4月某日。桜が咲き誇り、世間では学校が始まり、出会いに心が躍っていた頃。

 IRCにてある会話がなされていた。

 あんなことになるとは思わずに・・・・・・。



rauメイドが空から降ってくる話しでしたっけ・・・(ぇ

コノシロ:そしてベランダに引っ掛かってる話ですな

ごん:だいたいあってる気がするw

渉:それ違うアルね。禁書違うアルねw

渉:あとまほろさんも勘弁アルね。違うかもしれないけれど。

コノシロ:じゃあナースさんが地面から生えてくるとかいかがだろう

渉:ごめんなさい分からないけれどもそれも勘弁してくださいw

ごん:あー、それもいいなあ……というか、うちの礼司でやらせてもらおうw

ナナオト:仕方ないなぁ、立ててあげy(ry

ごん:チャレンジャーあらわれたw

ナナオト:さて…元ネタを調べるかw

コノシロ:PC1:空からメイドさんが

コノシロ:PC2:ベランダにシスターが

コノシロ:PC3:地面からナースが生えてきた

コノシロ:PC4:ツンデレを釣上げた

コノシロ:PC5:壁を突き破ってゴリラがやってきた

コノシロ:でやってくれるんですよね!(ぇ

ナナオト:まて、PC5まてw

渉:……それ、合流できるんですか?

ごん:PC5も何気に美味しいなあw

rauゴリラは実はキュマピュアの美少女ですよね、そうですよね(ぇ

コノシロ:それはナナオトさん次第さ

渉:……美女と野獣ってセッションでそれ使えそうw>ゴリラがキュマピュアの美少女

クリム:美女が野獣・・・

コノシロ:そしてPC1は完全獣化すると美女になるのだった

渉:それ何かおかしいようなw

コノシロ:お湯被って女やパンダになれるんだから、完全獣化で女になってもおかしくはないはず!

コノシロ:・・・・・完全獣化でパンダっていいね

クリム:ありっすね

渉:戦闘形態が女性……なんか別の意味合いで捉えそう……

ごん:奴ら、一応クマの類だからなあ>パンダ

コノシロ:違うぞ!決してケンプファーじゃないからな!(ぇ

ナナオト:え?特別強襲用MSの事ですか?<ケンプファー

渉:そういえばそんなラノベがありましたね……w 言われないと思い出さなかった。

コノシロ:名前でなくて探してたのは秘密

コノシロ:特別強襲用SM嬢・・・・まぁ置いておこう

ナナオト:あれ?何かが…?

ごん:MS嬢の間違いですね、わかります。

渉:I・Sを思い出した……メカ+少女のものでw

ナナオト:とりあえず、空から降ってくるメイドとベランダにいるシスターと地面から生えるナースとつられるツンデレと壁を突き破るゴリラが出て来るシナリオを作ればいいんですね…?w

クリム:謎の美少女転校生も欲しいです><

コノシロ:メイドとシスターとナースとツンデレとゴリラが転校生なんですよ!

ナナオト:全部転校生…!?

コノシロ:じゃあゴリラだけ

ナナオト:えっ、全部ゴリラ

ごん:見知らぬゴリラが壁を突き破ってきて喧嘩になる→

ごん:翌日、学校でゴリラが転校生として発表されるの黄金パターンですな。

渉:……シナリオが組めるとは思えないコンセプトw

コノシロ:・・・いいよ、GMがいいならメイド服着たゴリラとかシスターなゴリラとかナース服なゴリラとかツンデレで幕ノ内張りのフルスイングしてくるゴリラとかゴリラオブゴリラを出せばいいよ!(ぇ

ナナオト:だめ、意味がわからないwwwww

rauシナリオロイスがメイドゴリラとかシスターゴリラとかツンデレゴリラとかゴリラオブゴリラとかになるんですね

コノシロ:沙耶の唄みたいだね!

ナナオト:ちょっとまとまり始めていた俺の中のシナリオ像が全壊したwwwゴリラwww腹筋返せww

ごん:ああ、そうか主人公が何らかのエフェクトせいで主人公の中で全てのものがゴリラとして映るのですな!

rau「俺はここで・・・メイドゴリラをSロイスに指定する!」とかそういうセリフがPC1から飛び出すわけですね

コノシロ:シナリオの舞台を女子高にするんだ!

コノシロ:・・・・したくねぇな(ぇ<Sロイス

クリム:沙耶の唄みたいなシナリオ・・・ステキ

ごん:YがGMで初期の頃やりましたな……まあ、私、沙耶の歌未プレイなんですけれどもw

rauまぁSロイスにしちゃったらタイタスにして即昇華するしかないですね。そして昇華することでゴリラ筋を得たPC1が悪のラスゴリを倒すとかそういう展開へと(ぉ

コノシロ:聖ゴリラ女学院に転入してくるPC(野郎共は女装)・・・・・

コノシロ:なんだって!やっちゃったのか!

クリム:ゆゆー、ざんねん

ナナオト:いいですよ!作りますよ!皆さん参加して下さいねッ!?www

rau女装というか・・・ゴリラ装?

クリム:キャンペーンなら出来ます!!

ごん:じゃあ、僕観客Aあるいはトループの中の一人で参加します!

コノシロ:じゃあ俺シナリオロイスでだけ登場する!(ぇ

rauじゃぁ俺メイドゴリラやる!(マテ

渉:俺エキストラやらせてくださいw

ナナオト:お前らヤダwwww



 ・・・・・・実に馬鹿である(特に俺)。だが、これでセッションが出来てしまうのだから恐ろしい。

 打ち合せBBSにて募集が行われ、六人のプレイヤーが集まった。

 そして五月・・・・・・。



冶宵:こっちでもこんばんはー

相良:同じくこんばんわー

甘音:こーんばんは

ユウ:こんばんはー

冶宵:こんばんはー

GM:こんばんはー。

GM:さて。

   らうさんと風和さんも、IRCにいるところ見ると全員揃ってるのかな?

   IRCからよんできますです。

甘音:あいあいさー

けんがく:おじゃましまーす

甘音:らっしゃーい

冶宵:こんばんはー

日野:こんばんはーですー

風和:こんばんはー

甘音:ばんはー

GM:うっし、らうさんも風和さんもこんばんはです。

   全員揃ったようなのでぼちぼちはじめていきますよ〜。

冶宵:できた。よろしくおねがいしますー

ユウ:あーい。前使ってた絵がなくなってた…残念

甘音:あーい、よろしくお願いしやす!

甘音:描くんだジョー!

日野:よろしくおねがいしますー

ユウ:こ、古墳を?古墳を描けばいいの!?

相良:よろしくですー

ユウ:よろしくおねがいしますー

GM:さて、と。最初にちょろっと。

   今回、セッションの成立過程を知っている方はご存知の通りの、セッションです。

   なので、がやがやとやっていきます。

   発言に制限はかけません。

   見学者さんもPLもアレならNPCのっとっちゃってください。

   負けないようにGMも感張りますのでw

日野:よーしどんどんかき混ぜていこう(ぉ

甘音:しゃー!いくぜー!

冶宵:冶宵、頑張ってついてきてね(ぇ

ユウ:がんばってカオスを高めます

鳥島:みんながんばれー(そんな)

冶宵:やっぱり吸ってるんですねww

甘音:当タリ前ジャン

けんがく:ぱちぱちぱち

相良:ひゃっはー!

GM:よっし、とりあえず、プリプレイ。

   最初にPC間ロイスを結んでしまうよ!

   ぶっちゃけ、全員知り合いでも問題ないかな?とか思ってるけど、一応ルールには在る程度従うよ!!!

GM:あ、その前に自己紹介だw

甘音:俺がGMだ嘘ですごめんなさい


   ジャブでご挨拶するのがボクシング界のお約束である。


GM:自己紹介した後、PC間ロイス結んでいくよ!

