとおおおおおおおおお
幾島神楽:おめでとおおおおお!!
咲波八雲:(ノ⌒∇)ノ♪
臼川ゆうよ:みんな帰ってきた(えぐえぐ
雨宮司:ふぅ・・・ほんと良かったw
咲波八雲:よもや一倍で帰れるとは…(;゜∀゜)=3
臼川ゆうよ:同じくだよぅ
幾島神楽:ただいま・・・ただいま!
GM:お帰り。でも何でだろうか、安心したような悔しいようなw
幾島神楽:安心しておいてくださいw

この後、GMは「やっぱ<魂の練成>入れておけばよかったな」と思ったことを追記しておきます
そして別の日にエンディングとなりまして……


GM:最後のED、皆様で彩っていただけたら嬉しいと存じます。では
GM:―――エンディングフェイズと行きましょう。
GM:さて、最初は誰から行くー?
GM:個別ED誰から行くか悩むなら、最初の描写でも入れるぞー?
御城小鳥:最初にいきますね<根回し
GM:うい、りょーかい。ではまず小鳥さんからか。

GM:リクエストの場所、登場して欲しいNPCなどがあれば宣言をしてくださいな。
御城小鳥:今回の仕事結果を報告書にしているシーンとかでいいかな?
御城小鳥:手伝いにヒュギが近くに居るくらいかな・w・
GM:オッケー。では場所はUGN日本支部としよう。ヒュギは……まぁ居てもいいかw
御城小鳥:では・・・今回の根回し錬金術レシピはこちら!
GM:wwwwww

GM:――――エンディングフェイズ、御城小鳥
霧谷雄吾:「お疲れ様でした、御城さん」
GM:報告書を作成しているキミの元へ、霧谷支部長がやってきた。
御城小鳥:「あはは。私はただ休暇を頂いてただけでしたけど?」(すっとぼけw
霧谷雄吾:「……そうですね、貴方は休暇を頂いて、『たまたま』巻き込まれただけでしたね」 意を汲み取り、クスリと笑う霧谷。
御城小鳥:「あはは、そうですよぉ。休暇中の1エージェントのお言葉を聞いて援軍を出していただいてありがとうございます♪」
御城小鳥://えっと、報告書内容を書き出しちゃいますね?w
御城小鳥:大掛かりな組織での行動ではなかったので、個人を焦点に当てて報告していきます。
御城小鳥:主犯、神宮寺三雲に対しては、背後関係の洗い出しを行います。
御城小鳥:彼がどんだけ情熱を注ごうと、プロジェクトは個人レベルで行える規模ではありませんし、技術や知識、資金に関してどこからか介入があったと思われます。
御城小鳥:痕跡を改ざんしたデータしか無いにしても、彼の研究資料などを遺品から探しだし手掛かりにすれば情報元のおおまかなとこは解ると思います。
御城小鳥:彼の過去の洗い出しも大事。そこまでの行動力と妄念を得るに至った経緯を追えば、要注意人物の特定などにも繋がると考えられます。

御城小鳥:アスガルドリーダー(本名不明)に関しては、彼女個人と、彼女のセルからの技術流出と流入に関して調べを進めます。
御城小鳥:実験データからさらに酷く凄惨な実験が行われる危険性があり、そういった被害を増やさない為にも早めに手を打ちたいと思います。
御城小鳥:さらに、そういった実験に持って行くために入れ知恵した存在の可能性もあるので、より深く詳しく調べる必要があると思います。
御城小鳥:(FH側に関してはウイングさんとそのお仲間の方にそれとなく情報を流したり、他には黒須左京さんに持たざるものへの領域を乱す存在として報告しておけば対処出来ると思います。)
御城小鳥:(詳しく調べれば、FHと繋がっているUGN研究者とかまで洗い出せるかもしれませんね。)

御城小鳥:本庄君をはじめ、攫われていた子達の処遇に関しては、入念なケアが必要になるでしょう。
御城小鳥:本人さえも知らずに時限式のトラップとして処置を受けている可能性さえ否定できません。
御城小鳥:その上で精密検査が必要になると思います。それなりに長期間を念頭に置いて検査する必要があるでしょう。
御城小鳥:・・・また、外部装置に等による点火式のトラップだった場合の為、彼らの護衛役も必要になるかも知れませんね。気心が知れたチルドレンから数人見繕って宛がうのが良いかと思います。
御城小鳥:(これに司さんを割り振って、本庄君と出来うる限り一緒に居られるように取り計らいます)

御城小鳥:黒沢水華さんに関してですが、彼女の遺体は戦闘終了と共に消えてしまいました。
御城小鳥:彼女の存在した証を探すためにも、神宮寺三雲達の遺品を押収して情報を集めています。彼女が生きた証をどこかに残してあげたい。
御城小鳥:抹消されたと言うデータと実験の被害者であったと言う事実だけで彼女を計って欲しく無いから・・・。

御城小鳥:・・・・そういえば、RBには死者の魂を呼び出す事が出来る者が居ると聞きました・・・。もしかすると・・・。
御城小鳥:後は・・・
御城小鳥:オネイロスの基本構造、実験内容、神宮寺三雲の人脈・性格・能力等々、細かいオネイロスのデータを揃えた上で『プロファイリング』!

御城小鳥:欲しいのは、黒幕への情報w
GM:……恐れ入ったw ここまで動き出すかw
御城小鳥:この実験を行う所まで暗躍した首謀者及び組織を洗い出します。
御城小鳥:足りないなら、Sロイス:プロジェクト・オネイロスをタイタス昇華して『インスピレーション』の使用回数を増やし、すぐに使います。
御城小鳥:いじょw

GM侵蝕率:100%。思考回路がフル回転して、どう一撃を返すか悩んでいました。
それくらい、小鳥さんの計画は半端ない……!


GM:そーだね……うーむ。
GM:プロファイリングとインスピレーション、それを以ってしても黒幕には届かない、かな。インスピはむしろ『GMが使用を拒否』という部類。
御城小鳥:組織なら、こういった方向のヤツが存在してる・・・程度でいいよw
GM:UGNの「プロジェクト・アダムカドモン」を知ってる人物から、行える人は絞ることはできる。
GM:だけど、後一手が足りない。決定的なものが見つからないっていう点。
GM:それはキミがUGNエージェントだから、というしがらみ故に、見つけることが出来ない。
御城小鳥:うん・・・研究関係の査察を霧谷さんに陳情するかなぁ・・・。

GM:またFH側に関しては、彼が接触していたのはアスガルドだけだった。
御城小鳥:急進派には、イーストのエージェントが敵であった事をネタにすれば切札になりえるし
御城小鳥:そこを皮切りに、査察の手を伸ばす。隠そうとする心理から、ある程度重要度が解るので、後に追加査察を抜き打ちで行う・・・程度かな?
GM:う、うむw それなら追々調べ上げることができるだろう。ただ、今すぐというわけにもいかないだろうから
御城小鳥:本格的に調べる場合は、外部組織の手を借りますよ?<コウくんへ善意の情報提供者現る
御城小鳥:ってことで^^
GM:りょーかい。GM泣かせめw

御城小鳥:HAHAHA誉め言葉だw
御城小鳥:じゃぁ、最期に・・・ヒュギにお願いしよう。パナと会って相談したいことがあるとw
GM:その前に。
GM:黒沢水華の遺品だけど……残っていないかな。実験体として使っている時点で彼女の身分を証明するものは消されている。
GM:それこそ、何一つないってくらいに。ただ、それを所持している者に心当たりがあれば、また別だろうけどね_
御城小鳥:・・・十字さんの銀の弾丸は・・・
御城小鳥:関係品じゃないのかな?
咲波八雲:「サイコメトラーが必要なら、紹介できるよ」_
臼川ゆうよ:「ゆゆん。おなじく。ハートレスメモリーもね」_
GM:……さて、ヒュギにパナケイアと会いたいというと、彼女はちょっと拗ねながらも応じてくれるよ。
GM:会いに行くなら、場所変更になる_
御城小鳥:はい

GM:では場所変更の前に。
霧谷雄吾:「……御城さん。今回の件は私も動いて調べて、あの計画と同じことは無いようにします。ですが」
霧谷雄吾:一瞬、言うことを躊躇う。その後
霧谷雄吾:「貴女はUGN日本エージェントだ。これ以上は関わらせるわけには行きません」_
御城小鳥:「そうですね。分を弁えぬ行動で失礼しました。ですから・・・」
御城小鳥:「霧谷支部長にとって信頼の置けるエージェントにこれらの情報を渡して頂けませんか?」
御城小鳥:「私は実行部隊として動ける能力なんて全くありませんから、引き続いて調査を行える人を紹介して欲しいのです。」
霧谷雄吾:「……全く、貴女は」 諦めたような、わが子を見守るような、そんな表情を浮かべると
霧谷雄吾:「どんな言葉で引き止めても、貴女は自分を曲げるつもりはないのですね。それが、己の身を危険に晒すとしても」_
御城小鳥:「持たざる者の為に戦う事・・・それがチルドレンの心得だと思っています。日常を持っていたとしても、それを守る"力"を持たない人を守る事・・・。その為に躊躇はしないと決めましたから。」
霧谷雄吾:「分かりました。……本来、こういうのは特例なのですが
霧谷雄吾: 御城小鳥。貴女には実権を与えます。各地のエージェントと共に、実験に巻き込まれた者たちを救うために動く権利を。
霧谷雄吾: ……そこまで決めたのであれば、守るように。貴女が思うままに行いなさい」
GM:そう言うと、霧谷さんは小鳥さんの部屋から出て行こうとします。_
御城小鳥:「・・・ありがとうございます支部長。・・・支部長のような人に支えられてる限り私は頑張りますよ」

小鳥さんへの配慮というか、自分の思う霧谷さんをやらせていただきました。

GM:では場面変更ー。今度は、神城グループの傘下にある診療所。
GM:パナケイアと、水沢十字はまだここにいると、ヒュギエイナが教えてくれました。
ヒュギエイナ:「教えたわよ!」
GM:まぁ、何故か拗ねていたのは……気にしてはいけないw_
御城小鳥:「えっと、どうしたのヒュギ?その態度はお姉ちゃんなんだか悲しいな♪」
ヒュギエイナ:「だれが、いつ、お姉ちゃんになったのよ!」
ヒュギエイナ:「今回もどうせ、無茶して死にかけたんでしょ。ばかみたい!」
ヒュギエイナ:「・・・ふん。戻って来なかったら、絶交してやるとこだったんだから。」_
御城小鳥:「ふふふ、そうですね。・・・無事に貴方に会えて本当に嬉しいよヒュギ♪」(抱き
ヒュギエイナ:「誰もそんなこといってない!」(真っ赤っかww_

水沢十字:「……入ってくるのはいいが、いちゃつかれるのもどう反応すればいいんだ?」
GM:ベッドで上半身だけ起こしていた十字は呆れ顔。そしてその傍にパナケイア。_
御城小鳥:「あはっ・その様子だと十字さんもお元気そうですね。」
パナ:「お前達も相変わらずだな…」_
御城小鳥:「ふふ。パナケイアさんも、十字さんへのお怒りは静まったようですね?」<不用意に十字にとっての地雷
水沢十字:「……それで、パナケイアに用件があるそうだな。秘密のことなら、俺は部屋から出るが」_
御城小鳥:「ぃぇ、むしろ十字さんにも居てもらった方がよろしいかと。・・・黒沢水華さんに関する事です。」
水沢十字:その言葉に、口を閉ざす。先を促すように_
御城小鳥:「彼女と最期にお話出来る場を作りたいのです。その魂に接触し言葉をまじわす能力がパナケイアさんにあるとお聞きしまして・・・ね。」
御城小鳥:「彼女に関する記憶も、データも周到に抹消されています。彼女の生きた証は本当に何も残されていないのです。」
御城小鳥:「実験の果てで、誰にも知られぬ兵器として壊れて終わるなんて人生が私は許せない。」
御城小鳥:「彼女の最期の言葉と、想いを・・・聞いてあげたい。そして十字さんにも聞いて上げて欲しいのです。」_