GM:というわけで、PC1から適当に自己紹介どうぞ!

相良:はーい



PC1 相良辰

推奨ワークス/カヴァー:UGN関係者
シナリオロイス:ヤンデレゴリラ
推奨感情 P:なし/N:殺意
推奨性別:男
君の所属する○市の支部長は切れ者であった。そう、過去形だ。
今やデートの写メを見せてくるクソ支b・・・失礼、噛んだ。
そんな彼から一つの仕事が来た。
「転校した彼女の様子を見に行ってもらいたい」
短い言葉であったが、あなたの心の奥にドス黒い感情を生み出すのには十分であった。
その名は殺意というらしい。だが、待って欲しい。
確か転校先は女子高……それもカトリック系ミッションスクールである聖グラティマ女学院ではなかったか・・・?


その夜……?



相良:「支部長の都合で転校・・・って何でだー!?」

    今回女装をする羽目になる相良辰(さがらしん)です。

    シンドロームはブラックドック/キュマイラ/エンジェルハイロゥ。

    主に接近戦が得意というかそれしかできませんがよろしくお願いします。PLはYです。


    ということでやってきました今回の中心人物。

    いろんな意味で酷い事になった。そして俺は今までさがらたつだと思ってた。

    PLは管理人の一人である卑Yさん。

    本人からの一言 「くびれが・・・こう・・・(手でカーブを表現)



相良:んで、GMがトイレいってるので、お次お願いしますw

冶宵:はーぃ


PC2 神無咲冶宵

推奨ワークス/カヴァー:高校生
シナリオロイス:雛柿京子
推奨感情 P:友情/N:なし
推奨性別:女
君は聖グラティマ女学院の生徒としてなんらかの理由で潜んでいる。
理由は君が決めていい。
いつものようにお弁当の袋を開けていると友人の雛柿京子が話しかけてきた。
心配性な彼女のことだ、どうせ些細なことだろう。そう思っていた。
「なんだか外からの視線がおかしいの・・・」
そういえば、前までは神を見ているような視線だったのが、最近では檻の中の動物を見ているような視線に変わっていた。
これでは美少女たる私も腐ってしまう。
いっちょ一肌脱いであげましょう。



冶宵:「わたくしまで腐るわけには参りませんわ…! 全ての乙女の代表として!!」

    何故か紅一点らしいですこのセッション、神無咲冶宵(かみなざきやよい)と申しますー。

    元々学園都市で特別風紀委員なんてしてますが、学校間交流とか交換学生とかでどうやら今は女学院通いをしているようですねw

    ソラリス/ノイマン/オルクスの純補助の人です。一度に手助けできる人数は3人なので今どうしようかと思ってますww

    よろしくお願いしますー<(_ _)>   ぁ、PLは水ですにゃー



    今回の紅一点。だが春日恭二を足蹴にして、乙女の代表というのはどういうことだろう。

    被害者の会所属。

    PLは三大可愛い人の一人、プリンセス水さん。

    本人からの一言 「支援の振りして呪いました


冶宵:以上で!( ・∀・)/

相良:お次ユウさんですなー。

ユウ:はーい


PC3 ユウ

推奨ワークス/カヴァー:指定なし
シナリオロイス:シスターゴリラ
推奨感情 P:なし/N:殺意


目を疑った君は正しい。
誰だってそーする。俺もそーする。
ベランダにゴリラが引っかかってて動揺しない人間の方が少ない。
それも修道服を着た。
唖然とする君の目の前、ぎしり、と柵がきしんだ。



ユウ:「…僕は幻覚を見ているんだろうか、レネゲイドビーイングも幻覚を見るのかな?」

    今回ベランダにひっかかっているゴリラを発見するユウです。

    エグザイル/ハヌマーンの接近戦係。

    年齢性別外見不詳ですが多分今回は男子高校生だよ!

    PCPL共に今がおもしろければそれでいいと思ってる!あ、PLはまつもとです。



    多分今回で一番まともだった人。Sだけど。レネビだけど。

          対岸の火事所属。

    PLはまっつんさんではないまつもとさん。

    本人からの一言 「それを眺めてるね☆」



ユウ:以上です、よろしくお願いしまーす

相良:お次蒼太さんですー。

鳥島:はーい



PC4 鳥島蒼太

推奨ワークス/カヴァー:特になし
シナリオロイス:メイドゴリラ
推奨感情 P:友情/N:なし
さて、いきなりだが君の友達にPC1という男がいる。
見ていて飽きない男であるが、今日も今日とて面白い事に巻き込まれているようだ。
おや、全力疾走でこちらに走ってくるのはその人ではないか。
「おい!お前も一緒に来い!」
・・・ああ、そういえばいつも俺も騒動に巻き込まれるのが日常ではないか。
襟首を掴まれ引きずられながらそう思考する。
今日はどんな厄介ごとに巻き込まれるのだろうか・・・。



鳥島:「ふむ、今日も見事に巻き込まれてる……のは俺様だと?馬鹿な、ちょ、離せえええ」

    下準備を何もしてこなかったので、行き当たりばったりでキャラ性が決まりそうな恐ろしい流です。

    鳥島蒼(とりしま そうた)、好みの女性のタイプは大和撫子。シンドロームはピュアオルクス。

    とりあえず妨害エフェクト詰め込んだつもりが、実用性があるのはカバーっぽいというオチです。

    Pはまだまだ初心者の風和です。どうかお手柔らかに!



    今回の俺様代表。彼もSである。

    どちらかというと加害者の会兼ツンデレ評議会所属

    PLは三大可愛い人の一人、あなたの色に染まる風和さん

    本人からの一言 「とっしー女の子だからよろこばないよ!?



鳥島:以上ですー(ぺこ)

相良:GMが帰ってきたみたいなんで進行交代しまーすw

GM:はい、突如の腹痛がゆえ、YにGM業をおしつけてトイレへ駆け込んでたごんです。

   お次らうさんは、日野豊さんお願いしますです。

日野:ういさー



PC5 日野豊

推奨ワークス/カヴァー:特になし
シナリオロイス:ゴリラ持参


久しぶりの休暇だったのだ。
君は趣味か、気紛れか……とかく、釣りに行くことにする。
そんな風に糸をたらし半刻。


……ゴリラが釣れた。



日野:「風の向くまま気の向くまま、今日はどこへ行ってみようかの〜。・・・と思ったけどやっぱり天気がいいから昼寝でもしてようかのう」

    日野 豊(ひの ゆたか) 。 

    サラマンダー/ハヌマーン/ソラリスのトライブリード

    変な爺さんです。わりと軽めです。

    あとは特に決まってません!なので以上!(ぉ



    今回の最年長。爺さん無理すんな、と言ってあげたい。もっとやれ。

    被害者の会所属。恋文ペン字の希望は本人から飛んできた。

    PLはカオスティックツートップの一柱、rauさん

    本人からの一言 「よかろう、露出色気キャラはいただいた!



GM:うい、ありがとうです。

日野:あ、ちなみに73歳の爺さんです

GM:了解です〜。

   文句なしの最高年齢ですなw

   そしたら、ラストにフリーダムファイター甘音さん、お願いします!