水沢十字:「……アイツの想い、か」 ガサゴソと、ポケットから銀色の弾を取り出す。
水沢十字:「この弾は昔、俺が水華から渡された弾だ。大切なときに使えって言われた弾……結局、思い出しても使ってないが」_
御城小鳥:「それをサイコメトリーすれば、彼女の意思に触れられる。その上で彼女の意識を引き出せれば、話す事が可能だと思います。どうでしょうパナケイアさん、お願い出来ないでしょうか?」
パナ:「妾が・・・?」十字さんの様子を目でうかがってみる。_
水沢十字:その目には何も映っていない。有るのは
水沢十字:悔悟
水沢十字:その感情だけが、ただ瞳に出ていた。_

パナ:「・・・・・・ジュウジ。おまえはどうしたい?」_
水沢十字:「……俺は、会いたいとは言えないな。記憶を失って忘れていた男だ。おめおめと会うことなんで出来ない。
水沢十字: だから、小鳥たちが話すならば、俺は止めない。けれど、俺が会うことは出来んよ」_
パナ:・・・・十字先生をどつく(笑)
水沢十字:「……ってぇ」 殴られた部分を抑えながらパナを見るw_
パナ:「ええい、辛気臭いぞジュウジ!出来ない?!馬鹿もの!妾はお前がそうしたいのか、したくないのかと聞いている!」
水沢十字:「だから俺は会えねぇっつってるだろ!? 小鳥が会って話を聞くならそれでいいけど、俺は会えないって言ってるじゃねぇか!
水沢十字: そうしたいか、したくないかはその話を持ちかけてきた小鳥に聞くべきだろうが!」_
パナ:「会えないなんていうのは、諦めた時の言葉だろう!?」
パナ:「みな、諦めていないぞ。それを何故お前だけが諦めるのだ」
パナ:「後悔や罪悪感は、ひとまず捨て置け!」
パナ:「妾たちは、お前の本心を聞いているのだ。「ジュウジ」が、「スイカ」に会いたいのかどうかだ。」
パナ:「会えないなんていうな。・・・諦めないでくれ、ジュウジ・・・」_

水沢十字:……その言葉に、ため息を吐いて。パナケイアを軽く叩く。_
パナ:「なにをする」むっとジュウジを見る。_
水沢十字:「『秋原孝作』なら、何もかもかなぐり捨てて会いたいっていうだろう。約束を守れなかった少女の言葉を、聞き届けたいって願うだろう。
水沢十字: でも、ここにいるのは『水沢十字』だ。そんな奴に、水華に会うわけにはいかない」_
水沢十字:(このタイミングで固定ロイス『記憶の中の少女』がタイタス&昇華)_
パナ:「・・・・それで、いいのか。今なら会えるのだぞ。・・・2000年後じゃ、遅いのだぞ」_
水沢十字:「ああ。水華が会いたいと、伝えたいと思うのは『孝作』だ。それに……」 パナケイアの頭に手を当てて、髪をくしゃくしゃにして
水沢十字:「俺は面倒がかかる同居人が居る、単なるエージェントだ。それ以上でも、以下でもない。
水沢十字: ……そういうことで納得しろ」_
パナ:「・・・・・馬鹿者め」ちょっと呆れて、でも嬉しそうに笑って引き下がるねw_

何だろうこの甘いの。GMは大好物だけど、小鳥さん疎かにして申し訳ないZE
いえいえ、とっても楽しませて貰いました。ある意味予想の範囲内。

水沢十字:「……悪いな、小鳥。願いを叶えてあげられなさそうになるが」_
御城小鳥:「・・・解りました。十字さんが強情だってのを忘れてましたよ。・・・それでも一言あれば聞きますよ?」
水沢十字:「あー……『秋原孝作』から二つ、伝言だ。
水沢十字: 『すまなかった』。それと『ありがとう』だとさ」_
御城小鳥:「伝えます。」_
GM:銀色の弾を、小鳥に放り投げて、十字は横になりました。
GM:(他に何か無ければシーン切るよー)_
御城小鳥:「全く、男性と言うのは皆、素直じゃなくて頑固なものなんですね。」(パナケイアに向かってこっそり言う
パナ:肩をすくめて「今も昔も変わらぬわ」呆れてみせる。こっそりw_
御城小鳥:で、シーンエンドかなw
GM:うい、りょーかいw_

ちなみにハートレスメモリーのシーンは、現時点(GMがツッコミを入れている時点)では行われていませんでした。
故に、シーンは収録されてませんが……多分、水華は残念そうに微笑んで、小鳥さんと『十字(孝作)に対する愚痴りあい』を言った後に二言頼むでしょう。
「ありがとう」と、「十字をよろしくね」、と。


GM:では次誰いくー?_
パナ:なければ猫が10分ほどお時間頂くよー
GM:他の人が良ければそれでいくぞー?
幾島神楽:いいかな?
雨宮司:私はもうちょっと時間がほしいのでかまいませんよ
臼川ゆうよ:いいよーゆっくりしていってね!
GM:んじゃ、行くぞー

GM:―――エンディングフェイズ 幾島神楽
GM:というわけで希望のシーンとかNPCとかあるならば言うてくださいなー
幾島神楽:えっと、霧谷さんの執務室で、
幾島神楽:ソファーに座って霧谷さんい奢らせた山のようなタイヤキかかえて、
幾島神楽:「エジプトなんていけるかー!!カイロってどこにゃふー!!」と、
幾島神楽:伊庭の情報を聞いて絶望しながらやけ食い。
霧谷雄吾:「仕方ないでしょう。私用を経費で落とすわけにはいかないのですから」
GM:やけ食いの様子を見て苦笑いをしながら、報告書などをスラスラと書いている霧谷さん_
幾島神楽:「毎回毎回っ!貧乏なめやがってあの男にゃぁああ〜〜〜!!」
幾島神楽:タイヤキ二個一気食い^^_

GM:スッ、と《隠し味》《元気の水》入りの緑茶を差し出す霧谷さん_
幾島神楽:「・・・!・・・!(詰まってる)・・・・・ぷは。・・・さすが霧谷。予想済みだったにゃふか」

幾島神楽:「・・・はぁ。それにしても面倒な事件だったにゃふ・・・・」_
霧谷雄吾:「お疲れ様でした。いかがでしたか? 今回の事件は」_
幾島神楽:「どーにもこーにも。面倒なメンツだったにゃ・・・見捨てられないって意味でにゃ」
幾島神楽:「霧谷、狙ったにゃふね・・・?」_
GM:それにはただ笑みを返すだけw_

幾島神楽:「・・・・馬鹿な悪役は結局、どうなったにゃふ?」
霧谷雄吾:「少しずつですが、調べていってます。小鳥さんも動いてますので、あの計画に関することは二度と起きないでしょう。
霧谷雄吾: ……ですが、同じような計画を考える人は出てくるかもしれません。これからも、それを阻止するのはかわりませんが」_
幾島神楽:「あっそ。お前も大変だにゃ」他人事みたいにいって、最後のタイヤキをほうばって。
幾島神楽:「じゃ。もう行くにゃ。エジプトまではいけないけど・・・次奴が帰ってきたらギッタギタにのしてやるにゃふ。そのための訓練だにゃふ!・・・とにゃふ神さまからお告げがきたのにゃ」_
霧谷雄吾:「そうですか。次に何かあったときは、また呼びますので。それまでは訓練なり、日常を過ごしてください」
幾島神楽:「ん。まったにゃー」
GM:ニッコリと微笑んで、霧谷さんは幾島さんを目で見送りました、とさ。
幾島神楽:いきなり姿が消えて、子猫の足跡だけが絨毯を歩いて行く。
幾島神楽:それもやがて消えて、おしまい。猫はまたどこかへ旅立ちました。
幾島神楽:でシーンエンドおねがいしますw_
GM:了解。にゃふさんありがとうw  シーンエンド

にゃふ様はもっといいエンディングがあったと思うのに、こうなりました。
『Eロイス:憎しみの楔』で消せない復讐の心が、いつか消えればいいなぁとはGMは思っていたり。
一番意外だった相手だからこそ、そう思えるのかもしれませんね。


GM:では次はどうするー?_
雨宮司:じゃあ私が行きます
臼川ゆうよ:じゃあその次にゆうよで、ラストに八雲君!
GM:りょーかいしました。

GM:―――エンディングフェイズ、雨宮司
GM:さて、希望のシーンとかNPCとかを言うことで、展開が演出されるでござるよ。_
雨宮司:クライマックス直後で、本庄との再開シーンを希望します
GM:……メイド服だよねw
本庄俊樹:オレ出る?渉さんやる?|ω・`)
GM:任せた!w
雨宮司:・・・そうでしたね>メイド服
咲波八雲:ほんじょ〜
GM:というわけで、時系列は変わるけど、戦闘終了直後にて本庄と再開するところか。
本庄俊樹:了解w

GM:他のクローンたちや帰還者たちは小鳥さんや幾島さんたちに誘導される中で、キミが本庄と対面する。
本庄俊樹:(俺は雨宮に気付いてないほうがいいの?ww)
GM:ちなみに本庄は、怪我という怪我はしてないけれど頭から少し血が流れてる、ってところ。この一撃を受けて、昏倒した感じです。
GM:(それは本庄くんに任せたw)_
雨宮司:とりあえず、近くに立ってはいるけど顔は逸らしてます
本庄俊樹:「いてて・・・さすが小鳥先輩達、また助けて貰ったな・・・って、あれ、雨宮いないのか」_
雨宮司:「(ちょっと声高めに)あ、雨宮さんなら別件でここには居ませんよ?」_

・・・可愛い。可愛いよ司ちゃん!一生懸命メイド姿に仕立てあげた甲斐がありました。
これがヒロインか、と心底唸っていました。やべぇよ、本当。

本庄俊樹:「え、そうなの? ・・・まじで、俺見捨てられたのか・・・」orz
本庄俊樹:「ありがと、君も助けてくれたんだよね。ほんと助かったよ!」
本庄俊樹:「・・・できれば雨宮に会いたかったけどな・・・」(ぼそり_
雨宮司:「(ちょっとだけ顔赤め)ふ、ふられた心当たりがないかご自分の胸に聞いてみては?」_

本庄俊樹:「・・・こ、心当たり!?え、俺なにかしたっけ!?」
本庄俊樹:「携帯の待ち受けにしてたのバレたのか?!それとも勝手にプリン食ったの怒ってるのか・・・・?!」
本庄俊樹:「やばい、心当たりしかねぇ・・・土下座したら許してくれるかな・・・」がくがくぶるぶる_
本庄俊樹:(既に脳内で土下座シュミレーション開始中)
本庄俊樹:「もう、ほんと、アイツに嫌われるのだけは勘弁だぜ・・・ただでさえ情けないところばっか見られてるのに
本庄俊樹:・・・・これ以上、アイツの前でヘタレてるとこなんて見せられねーよ」(ちょっと赤くなりつつ_