PC6 甘音幕僚


ハンドアウト持参。



甘音幕僚:「つぅことで・・・・あぁー何、何しゃべりゃいいんだよ」

       「自己紹介っつぅのもめんどくせぇ。学園都市特別風紀委員所属、甘音幕僚だ」

       「・・・・・あん?まだ言わなきゃなんねぇのか?ああ、はいはい。シンドロームはバロール/サラマンダー。破壊特化型らしい」

       「今回のこともめんどくせぇ・・・・仕事つってもなんであそこに帰らねぇとなんねぇんだよ・・・・ガチでめんどくせぇ・・・」

       えーはい、ということで固定値50を装甲無視でばら撒く破壊特化型でございます。

       にこちんまいすたーってくらいかなー面倒臭がりの。



       暴君だったり、あまねりおだったり、コノシロンだったりする物体。暴れっぷりは本編参照。

       加害者の会総本山。

       PLは編集者でもあるコノシロ。

       本人からの一言 「で、小学生の太ももはヤバイと思うんだ



GMはーい。ありがとうございました。

    最後にGMは私ごんが勤めます。

    短い時間では御座いますが、皆様と楽しい時間を共有していきたいと思います!


    最近ジャーム化したという噂を聞くお方。でも、参加者全員がシャームじゃないかという疑問はスルーアウェイ。

    もう一人の管理人でもあるごんさん。

    本人からの一言 「(※無茶振りにより情報がいろいろと更新されました。



GM:というわけで、PC間ロイスどうぞ〜!

   PC1から降順で結んでいくよ!

相良( コロコロ → 好意 / 不快感)

甘音:そこは純愛振ろうよ(ぇ

相良:ダイス力なくてごめんw

冶宵:あぁ、そうか、まだ支部長をキレ者だと思い込んでるから…(ぇぇ

GM:不快感ってのも〜。

    あれか、あんまり他の女と一緒にいると後ろから梅ちゃんに刺されそうなのかw

GM:とかく、次!

    PC2どぞー。

冶宵( コロコロ → ○有為 / 食傷)

ユウ:食傷・・・だと・・・

冶宵:使える …と。まぁひっそり思うのは冶宵らしいです(’ ’

GM:なんだか、皆さんの関係が仄かに暗いよ!

GM:とかく、次だPC3!

ユウ( コロコロ → 感服 / 敵愾心)

鳥島:wwww

ユウ:ライバルっぽいよ!w

冶宵:今日どうしたのーw

相良:黒いw

甘音:カオスだからかな・・・w

GM:真っ黒だよ!どうしようもなく真っ黒だよ!

    次、蒼太くん、どうぞ!

背景(ア):(凄い人数ですねwお言葉に甘えてアリノ参上です)

相良:あ、ダイスボットを変更するといいですよー。

鳥島:ダブルクロス選択するの忘れてましたーw ( コロコロ → ○有為 / 猜疑心)

冶宵:みんなひどぃw

日野:まぁ怪しいわな

ユウ:やっぱ黒いwww

GM:やっぱりまっくろだよ! おじいさん相手なのに!

鳥島立ってるものは老人でも使え(しかし胡散臭いなあ)

日野:老体に鞭打てというのね!

甘音:釘でもいいよ

GM:次、日野さん、老人の人の良さを見せて!

日野:今まであってきたヒドイ目に比べれば甘音くんなんてへのかっぱよー ( コロコロ → ○執着 / 憎悪)

甘音:憎悪www

日野おのれあまねええええええええええええええええ

甘音だまれじじいいいいいいいいいw

ユウ:wwwww

GM:……執着の方が若干怖いよ!

冶宵:えぇぇぇぇwww

日野:憎くて憎くてしょうがない。会ったらそく殴ってやる!

相良:なんだこれwwww

GM:次、甘音くん、どうぞ!

甘音GMに取ればいいんだな! ( コロコロ → 親近感 / 隔意)

冶宵GMに隔意ですかww

GM:やばい、私、隔意もたれてる?w

相良:GMに隔意wwwww

ユウ:隔意かぁwww

冶宵:間違ってないけどw

GM:相良君に。 ( コロコロ → ○連帯感 / 憎悪)

甘音:憎悪wwww

日野:さぁPC間は敵ばっかりだ

ユウ:ひどいwww

鳥島:大丈夫、ちゃんと使えるおじーさんだと思ってるw

日野:あとGMは相良くんの中の人を憎くて憎くてしょうがないと思ってるんですね(違

相良:wwwwww

鳥島GMwwww

相良:GM=支部長か。そうか、憎くてこんな仕打ちを!

ユウ:つまり今回相良君がひどい目にあわされるわけですねわかります

相良:(mjsk

甘音:だから女装か!繋がったぜ!

GM:さて、そんなジョークはともかく。

    プリプレイでやっておくことはコレで終わりかな?

    ボチボチ、本編に入っていくよ!

鳥島:しかしポジが連帯責任制を表していると

冶宵:なるほど!  よし、カモンです!!

甘音:おうよ!

相良:かまーん

鳥島:おっけーです!

ユウ:はーい



「お酒は?」

「飲みません。現実から逃避する必要がないので……」

「私も現実には満足してますが、うまい酒は現実の一部ですよ」

 ——映画『ピンクパンサー』より

いつだって、空想の世界は優しい。

だから空想の世界に逃げてはいけない……なんてのは嘘だ。

空想が楽しくて、優しいこと自体は紛れも無く現実だ。

……それに。



 ——知らなかったのか……? 現実からは逃げられない……!!!——


ダブルクロス The 3rd EditionAnti the Fantastic World! 〜 乙女と、ゴリラと、カオスの楽園へ、ようこそ!』





GM:さて、オープニングフェイズはらうさんから入っていきます。

甘音:シーン名:甘音殺害計画


GMオープニングフェイズ01——シーンプレイヤー:日野豊


GM:まずは侵食値をどうぞ。

日野:にくい、あいつがにくい・・・ワシの残りの人生全てを賭けてもヤツを葬らねばオチオチお迎えにもきてもらえん!(ぇ ( コロコロ → 6 → 38)

日野:なんだ10じゃないのか。あんだけ文字打ったのに(ぉ

GM:うい、んじゃあ、とある日。

    君は釣りに出かけるよ〜。

    あ、したいことあったらつりじゃなくてもいいですがw

日野:というわけで釣りしてます。池にむかって竿を垂らしてのんびり〜

日野:「ふぅ・・・こうしているとヤツのことなんかどうでもよくなるのう」ぼけー

日野:「釣りはええのー。こうやってテキトーな手製の竿でも池に向かって投げてぼんやりしておればそれで気が紛れるわい」

日野:そのへんの小枝にてきとーにタコ糸を結びつけていけに投げてます

GM:そんなことをしていると大物の気配……

    これはあなたが現役のアングラーだったころの……

    最大級の獲物より引きが強い!

日野:「ぬぉ!なんじゃこれは・・・!まさかこんなテキトーな竿に獲物がかかるとは・・・!ありがたく晩飯にしてくれるわー!」ぐぃーんと釣り上げる

鳥島:肉体判定5以下でぎっくり腰に! とか言いませんがw

日野:「くっ・・・重くて持ち上がらん・・・!なんとデカい獲物じゃ・・・!」

GM:そしたらゴリラが……ゴリラがつれる。

    ぐったりとしたゴリラが。

    枝の竿がぎしぎしときしむ……

GM:ぎっくり腰判定はしたければどうぞw

日野:「しかし、ワシとて小さい頃は素手掴みのゆたかっちゃんと呼ばれたほどなのじゃ!こうなったら素手で掴み取りしてくれるわーい!」

日野:素手でぐわしー

GM:あと、そのゴリラは君の目にはどんなゴリラに映るだろう?

   (ゴリラ持参だしね)

日野手のひらサイズのゴリラで(ぇ

GM:素手でぐわしっと掴み上げると、ゴリラが!

甘音吐いた

ゴリラ:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッ」

GM:おお、なるほど!

    んじゃあ、引きは強く、重たいが、小さなゴリラがつれた。

    上記の如くウッっていってるねw

日野:「な、なんじゃこれは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とりあえず、釣り上げた(掴みあげた)やつはキャッチアンドリリースが基本じゃよな。ほーれ家におかえりー」 池にぼちゃんとかえして現実逃避(マテ

日野:池にぼちゃんと返したとおもったらそれは同じくらいの大きさの石だったということで(ぉ

GM:ざんねん! まだ、釣り糸が引っかかってる!

    びよ〜〜んと戻ってくるよ!

ゴリラ:「ウッ・・・・・・・ウホゥ!」<戻ってきた

日野:「なんという執念!

日野:「しかしわしもゴリラに手玉に取られたとあっては笑いものにされる!ここはなんとしても池にかえってもらうぞ!ワシの心の平安のためにも!ゴリラを釣り上げたなんて言っても誰も信じてくれんじゃろうし!」(爆)

GM:戻ってきたゴリラは、ぐったりした様子で君の肩を掴むよ!

日野:そしてゴリラと爺さんの熱き死闘が始まる・・・と思ったら抱きつかれた!

ゴリラ:(ぐわしッッッ)

ゴリラ:「ウッホ・・・ウホッ・・・・ヒィヒィ」

GM:その目は真摯だ。

    投げ返されたことに若干の恨みがあるかもしれないが。

    その目は君に救いを求めているように見える!

日野:「くぅ・・!身動きができん!ワシをどうするつもりじゃ!このままサバオリでもしようというのか!」

ゴリラ:(たすけてビームをしきりに目からキラキラ出しています

ゴリラ.+:(*'`*).+:。ポッ

日野:「はっ・・・おぬしの目・・・なんと澄んだ目をしているんじゃ・・・」

日野:「そ、そんな目でワシを見つめるでない・・・。憎悪ですさみきったワシの心にはおぬしの澄んだ目が痛いのじゃ・・・」(ぉ

GM(そんな憎悪に心を乱されないで。

    おじいさん。

    困っている僕の友達を助けて欲しいんだ。)

    そんな視線会話

日野:「おぬしは・・・ワシに憎しみのむなしさを教えるために遣わされた救い主なのやもしれんのう・・・」

日野:目で語りかけられてる!(爆)

日野:「なに、ワシの助けが欲しいとな?」

ゴリラ:「ウホ(Yes)」 大きくうなづくゴリラ。

BGM:(♪目ッと、目ーで、つーじあう

日野:「憎しみのむなしさを教えてくれたおぬしの願いじゃ。聞き届けんときっとバチがあたるな」

日野:「よし、ワシでよければ力になるぞ。こう見えてもワシはけっこう頼りになるんじゃぞ!」

甘音ゴリラはニヤリと笑った

日野:そして右手を差し出し、ゴリラとグっと熱き拳の抱擁を交わす

GM:抱擁の後。

    (ありがとう、おじいさん、こっちだよ!)

    視線会話しつつ。

    ゴリラは疲れた体を引きずって、おじいさんを先導する。

日野:そしてコノシロさんへのネガティブ感情を変更します(マテ

甘音:ヨシコイヤー

日野:違う、甘音くんへの感情だった

GM:このタイミングでのゴリラの怪しい笑みはなんなのだろう!www

GM:あ、いいよ〜wwww

日野:じゃぁまた振ってみよう

日野:ネガティブだけ適用 ( コロコロ → 恐怖)


   ゴリラに教えてもらったのは恐怖であった。


ユウ:おいwwww

日野やめて甘音ええええええええええええええええええ

GM:おお、良い感じのがw

冶宵:恐怖ww

鳥島:アニマルセラピーの威力w

甘音:・・・・・憎悪を超えたら恐怖にいきついたwwwww

ゴリラ:ウホホイwwww

GM:協力してあげたいけど、裏では恐怖しているからなんですな。

ユウ:ゴリラセラピーによって落ち着いて考えてみたらめっちゃ怖かったんだね!

日野:そういうことで!

GM:んまあ、そんなこんなで、そろそろOPでやるべきは終了なんで

    フリー(ダム)タイムはさんで終了するよ!

日野:あいさー

甘音まぁ出会い頭に最大火力ぶち込まれたら怖いですよね

日野やめてあまねええええええええええ

日野:あ、ほんじゃゴリラへの感情を

GM:ういー。

日野:やっぱりランダム ( コロコロ → ○遺志 / 憐憫)

冶宵Σ

GM:死ぬことが確定しました!?

鳥島:一匹目のゴリラの遺志を継いで

鳥島二匹目が現れた

日野ヤツの遺した志はワシが受け継いだ!

相良:かわいそうにwww

ゴリラ:;;

甘音かかってこいや!(ぇ<遺志

冶宵:原因貴方ですかー!?w

GM:こう、あれですな。

    FF7のケット・シー<二匹目

ゴリラ:・・・ホロリ

GM:とかく、そんなところで大丈夫かな?w

日野:うい(笑)

甘音ゴリラで火消しちゃってさ・・・・

日野おそらく甘音くんに燃やし尽くされたんじゃろう・・・おのれあまねえええええええええええええええ

冶宵:憎悪再びww

日野で、また憎悪に戻ると(ぇ


   ゴリラセラピーはどうした。


GM:は〜い。

そういうことで、ミニゴリラのロイスを日野さんが取ったところでシーン閉めますー。

GM:さて、こっからはPC順に行くよ!

冶宵:はーぃ

甘音:あーいさー

GM:でも、いきなりPC順とか言ってるのを多分ひっくり返すよ!(

GM:という訳で。

甘音:日野爺はもう一回するんですよね

GMオープニングフェイズ02:シーンプレイヤー——相良辰


GM:まずは侵食率をどうぞ。

相良:女装だとぉぉぉぉ!?( コロコロ → 10 → 43 )

相良:(よっぽど嫌だったらしい)

甘音女装でレネゲイトが滾っている!

ユウ:え、女装に向けて気合が入っているんだとばかり

甘音:恨むなら俺を恨むが良い!(ぇ

GM:さて、このぶっとんだ支部長やりたい人いる?

甘音:ノ

冶宵:まぁ、そんなご趣味が……  って言ったら不快な女になるだろうか(ぇ


   きっと泣きながら喜んでくれるよ。


日野:違うよ、女装した自分に興奮してるんだよ。惚れそうなほど美人だかr(ry

相良:(ぎょろぎょろ)支部長はどこじゃ〜>

GM:じゃあ、適度にどうぞ!w

日野:さすが支部長をさせたら日本一の甘音くんの中の人だ(ぉ

GM:やりやすいようにシーンの冒頭だけ。

相良:(どきがむねむね)

GM:相良君が支部長室に呼び出されました。

GM:窓の外を眺めている支部長。

    逆光となっている支部長が振り向きます。

    さあ、支部長の発言からどうぞ!

しぶちょー:「やぁよく着てくれたね、相良君。そんなに俺の彼女を拝みたいとな!いいだろういいだろう、よく目に焼き付けておけ!