雨宮司:「(いつもの声音に戻り)本庄・・・
雨宮司: 土下座程度で許すわけがないだろう?」(こめかみに青筋が)_
本庄俊樹:「・・・・え。えええあ、あま、あまあま雨宮さまーーー!?」
本庄俊樹:「な、え。どどどっどどうしてここに・・(あ、メイド服超可愛い)」_
雨宮司:「お前、どうして気がつかない!?そんなに僕を見てないか!?これくらい一瞬で気付け!
雨宮司: いや、そんなことはどうでも良い。本庄、僕が怒っている理由が解るか!?」_
本庄俊樹:「だ、だってお前いつも男装してるし、なんか声違ったし・・・・え、怒ってる理由?」_
本庄俊樹:「・・・・・・・・・・・・プリン食べたから?」_
雨宮司:「(本庄の頭に拳骨)違う!
本庄俊樹:(あだっ
雨宮司:「お前が僕のプリンを食べたからとか、僕に気がつかなかったからとかじゃなくて!
雨宮司:「お前が・・・、お前がまた僕の前から居なくなったからだ!」(顔真っ赤にしつつ)_
本庄俊樹:「・・・・!・・・・ごめん」ぎゅって抱きつく。
本庄俊樹:「ごめん。まじで、ごめん。もうしない、どこにも行かない。ずっと・・・傍にいる」
本庄俊樹:「だから、・・・今回だけ。許してくれ。もう二度と、離れないから・・・」_

雨宮司:「(抱きつかれてわたわたしつつ)いや、あの、えと、その・・・
雨宮司:「う、うん・・・。解った。許す
雨宮司:「・・・・・・もう、勝手に居なくなるなよ?」_
本庄俊樹:「おお。勿論!」(パシャ
本庄俊樹:いつの間にか持ってた携帯でメイド本庄くん激写。
本庄俊樹:「もっててよかった予備携帯b」_
本庄俊樹:雨宮くんだ。メイド雨宮。
雨宮司:「(ピキリ)本庄・・・・・・。
本庄俊樹:「えっへへー待ち受けゲット。・・・え、なにどうしたの雨宮そんな怖い顔・・・」

雨宮司:「とりあえず、もう一発殴らせろ。な?」(超笑顔)_
本庄俊樹:「け、怪我人、俺めちゃ怪我人だからあの・・・え、うそ雨宮目が本気・・・あ、雨宮様ーーー!?」_
雨宮司:(ストレート決め)「うるさい!黙れこの馬鹿!もう知らん!」_
本庄俊樹:「げふぅ!!」_
雨宮司:拗ねつつ、本庄はほっといて帰ります_
本庄俊樹:「ま、まって・・あまみ・・・や・・・(ガクリ」その場で伸びるb_
本庄俊樹:(俺の女神さまは、めちゃくちゃ可愛くて、強いです。まる。)_
御城小鳥:「やれやれ。本庄くんは十字さんよりダメですね。」(撤収作業中
GM:シーン区切るぜー?_
雨宮司:OKです。やれることはやりきった_
GM:うい、シーンエンド!
本庄俊樹:ありがとうございましたw_

GMが一番「楽しめていたかなぁ?」と心配していた人でしたが
エンディングで色々とその心が溶けました。さすがヒロイン、貴女は華でした。
いつまでもお幸せに、司くん。


GM:では次はゆうよさんだっけー_
臼川ゆうよ:ゆゆん。
臼川ゆうよ:ゆうよだよー
GM:――――エンディングフェイズ、臼川ゆうよ
GM:では、希望のシーンとかNPCを言えばオッケーだよ。
臼川ゆうよ:今日はおうちでゴロゴロしようかなー。
臼川ゆうよ:ウェディングドレスのカタログ見ながらごろごろしてる。
臼川ゆうよ:プランナーが出てくるなら適当なところで出ればいいんだ。
臼川ゆうよ:というわけで
臼川ゆうよ:「ゆゆ〜ん。ゆゆ〜ん。もう少しゆっくりするべきだよね〜」
臼川ゆうよ:4dx+6@10 (コロコロ→16→ 22)
臼川ゆうよ:4dx+6@10 (コロコロ→15→ 21)
臼川ゆうよ:というわけで、達成値22相当のウェディングドレスと
臼川ゆうよ:21相当のウェディングドレスを手に入れた。
臼川ゆうよ:小鳥ちゃんと雨宮君に郵送する_

幾島神楽:wwwww
御城小鳥:わ、私!?
臼川ゆうよ:『戦友なら一生一緒にいればいいよ』
咲波八雲:w
臼川ゆうよ:『とっとと挙式するべき』
臼川ゆうよ:とか、各自にメモつき。_
御城小鳥:キャー。思わぬ援護攻撃がw

これもテロだと思いますよ?<前回に引き続き。

プランナー:「……」 その様子を、お茶を啜りながら見ているプランナー。
臼川ゆうよ:「流石に最近あついからねぇ。ゆうよは麦茶がいいよ」 ずずー
臼川ゆうよ:「というわけで、言われたとおりのことをやってきたよ?」_
プランナー:「今回の件は、お疲れ様でした。ほぼプランどおりに動いてくれて、私としても嬉しいです」
プランナー:ゆうよの部屋の中には、報酬と思われる『玉露』とか『水羊羹』とかが置かれていますw_
臼川ゆうよ:水羊羹をおもむろに食べながら
臼川ゆうよ:「んー、あのさー。やっぱ気になるんだけどさー」
臼川ゆうよ:「何であいつら生かす必要あったのー?何かひどいこと言ってるみたいだけど」
臼川ゆうよ:「気になるんだよねー。しょうみなはなし」_