相良:「てっめぇぇぇぇぇ糞しぶちょぉぉぉ!また彼女の話かよ!」

しぶちょー:「あの輝くような黒い瞳。流れるような黒髪!ふふふ、正直溜まらん・・・・。うむ、俺の彼女は最高だ!おっと、だが君には勿体無いから我慢してくれたまえ!」

しぶちょー:「当たり前だろう!彼女の事なら何時間話しても足りん!」

相良:「毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回・・・!俺が!自分の彼女と会う時間!減らして!支部に!来てるって・・・!」

相良:「わかってるだろぉぉがぁぁぁぁぁ!(吼えた)

しぶちょー:「わかっているがそれがどうかしたのかい?だって話したいじゃん!だって俺の彼女だぞ?美しい女神のような彼女だぞ!」

相良:「俺にだって話せろよ!ああ、もう今日こそ頭来たね!俺の彼女の方がぜってぇかわいいね!間違いないね!(机バン!)」

しぶちょー:「いいや!私の彼女の方が可愛いね!美人だね!女神だね!いいよ、それなら仕事やるから行って見てこいや!実物見りゃ君も納得するはずだ!(机ババン!」

相良:「あー!上等だ!この目でしっかり見てきてやるよ!でも絶対俺の彼女の方が可愛いね!!その上でテメェに勝利宣言してやる!!(顔ずずいっ!!)」

しぶちょー:「おー言ってくれちゃったな相良君!ならば敗北という二文字を君の脳裏に刻んであげよう!これがその書類だ!しっかり拝んでこいや!(書類バン」

相良:「(書類ブン取り)吐いた唾飲むなよ!?絶対だかんな!!(大股闊歩で出て行く)」

しぶちょー:「男に二言はない!・・・・ああ、そうだ相良君(真顔になり」

しぶちょー:ごんさん二人じゃないよ

鳥島:(噴いた)

相良:「(立ち止まってぐるん、とすごい形相で振り向く)なんだよ!?」

しぶちょー:「いくら女神のような俺の彼女だからと言って手を出すなよ触れるなよ。やったら君に関わった全ての人を焼き払う。どんな手段を用いてもやり遂げよう

相良辰:「て、ててててて、てめぇ・・・!言うに事欠いて・・・!」

しぶちょー:「・・・・まさか手を出すつもりだったのか!焼き払うぞ!」

相良:「俺は生涯梅一筋だ!なめんじゃねぇ!!!」

隣で聞いてる秘書:(全く・・・これで仕事が出来ない人でしたら、貴方が焼却処分ですよ)

             (ぁ〜・・・人事部に配置換え頼もうかしら・・・。)頭痛薬常備の24歳独身

しぶちょー:「私の女神だぞ?彼女の美に触れれば君もわかるよ・・・・(フッ」

相良:「(ブチッッッッ)テメェは・・・彼女の心配するのか自慢すんのかどっちかにしやがれよ!い・い・か・げ・ん!!」

しぶちょー:「私の彼女だぞ!可愛すぎて心配に決まってるんだろう!もういつ狼に襲われるか心配で心配でたまらないに決まってるだろう!支部長でなければ俺が乗り込んでるに決まってるだろう!」

GM(楽しいけど、そろそろ、支部長室を出ようねwwww)

隣で聞いてる秘書:(はぁ・・・相良くんも好い加減、しぶちょーの扱いを覚えてもらわないと・・・。)

             (フォローしないといけないこっちの身にもなってよねぇ・・・ブツブツ)肌荒れと枝毛を気にしつつ、待機中

しぶちょー:ソウダッタネ

しぶちょー:「よし、行って来い相良ぁ!あと写メ忘れんなよ!一時間に一枚だからな!

相良:「ああああああああああ!(頭掻き毟って)もう話になんねぇ!!!さっさと行ってさっさと帰ってくる!!そして梅とデートするんだぁぁぁぁ!(叫んで扉ばたーん!すたこらーっしゅ!)」

相良:「写メなんざ知るかぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!」


   全てが全て魂の叫びであった。


GM:まあ、皆さん、こんくらいやってくださって結構ですよ〜。

ちゃんと、時間見て、今みたいに突っ込みいれますからw

しぶちょー:「給料減らすぞテメェェェェェェェェェェェェ!?」

隣で聞いてる秘書:(そろそろいいかなぁ?)

ガチャリ「しぶちょー、貴方に採決して頂かないといけない案件がいくつか着ております。」

秘書:(満面の笑顔で)「とっとと仕事しやがらないと、貴方の女神の写真を全て焼却処分するぞ?

しぶちょー:「は、申し訳ありません。勘弁していただきたい

GM:弱いwwwww

冶宵:流石だwww

秘書:「きりきり働く!彼女のメールアドレスを抑えてある事を忘れないように、仕事はきちんとお願いしますねぇ?」

しぶちょー:「イエスマム!」

秘書:(さぼる=彼女へ報告)

GM:さて、相良君のOPはまだまだ続くよ!

なんたってシナリオロイスがまだ出てきてないしね!

相良:あ、しぶちょーにP:親近感/○N:殺意とっときます(ぇー

GM:うい、いいよ〜w

GM:さて、とかくその日の夜。

君が眠りこけている頃、事件が起こる……

相良:なんだ!?なにがくる!?

GMきしむ壁、唸る轟音……そして……

GM……そうして相良の自宅の壁が破壊される!

轟音。ソニックブームと共に鉄筋コンクリートの壁を打ち抜いた左正拳突。

息吹。その呼吸は生と死を生きるものの生き様を伝える。

そして……右手に握られたそのナイフ!

飛び起きた君は確信する。

こいつは……

こいつは……


こいつは愛するもののために、三千世界の泥棒猫を殺しつくす!

そう……

ヤンデレゴリラだ……ッ!

ユウ:意味がわからないwwww


   このセッションに意味を求めてはいけない。


相良:「な、なんでだぁぁぁぁぁぁ!?」

ヤリラ:「ウホ・・・・・・・ウホホホホホホホホホ」

GM:ヤンデレゴリラ、略してヤリラは君に襲いかかるよ!

相良:おう、取っ組み合うよ!

日野:ヤリラwwwww

GM:んじゃあ、取っ組み合うとなかなか強い!

ぶっちゃけ、時と場合によってはボスデータになっちゃうくらい強い!

(入れたきゃ、戦闘演出入れていいよ〜)

ヤリラヤリラといえど、ゴリラの一種には違いない。圧倒的な力・パワー・ストレングスで襲い掛かってくる

ナレーション:組み合った瞬間、悟る・・・野生の力の恐ろしさを・・・

ナレーション有り余る力ヤンデレ力に、君の背に戦慄が走る・・・

相良OPから戦闘してたまるかー!

    思いっきり押し負けて地面にごろごろ転がる!

日野:このままでは・・・ヤンデレられる

ヤリラ:「ウフフホホホ」 ゆっくりと近づくヤリラ

相良:んで、ごろごろ転がって何とか距離を取って・・・

ヤリラ握りしめすぎたナイフは使い物にならず、ただ己の拳を信じ、ヤリラはただ振り下ろす

ナレーションOPからヤリラにマウントポジションを狙われるPC1

GM(そう、ソレで正しい!www>ヤリラナイフ)

相良:「・・・無理!こんなん無理だから!?」形振り構わず一目散に脱兎!!

相良:「ていうか何でだ!?何でだぁぁぁ!?」

ナレーション:ヤリラの瞳に映るのは・・・狂気!本能を超えた所の深淵の闇がソコに見えた・・・気がしたw

ヤリラ:「ウホ・・・・ウホウホウホウホウホホホゥ!」

GM:んじゃあ、一目散に脱兎したところで、ひとまずシーン切れたような扱いにするよ!

相良:らじゃー!

相良:(ぜぇはぁ

GM:さて。

GM:ここでちょっと特殊ルール説明。

GM:特殊ルール説明。

・今後、相良君には登場判定と共に目標8の知覚判定をしてもらいます。

・失敗すると、ヤンデレゴリラが現れます。どこにいようと。

・その場合、そのシーン内で情報収集、調達判定不可とします。

・なお、ヤンデレゴリラを撃退した場合、情報収集、調達判定はできるようになります。

・ですが、次のシーンで知覚判定に失敗するとまた現れます。

・以上、全ての理由をGMは『ヤンデレだからしょうがないよね☆』で片付けます。(重要)

ヤリラ:うん、仕方ないね

ユウ:うん、仕方ない

ナレーション:まあヤンデレなら仕方がない

ゴリラ:それはヤンデレなのか?

相良:俺なんか掻っ捌いても中に誰もいるわけないよ!?