プランナー:「……」 ずずず、とお茶を啜る。答える様子はなさそうだ……?_
臼川ゆうよ:「ノイマンピュアって話通じない奴ばっかなの?」
臼川ゆうよ:「とっととはなすべき、そうすべき」_
プランナー:「……そうですね、一つくらいは話してもいいでしょう。
プランナー: 彼らはUGN、およびパナケイアに対する『切り札』です。迂闊に死なせては、プランに関わるのですよ」_
臼川ゆうよ:「ふぇー。あいつら凄いやつらだったんだねー」
臼川ゆうよ:「まあ、たしかに}
臼川ゆうよ:そういって水饅頭を食べる_

プランナー:「……それでは、今回はお疲れ様でした」 そういうと、立ち上がってゆうよさんの住居から出ようとします。_
臼川ゆうよ:「ゆゆーん。もっとゆっくりしてもいいよー」
臼川ゆうよ:ぱくぱく。_
GM:引き止められず、微笑を浮かべてプランナーは去っていきました。
GM:(他に何も無ければシーン区切るよー?)_

臼川ゆうよ:「KISS★SUMMERRRRRRRRRRRRRRRRRRR!!」
臼川ゆうよ:「とか怒ろうと思ってたけど」
臼川ゆうよ:「意外と今日は大人しかったねー。ゆんゆん。ゆっくりしている」
臼川ゆうよ:そう言いながら、カタログに戻ります。
臼川ゆうよ:4dx+6@10 (コロコロ→5→ 11)
臼川ゆうよ:4dx+6@10 (コロコロ→7→ 13)
臼川ゆうよ:ほうっておいても大丈夫そうだったと思ったので
臼川ゆうよ:パナとシアにはこの程度の達成値の・・・・ステキグッズを進呈した。
臼川ゆうよ:パナには首輪とか。シアには料理セットとか。
臼川ゆうよ:そんなかんじで
御城小鳥:十字さんに首輪!?
幾島神楽:何故首輪?!ww

えっと、繋ぎとめておけ。今回みたいな事になるから!って好意的に解釈。けど、人間用の首輪ではなかったらしい<クリムさんから聞きました。
多分、拘束とか束縛な意味を表しているんじゃないかなと思う。けれど、流石にそれは愛情とは違う気がするが……ヤンデレ苦手

臼川ゆうよ:必要だと思った。
臼川ゆうよ:「あー、ゆっくりしているー!ゆっくりしていってね!!」
臼川ゆうよ:そう叫んで、おわり!_
GM:ういー。シーンエンド!

一番クレバーで、一番GMの心を抉ってくれて
けれど、一番PTに色々と仕組んでくれて、一番クールに行動してくれた饅頭様。
キミはきっと、これからもメンバーをかき回していくのでしょう。面白かったですけどね。


GM:さて、ラスト。出番ですよ、咲波くん。
GM:――――エンディングフェイズ、咲波八雲
咲波八雲:おーし、引っ張りだすぜ!
GM:希望の場所、NPC、シーンがあればいくぞー。
咲波八雲:1D10 (コロコロ→1)
咲波八雲:氣合いはハイマイチ!
咲波八雲:さて、
咲波八雲:場所は夕日の河川敷。十字を呼び出して決闘だー!
咲波八雲:「あんたの力を見極める。夕方6時、河川敷にて待つ」_

GM:では時間の十分前くらいに、十字が現れますね。
GM:ただ、まだ本調子じゃないのか、少しだけ足を引き摺って歩いてきて。
水沢十字:「古風な呼び出しを受けるとは思わなかったが……坊主らしい」_
咲波八雲:「あんたが本当に誰かを守れる男であるかを見極めさせてもらう。そうでないと、安心してUGNを離れられないからな」
咲波八雲:(シアには、ちょっとはなれて応援しててもらおう)_
シア:「八雲くん・・・」(不安げ_
GM:その反対側に、パナケイアが見届けようとしてる感じかな……。

水沢十字:「……坊主に見極められる筋合いは無いが、決闘を挑まれて退く筋合いは無いな」_
パナ:「死んだ方は《血の花嫁》で生き返らせてやるので案ずるな」_

いえ、その前にアクアヴィターエとか、奇跡の雫で復活させてやってください。お願いします。

咲波八雲:「筋合いなら、大いにある。
咲波八雲:「僕の嫁の家族(パナ)の旦那なら、義理のアニキになるからな!」
咲波八雲:「さて、見極めは一撃で十分だ。(今回の騒動の恨みも込めて!)必殺の氣合いを乗せて撃つ!」
咲波八雲:青白く光る月光の刃を 空間からズラリと引き抜く
咲波八雲:「合図は…パナケイアにお願いしようか…」_
パナ:「ほう。面白い。よいか、ジュウジ」_
水沢十字:「そーだな、それでいい」 銃に弾を込めて、合図を目で確認しようと視線を向ける。_
パナ:「・・・ふむ。両者よいな?」
咲波八雲:真剣!
水沢十字:勝負!