   Nice Boat


冶宵Σゴリラさんが突っ込みを!(何

GM:いや、ぶっちゃけバイオ2の実況見てて思いついた(

GM:さて、そんなこんなで。次のオープニング行きます。

GM:あ、シナリオロイスへの感情は皆さんの好きにしてねw

甘音:あーい

冶宵:はーぃ( ・ ・)/


GMオープニングフェイズ03:シーンプレイヤー——神無咲冶宵


GM:まずは侵食率をどうぞー。

冶宵( コロコロ → 7 → 46 )

冶宵:微妙すぎて反応すら出てこない。( ..)φ

GM:うい、んじゃあ、冒頭のようなシーンです。

GM:雛柿京子やりたい人いる〜?

GM:冒頭じゃないな、ハンドアウトのようなシーンです。

冶宵:つまり冶宵があぁ幸せ面倒事を押し付けられない環境ですわと油断して羽を伸ばしているところに雛柿嬢がくるのですね!

GM:うし、いないようなのでさくさく進めていくよ!

GM:そうですな!

GM:さて、君は何をしている?

甘音首が曲がっていてよ、と

鳥島お前はもう死んでいる!?

ユウ:く・・・び?

相良:猟奇wwwww

冶宵:鳴らないケータイに幸せを噛み締めてま……首!?w

GM:んまあ、とかくwwww

   君が幸せをかみ締めているとコンコンとドアをノックする音が聞こえるよ。

日野:ケータイを見つめててたらメールがきて、それを開けてみるとくびが曲がってる写メが・・・

効果音:(コンコン)

冶宵:それと同時にノックの音! 怖すぎる!!

効果音:(コンコンコン、コンコンコン、コンコンコンコンコンコンコン♪)

冶宵:「ひッ!?  ……な…! だ、誰ですの!?」  投げ捨てたケータイが 床にぶつかりましたよ!

ユウ:そして設定した覚えのない着信音が鳴るんだね

効果音:(コココンコココンコココンコン♪)

甘音じゃあそれは甘音君からのうっかり爺さんにぶっ放したらこうなったんだけどどうしようメールということで<首が曲がっている写メ

日野やめてあまねえええええええええええええ

BGM:(あなたにーあいたくてーあいたくてー)

GM:それじゃあ、突然、ドアが開いてですね……

日野:やがてドアからだけでなく、引き出しからも同じようにノックの音が・・・

効果音:(コン・・・コン・・・・・・コン・・・・・・・・コン・・・ガチャッ!!!!))

GM:「おねえさまあ!」

   といって、一人の美少女がしがみついてきます。

冶宵:では恐る恐るケータイを握りなおして 「あぁ、甘音先輩・・・そんなにストレスが・・・・・・でも、わたくし今はひぁぁぁぁぁ!!?」

冶宵:後ろからしがみつかれたやよいは 飛び上がった!

甘音腰にしがみついたからスカートがずり下がった(ぇ

日野あわててスカートを抑えようと手を伸ばすと、その手を掴まれるやよいちゃん(ぉ

効果音:(コンコンコン・・・・コンコンコン・・・・コンコンコン・・・・)まだ続く

GM:「お姉さま、どうしましょう……?」

   雛柿が相談に来た理由も、この状況に恐れを抱いたからのようだ!(

冶宵:「ちょっ ぇ、 ぇっ、 とりあえず離してくださいませ!!  制服・・・・・・!! お話は伺いますからぁっ!!」 そんなのこっちも必死じゃないかww

冶宵ケータイとノックと背後からしがみつかれて驚いたのとスカートで涙目っていうか泣いてるよ!!


   ナイスシュチュエーション。


GM:「……しかも、閉鎖されているんです!学園中が教職員と警備員によって閉鎖されてるんです!私、怖い……」

   気付かずしがみついてます。

冶宵:「先生方と・・・・・・警備の方が・・・・・? それは只事では御座いませんわね」  さぁ、スカートを直して冷静の仮面を被ろうか

日野:しがみついてくる雛柿ちゃん、その両手は恐怖に震えていた。・・・あれ、じゃぁこのスカートをずり上げようとするわたしの手を押さえている手は・・・?(マテ


   ホラー始めました。


???:「ぁら・・・ざ〜んねん♪」

冶宵:「・・・・・・・・・」  見ちゃだめ見ちゃだめと念じているレネビ・・・・・・自分だって似たようなものだろうに

GM:じゃあ、見知らぬ腕はすうっと消えていきましたw

零〜紅い蝶の最初の家に入るときの演出のように!w

???:「ふふふ、またの機会に、御機嫌よう♪」

GM:そんな声が、耳元で聞こえた気がする……

冶宵:「ま、またの機会なんて要りませんわ!!」

GM:そのほかの怪異も少しずつおとなしくなり、やがて収まった……

効果音:(コン・・・・・・・・・・シーン)

冶宵:「・・・・・・ふぅ・・・。 とにかく・・・・・事情を聞かなくてはなりませんわね。雛柿さん? 大丈夫ですの?」

GM:「……」

首を一つ、こくんとうなづく。

冶宵:じゃーむよりたちわるい とか おもってるのは ないしょですよ!

???:(ウフフフフフフフフ♪)

冶宵:「そう。でしたら何よりですわ。・・・・・・先生が良ろしいでしょうか・・・? 職員室に参りましょう?」

GM:「はい……」

そういって、雛柿は君に手引かれ歩みだす。

その最中で君は思い出す。

GM:異変の始まりは一ヶ月ほど前からだったかもしれない。

GM:その頃から、外出の禁止が厳しくなり始めたのだった……。

もともと、規律の厳しい聖グラティマ女学院のこと。

その時点で異変に気付くものは少なかった。

冶宵:首画像を消去しつつ思い出します

GM:だが、こうしてみると……そのときから物語は始まっていたのかもしれない。

何人かの女生徒が、脱走したという噂も入っている……。

だが、それは本当に脱走なのか……。

GM:そんなこんなで、フリーダムタイム入れてシーン切るよ!

冶宵:とりあえず、幕僚先輩に煙草を差し入れることを誓った!

甘音:ヤッター

相良:そうか。怪奇は間接的にタバコの売り上げに貢献するように仕向けたJTの刺客だったのか


   随分とみみっちい刺客である。


GM:そんなところでOKかな?

冶宵:あとー、雛柿嬢へのロイスですね、ネガだけ振ります

冶宵( コロコロ → ○尊敬 / 劣等感)

GM:はいー。

冶宵:ポジはハンドアウトのままでー

GM:了解です〜。

甘音:なんで私より胸が大きいんですの・・・!と

冶宵:鏡の前で沈んでるんですね地味に

ユウ:大丈夫だよ、小さい胸は希少価値だって誰かが言ってたよ

冶宵:わ、和服はこの体型の方がいいんですもの  とかきっと日々言い聞かせている( ・ ・)

???:「フフフフフフ♪さぁ、喜劇の始りよ?ウフフフフフ♪」

GM:ういー、んじゃシーン切って大丈夫かな?

冶宵:どうぞー

GM:はいー、んじゃあーシーン切ります……

GM:正直、ホラー要素つくとおもわなかったんだぜ!

冶宵:私もです!w

甘音:ゴリラゴリラときてホラー

GM:次、PC3行くよ〜!

ユウ:はーい

鳥島:まさかのホリラー

GMオープニングフェイズ04:シーンプレイヤー——ユウ


GM:まずは侵食率をどうぞ。

ユウ( コロコロ → 3 → 41

ユウ:きっと日常のまま終われるってダイス神様が言ってるんだよね?

GM:はい、んじゃあ、君は何してるかな?

甘音ゴリラを捌いてます

ユウ:無理ww日があるうちは学校かなぁ・・・今何時です?

GM:何時でもいいよw

   ただ、家にいる時間にして欲しいかなw


   家にいると、君の目の前にゴリラが落ちてきます

甘音:落下距離×10ダメージですね

綽名ゴリラ生徒:なに〜、出番が無いだと!?<スタンバッてた

ユウ:じゃあ深夜でw 家という名の廃墟でぼーっとしてます

日野:クラスメイトはゴリラだった!