カッコイイですよね。銃使い同士が決闘。西部劇を彷彿とさせます。

パナ:「では。・・・・・・・よぉい、どん!!」(真顔)_
咲波八雲:「せぇぇぇいっ!!!!」
水沢十字:「はぁぁぁぁぁぁっ!」
咲波八雲:13DX+7@7 (コロコロ→16→ 23)
咲波八雲:まわらんなー
  水沢十字:10dx+3@7 (コロコロ→23→ 25)

臼川ゆうよ:うわぁ、妖精の手してあげたい。
水沢十字:YES!
パナ:すげーかっこいい・・・
水沢十字:妖精の手したら女神使うぜ?(ニコリ
パナ:達成値の差2ってことはギリギリだね・・・か。

GM、ガッツポーズをするの巻

咲波八雲:「ふう」
咲波八雲:「どうやらあんたの弾丸は思ったほど錆び付いちゃいないようだな」
咲波八雲:「安心したぜ(;゜∀゜)=3」
水沢十字:「坊主に心配されるほど落ちぶれちゃいない」 言葉の割には、安心したような笑いを浮かべて
水沢十字:「……で、話はこれで終わりか?」_
咲波八雲:「あーー終わりだ!」
咲波八雲:「これで、安心してウチに帰れるぜ〜」
シア:「八雲君・・・!」とてとてとてとて。ぎゅっ。(腕に_

咲波八雲:「じゃあな!十字さん。次あったら坊主呼ばわり出来ないくらい強くなってるから、覚悟しといてくれよ!」_
水沢十字:「坊主!」 八雲くんへと向けて、飴玉が投げられる。オレンジ味。
水沢十字:「次の時は、俺を越えてみせろ!」_
咲波八雲:「ちぃっ ここは素直にもらっといてやるw」
咲波八雲:そうだな、飴玉あと二つもらえるかい?…シアとプランナーの分だ」_
水沢十字:今度はストロベリーとミント味のを。どっちにどっちを渡すかは八雲くん次第。
水沢十字:「んじゃな」 手を振って、八雲くんとは反対側に去っていきます。_
咲波八雲:では受け取った。
咲波八雲:「(ストロベリーはプランナーにやろうかなw)」
咲波八雲:「じゃあな、みんな〜縁があったら…いや、縁があるからまた会う事になるな…その時まで達者でな〜」
咲波八雲:では、シアと腕を組みつつ、夕日の河川敷を家路に就こう…_
シア:ぺこっと頭下げて八雲くんについてく。_
咲波八雲:こうして、なんやかんやで、八雲の日常は守られたのであった。めでたしめでたし…_
GM:シーンエンド、でいいかな?_
咲波八雲:ok〜
GM:では、シーンエンド。

前回PC1として、今回も色々とかっこいい台詞を言っていただきました。
何気に彼を絡ませることが少なかったのが少々心残り。ですが、サポートしていただきありがとうございました。
ゼノスとして、いつかまた十字と合間見えたらどうなることやら。


GM:というわけで慟哭の鼓動個別ED終了ー。
GM:この後にちょっと余談を入れるのですが、その前に経験点配布と行きます。
GM:Sロイス消耗したのってゆうよさんだけだと思うので……
GM:セッション終了  1点
GOODED  10点
他項目経験点   4点
E&Dロイス点 12点

侵蝕率
雨宮くん――   3点
他四人―――   5点

Sロイス所持
所持の場合――  5点

結果
咲波くん、御城さん、幾島さん
―――37点
雨宮くん
―――35点
臼川さん
―――32点

GM:ということになるでござる。経験点。
咲波八雲:十字とシアのロイスは守り切った!
GM:各自、これらをお納めくださいな。
臼川ゆうよ:ごちそうさまです。ありがとうございました!
咲波八雲:拝領
雨宮司:ありがとうございます。拝領いたします
GM:では、最後に余談行きます。各PC、登場自由。眠い方は離脱してオッケー。

ここから、PCに関係ないことなので「余談」と称してGMのわがままが行われます。

GM:<余談>
GM:事件から、一週間以上経ったある日。
GM:夕立が過ぎた空は紅色に染まり、一日の終わりを告げる暗闇へと近づいていって
GM:大地も、建物も、花も、人も、その紅色の光を浴びて
GM:今日と言う平和を感じ、明日と言う日常を生物はかみしめていた。

GM:白い壁がその光を浴びて紅色に彩られている教会がある。
GM:十字は、両手をそれぞれのポケットに入れて、そこに訪れていた。

水沢十字:教会に貼り付けられた十字架を見上げて、祈りを捧げるように目を閉じる。
水沢十字:『水沢十字』は会えないけれど、『秋原孝作』は会いたかった。だから
水沢十字:その思いを振り切るように、ただ目を閉じていた。

水沢十字:―――数分後。
水沢十字:目を開いて、十字は教会の出口へと歩いていく。
水沢十字:ポケットから飴玉を取り出して、口に含んで。

パナケイア:その教会の出入り口の蔭に、十字に背を向ける形で、一人の女神が立っている。
水沢十字:「……? いたのか、パナケイア」
水沢十字:いつものような表情を浮かべて、そちらを見やる十字。_

パナケイア:「??探し人が、いるのだ。……知らないか、ニンゲン。」
パナケイア:「妾を絶望の眠りから、覚まさせてくれた人間。
 妾を暗闇の氷棺から、助け出してくれた人間。

 気易く妾に触れるし、すぐ髪をぐしゃぐしゃにするし
 全然敬わないし、人に素直じゃないといいながら自分も意地っ張りで
 口は悪いし態度も悪い。そんな男を、探している」

パナケイア:「……彼にはどうやら大切な過去があって、それを思い出したらしい。
彼がその後どうやって生きるのか、実は妾は聞いてなくてな」

パナケイア:「一緒にいると約束してくれといっても、一度は拒まれてしまった。
次も拒まれるかもしれない。それが怖くて、こんなところにまで探しに来てしまったんだ」

パナケイア:「なあ、ニンゲン。水沢十字を……わたしの大事な人を、しっていますか。」
パナケイア:「もしも私が望んだら??かれは、まだ、わたしといっしょに生きてくれるでしょうか」

水沢十字:「……」
秋原孝作:「……二つ、聞いてもいいかな?」
パナケイア:「なんだ」
秋原孝作:「一つめ。貴女は今、その彼を信じているのかい? いっしょに生きてくれるって。
秋原孝作: 貴女の想像する彼で言ってくれていい」_
パナケイア:「……信じる」
パナケイア:「……信じないわけが、ない。……信じることを教えてくれたのは、十字だもの」
パナケイア:震える声で、噛みしめるように呟く。_