ユウ:それはやよさんにとっておくから大丈夫!<クラスメイトゴリラ

冶宵:融通ありがとうございます←

GM:うい、んじゃあ、こう。

   ドカッとも、ヌチャッともつかない生々しい落下音がベランダから聞こえます。

ユウ:「・・・?なんだろう、雨音にしては気持ち悪い音だけど」と普通に近づいて行って窓をあけます

GM:んじゃあ、シスターゴリラがベランダにぶら下がってます。

GM:ただし、重量が重量なのでベランダの柵がやばめです

甘音:それは異様な光景であった。柵は体重で捻じ曲がり、辺りには赤い液体が飛びちっている。その中心には修道服を着たゴリラが尻を向けてベランダに引っ掛かっていた

シスターゴリラ:「ゴフフォッ」(吐血)

ユウ:「・・・・・・えーと、これは見たことがあるぞ。ゴリラって生き物だったはず。でも空から降ってくるんだったかな?というかこんな場所に生息していたかな?」とかぼけーっと眺めつつ考えてます。吐血?そんなの気にしない

天からのツッコミ:(いや、そこで関わるのはダウトだろ?スルー推奨だと思うぞ?)

日野:ゴリラーっ?!

ナレーション:ギィ ギィ 軋んだ音が響くに合わせ、ゴリラの尻が上下に揺れる


   揺れるな。


シスターゴリラ:「ゲフッ、ゲフッ」

相良空からゴリラを狙ってるハゲタカの群れ

ユウ:「うーん、僕が知っている限りじゃここにゴリラ?がいるはずないしなあ、それじゃあ幻覚かなあ。僕みたいなのでも幻覚ってみるんだなぁ」ゴリラの状況も気にせずのんびりそんなことを考えてる

日野ゴリラのおケツには青白く光り輝き、そして宙に浮かんでいる宝石のようなものが・・・

シスターゴリラそしてまた、ゴリラのケツは揺れる。まるで何かを誘うように。

日野あなたはだんだん眠くなるー。ゴリラのおケツで眠くなるー

ユウ:「・・・う、うぅ・・・」<眠くなってるらしいよ

相良眠くなってボトボトと町中に落下するハゲタカの群れ


   お前もか。


シスターゴリラ:「・・・ウフォッ」とまたひとつ血の塊を吐き出す。

GM:んじゃあ、そろそろシスターゴリラは落下しそうです。

ユウ:じゃあ、それを眺めてるね☆

相良:非道wwww

町民の声:「とったどー!」「今夜はから揚げよ!」「えー僕鶏肉じゃなくて、もっと大きな哺乳類のステーキが食べたい」

GM:じゃあ、急に手が伸びてくるね☆

   君の襟をぐわしっと掴むよ!

天の声:今、貴方の前に死へと向かう無垢なる命が消えかかっている。

     貴方はその命を救わんと手を差し伸べますか?

     Yes or No

甘音:その目は語っている お 前 も 道 連 れ だと

相良:《ラストアクション》

日野:むしろ身代わりに(ぉ

シスターゴリラ:「ゴッホ、ゴフォッ。ウゴフォェッ」(掴んだまま)

ゴリラ.+:(*'`*).+:。オマエモ ミチヅレ

ユウNo! と言いたいけど「ちょ、むり、落ちる!! 落ちちゃうよ!?」ゴリラを支えるとか、無理だよ?

GM:んまあ、自力で這い上がる気はあるから手伝ったら、無事上がってきますよw

ユウ:「ああ、せっかくおもしろいものが見れると思ったのに・・・ほら、上がるつもりなら上がればいいよ・・・」じゃあ投げやりに手伝いますよ、しょうがないなぁ←

甘音:そしてゴリラは前周りの応用でクルリと、途中でユウを空中に放り投げ、華麗にベランダに降り立った、わけもなく

天の声:(今、非日常の扉が貴方の前に開かれた!)

シスターゴリラ:無様にベランダに伸びたのだった。

GM:んじゃあ、無事にベランダに上がりました!w

ゴリラ:シリラ着地10点ー

シリラ:もう、吐く血もありません

ユウ:「・・・それでさぁ、君なんなの?なんでここにいるの?ていうかどっから来たの?ゴリラなの?なんで血吐かないの?」とりあえず質問攻めにしときますね

シリラ:「ウッ・・・ウヒウホ・・・ウホゥ・・・」

ユウ:「うん、何言ってるかわからないから!日本語しゃべれないの?」


   ゴリラに無茶を言わないで欲しい。


GM:それじゃあ、とりあえず、首から下がってた飛空石っぽいものをあなたに渡します!

ユウ:「石?え、いらないって言っちゃだめ?」残念ながらこの人ジブリは知らないよ!

ゴリラ:「……ウホス」

ユウ:「だめか・・・じゃあ貰っておけばいいのかな・・・でも結局君は何なのか答えてもらってないんだけど」

GM:その石にはθって刻まれてる。

GM:んで、懐からもう一枚、君に渡す。

   聖グラティマ女学院職員証とそこには書かれているよ。

ユウ:親方、空から女の子じゃなくてゴリラが降ってきた!「ん?何コレ。僕にくれるの?」

GM:んじゃあ、やっぱり目からお願いしますビームを出して気絶しよう。

ユウ:「ええええ?ちょっと、ここで気絶するの?説明してからに・・・ってどっちにしろ言葉が通じないのか・・・」

GM:さて、どうする?

GM:GMとしてはOPとしてはやることやっちゃってるのですがw

甘音:生ゴミで出すか、粗大ゴミで出すか。それが問題だ(ぇ

ユウ:「なんだろうなぁ。とりあえずここに行けばいいのかな? まあおもしろそうだし、それは別にいいんだけど・・・ここ、明日には取り壊されるんだよね・・・この人(?)は放置でいいかな、いいよね」ゴリラの遺志を継いで、女学院に行ってみますよ!

ユウ:大丈夫、明日には瓦礫と共に・・・

GM:あい、明日までに解決できないとシスターゴリラは死にます!

GM:無事時限イベントができたね☆

ユウ:ああ、死んじゃうのか・・・大丈夫、感情 殺意 指定されてたから

GM:んまあ、イメージしてたのが某インデックスさんなだけなんですがね!

甘音:ユウに噛み付くんだな

GM:さってと。

GM:PC4にいくよ!

甘音:とっしーの出番だな

日野:とっしーガンバッテー

鳥島:え、なにその御用改めできそうな綽名w

甘音鳥太でもいいよ


   それはドロヘドロである。



GM
オープニングフェイズ05:シーンプレイヤー——鳥島蒼太


GM:とりあえず、侵食率をどうぞ。

鳥島( コロコロ → 1 → 25

相良:とっしー冷静だなぁ

ユウ:それもゴリラが現れるまでよ・・・クックック

日野:ゴリラは全てを怪人に帰すんですね。クールキャラという設定までも・・・


   ゴリラというよりネタそのものがである。


GM:さて、君は何をしてるかな?