秋原孝作:「……二つ目。貴女にとって、彼はどのような存在だった?」_
パナケイア:「……きらきらした、やつだ」
パナケイア:「ちっぽけなくせに、きらきらしてた。そしてそのきらきらで、わたしの闇を照らしてくれたよ」
パナケイア:「……なんどでも、言える。大切な人。わたしの、一番、大切な人だ」
パナケイア:せきを切ったように、ぼろぼろ泣きながら、
パナケイア:「……っ、信じたいよ、でも……もしも、彼が水沢十字でないならば、もう、一緒にいてなんて望めない……!」
パナケイア:「だから、探してるんだ。ジュウジを。ジュウジ。どこにいるの、ジュウジ」
パナケイア:「………かえってきて……」小声で呟いて、その場でうずくまる_

臼川ゆうよ:18dx+16@9 (コロコロ→23→ 39)
臼川ゆうよ:「一ヶ月以上経っていても呼び出せる」
臼川ゆうよ:「秋原孝作の中に水華という少女が生きている限り」
臼川ゆうよ:「どうするの、死人はここに来るの」_

秋原孝作:「それは彼女が目を閉じて、願うかどうかだね」
秋原孝作:「絆は願えば形になる」
秋原孝作:「死者は何も語らない」
秋原孝作:「だから、彼女が『水沢十字』を願うなら、きっと彼は応えてくれるよ」
秋原孝作:「……女神も救われる。生命は等しく、救われぬものは無いからね」_
パナケイア:「………」かすかに、頷いて。聞こえるかどうかもわからないほどの声で。
パナケイア:「………あいたい。わたしをすくって、……十字。」泣きながら、言う。_
秋原孝作:目を閉じた女神を見て、一度息を吐いて。ゆうよに向けて言う。

????:「今ここに、幼馴染を救えなかった少年は死んだ。時を経て、彼は失われたから」
????:「『秋原孝作』という少年は、『黒沢水華』と共に天へと召された。ゆえに、今ここにいるのは――」
水沢十字:ポン、とパナケイアの頭に手をあてて、クシャクシャに髪を撫でて
水沢十字:「ただの、水沢十字っつー気紛れなエージェントだ」_
臼川ゆうよ:もう饅頭はいない_

パナケイア:「……馬鹿ものめ」_
パナケイア:女神の威厳もなにもない、ただ泣き笑いを浮かべた女の子の顔で、十字を見上げて。
パナケイア:「……約束して。一緒に、生きてくれるって」_
水沢十字:笑顔でそれに応えよう。
水沢十字:「……ああ、一緒に生きてやる。約束だ」_
パナケイア:「……っ十字!」がばっと立ちあがって、抱きつこう。
パナケイア:「ありがとう……生きて帰ってきてくれて。」_
水沢十字:手を回して、ポンポンと頭を撫でつつ
水沢十字:「おーおー、こんなにも泣き虫だったか? パナケイア」 笑いながらそう言うよw_
パナケイア:「……、馬鹿者」ちょっと拗ねて、もう一回笑うw_



パナケイア:・・・・このあたりで勘弁して?w
GM:りょーかいw
咲波八雲:GJ!!
GM:では、手を繋ぎながらパナケイアと十字は家に戻りました。
臼川ゆうよ:素敵劇場でした。
パナケイア:手が震えたwwwwwwww
咲波八雲:ドレスも届いたし!
GM:その手が、二人の絆を表すように、ぎゅっと繋がっていました……とさ。
GM:シーンエンド_

GMはまだまだいけるけど、ここでパナケイア側がダウン。
耐性の差はでかいでござる、にんにん


臼川ゆうよ:妖精使って25点分の特製ウェディングドレスなんだからな!
GM:というわけで余談含めて『慟哭の鼓動』終了! お疲れ様でした!
臼川ゆうよ:おつかれさまでしたー!
幾島神楽:お疲れ様でした!
咲波八雲:おつかれさまでした〜〜
雨宮司:お疲れ様でした〜
GM:経験点は先ほどの通りです。そして、本当に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
幾島神楽:本当調子にのってすいませんでしたwww
GM:これにて閉幕、後は反省会・雑談・感想話し合いなどに使ってください。
御城小鳥:御疲れ様でした〜
臼川ゆうよ:くうきよまなくてごめんねー!
幾島神楽:ううん、もう心臓ばくばくだった
幾島神楽:あれでよかったのだろうかwww
幾島神楽:ホント、もっといいロールがあったんじゃないかと小一時間…結局泣き落としになっちゃったwww
御城小鳥:感情で勝負!ってなるw
幾島神楽:これ公開されたらしぬるwww

はい、死んで下さい。リプレイにしちゃいました!
死なれて欲しくないけどね! パナケイアは貴方にしかできないと思ってるから!

以上を持ちまして、『慟哭の鼓動』リプレイは終了で御座います。
お客様におかれましては、忘れ物など御座いません様お気をつけてお帰り下さい。

PC1:咲波八雲くん   PL:一角さん
PC2:御城小鳥     PL:まっつん
PC3:雨宮司くん    PL:腐人さん
PC4:臼川ゆうよちゃん PL:クリムさん
PC5:幾島神楽さん   PL:アリノさん
GM:渉さん
パナケイア・本庄俊樹・ヒュギエイナ:アリノさん

リプレイ編集:まっつん
ツッコミ:渉
GMとして満足させていただきました。砂糖もごちそうさまでした。
参加者の皆様、サブマスのアリノさん、そして編集のまっつんさん。本当に、ありがとうございました。



そして、ここまで見てくださった皆様、本当にありがとうございました。