鳥島:「俺様の日常をそう容易く乱せると思うな、ざまあ!」

鳥島:えー……じゃあ屋上で焼きそばパンでも食べてましょうか

GM:それじゃあ、ですね。

   気付くと、隣でお茶を注いでくれる人がいます。

鳥島:「ふむ、やはり焼きそばパンには熱いほうじ茶だな。おいこらぬるいぞ」(ばしゃ)

GM:んじゃあ、

   (す、すみません、すぐに新しいものをお入れします)

   って感じの視線送った後に、あせあせと動き回るメイドゴリラです。

甘音:そうしてバナナをすり鉢で摩り下ろす作業を進めるのであった

甘音:お茶?尻尾でやってます

鳥島:「なかなか美味いじゃないか。……おい、ちょっと暑くないか?うちわもってこーい」

GM:んじゃあ、うちわで扇ぎ始めます。

鳥島:ゴリラのしっぽってそんな長かったっけw

日野メイドゴリラだから長いんですよ

鳥島:な、なるほどー。メイドゴリラなら仕方がないですな

相良メイドなら仕方ないね

GM仕方ないね


   まぁメイドだから仕方ないよな。


鳥島:屋上で右手に焼きそばパン、左手に湯呑を持って、団扇で仰がれてるわけですが

GM:さて、そんなことをしているとですね……

   ハンドアウトどおり相良君出てきてくれる?

相良:もの凄い不条理に追われて猛ダッシュして登場するよ( コロコロ → 6 → 49

鳥島:校庭を見下ろして「まるで人がゴミのようd」 とか言ってるシーンにどうぞおいで下さいw

甘音:相良君が生えてくるんだな・・・・

GM:ちなみに、このシーンは知覚はいいや。

   なんてったってもう既に追われているからね!

相良:ゴリラにごみのように投げ飛ばされたりしながら逃げてくる。

相良:「痛い!死ぬ!死ぬから!それは流石に死ぬから!?」

日野:泣くまで投げるのをやめてくれないんですね

ヤリラ:「ウホホホ!ゴブゴ・・・・・ウホホホホ!」

相良町中ピンボールの刑を処されつつ学校の屋上を目指す!

GM:ヤリラは右手に握ったナイフと共に、左腕一本で相良君を襲っております。

相良:「映画じゃでかいゴリラは高いところに上ってやられてたから!多分高いところにいけば死ぬんだこいつ!」

鳥島:たっつん頑張れ、あと少しで頂上だーw

ヤリラ:「ギギャァアアアァァァァァ!」

相良:「ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

相良:「(屋上の扉全開)勝った!第一部、完!


   まだオープニングである。


鳥島:「なんだ、相変わらず騒々しいな。もう少し風情と言うものをだな——おい聞いているのかたっつん!」

鳥島:と他人事チックに、優雅に振り向きましょう

ヤリラ:「ギャァアアアアアアアアアア!(その背中にたっくる☆」

相良:「何でだぁぁぁぁ!?!?!?(とても聞いているようには見えない様子でとっしーの方へ吹っ飛ばされる)」

鳥島:「あ……すまない、人違い。いやゴリラ違いだったようげえええ」

鳥島:悲鳴を上げつつ、メイドゴリラが助けてくれないか期待のまなざしをちらりとw

メイドゴリラ:じーっ

相良:「(とっしーへ着弾まで残り3・・・2・・・1・・・)」

メイドゴリラ:プイ

鳥島:(ふっとんだあああああああ)

GM:メイドゴリラは助けようとして駆け寄る最中にずっこけて蒼太に注文どおりの熱いお茶をぶっ掛けます。

ユウ:ドジっ子・・・だと・・・!?

ヤリラ:お約束だな!

鳥島:そしてたっつん諸共お茶を被る俺様(確定)

ヤリラ:一瞬ザワールドするのかと思ったけど

相良:「痛いっ!熱い!?何で熱い!?濡れてる!?ゴリラ増えてる!?とっしー下敷き!?何でだぁぁぁぁ!?」

ヤリラ:「ウホッウホッ(ドリミング中」

相良:「(右見た。ヤリラ確認)」

相良:「(左見た。メリラ確認)」

鳥島:「なんだかんだと聞かれたら、答えてやるのが世の情けっていうか俺様の台詞だああああ!?」

相良:「(下見た。とっしー確認)」

相良:「・・・えっと、なんだ。正直スマン。巻き込んだっぽい」

鳥島:(下から蹴りとか入れときますね

相良:「痛っ!痛いから蹴るのは止せよ!?友達だろ!?」

GM:ヤリラはずもももももとオーラを出して近寄っていこうかwww

相良:「(あああああああ、やばい。もうピンボールはいやだいやだいやだいやだいやだ)」

鳥島:「ようし、謝れ。もっと謝れ。頭が高いぞ俺様より上に目線を持ってくるな……」

鳥島:(這いずる形でしたから脱出w)

相良:「目線が下なら良いんだな!?よしわかった!逃げるぞ!?付き合ってくれよ!友達だろ!?

相良:(いっそ肩車でとっしー担ぎ上げて逃げ出そうとする混乱相良)

鳥島:「よーしよし分かれば良いのだ、そうと決まれば逃げるぞ付き合うぞ友達だ……おや。なんだあれ、新しいコレか?」(小指をぐっと立て)

鳥島:(ながら肩車できるものならやればいいんじゃないかな)

ヤリラ:「(ポッ」

相良:「俺は梅一筋だよ!?知ってんでしょ!?(結局持ち上がらずに、ちょっと低い姿勢ですたこらーっしゅ)」

相良:「(あ、何か頬染めてる。ちょ、なにそれ、何処で誰がフラグ立ててんの!?)」

ヤリラ:「・・・・・(ゆーらゆら・・・シュッシュシュシュシュ」


    きっとヒットマンスタイルでフリッカーを繰り出すのだろう。


鳥島:「あー、おいそこの(メイドゴリラ)。お前、男の一人や二人、さくっと運んだりできんのか?」

ヤリラ:ヤリラはとっしーに向けて殺気を送っている

相良:「相変わらずめっちゃ強気ねトッシー・・・。何でそんなゴリラに命令できんの・・・?」

GM:んじゃあ、スカートを上品につまみあげ首を一つ縦に振って……

メイドゴリラ:「ウホッ」

GM:二人の襟をぐいっと掴んでぶわっと屋上から飛ぶよ!

相良:「(自由落下に重力の偉大さを知った)俺・・・しばらく遊園地イラナイ」

ヤリラ:「(はっ)ウホウホ!・・・・・・ウホゥ!」

鳥島:「メイドだからな」 と相良君に真顔で頷きつつ落下ー

ヤリラ:そしてもう一匹のゴリラもアイキャンフライ

鳥島:うっぷす(吐きそう)

相良:「・・・ちょ!?駄目だかんね!?今は駄目だかんね!?(口押さえる)」

GM:そうして、屋根の上を行く、ゴリラ二匹の大競争……

GM:そんなところで、間もなくシーン切るよw

相良:自分はこのシーン、ゲストみたいなもんなんでお任せしますw

鳥島:じゃあ頭上をカラスが あほー って一声鳴く声が響いて、シーンアウトで

鳥島:相良君にロイス取っとこうかな

GM:うい、了解ですw

GM:あ、ロイスはどうぞ。

鳥島( コロコロ → 幸福感 /憤懣)

相良:自分も鳥島くんにロイス取るっすー。( コロコロ → ○純愛 / 不安)

相良:(まさかの


   梅一筋の君はどこに行った。


ヤリラ:きたwww

鳥島wwwwwwwwww

ユウ:浮気だー

相良:何でだぁぁぁ!?wwwww

メイドゴリラ:b

GM:どうしようね、これwwww

相良:え、そのままでいきますよ。

GM:とにもかくにも、最後のオープニングいくよ!

冶宵:・・・・・・(* ・∀・)b

鳥島:わかってる。純粋に俺様の事、慕ってくれてるんだろ。下僕的な意味で(ぐ)

ヤリラ:・・・・・あ、まだあったっけ

相良:一番暴れてくれたあの人のOP

鳥島:しぶちょーがんばれー

GMオープニングフェイズ06:シーンプレイヤー——コノシロラ


   シーンプレイヤーがPCではない件について。


GM:侵食率をどうぞ。

冶宵:それプレイヤーじゃないwww

甘音:え、それで行くべきなのかいww( コロコロ → 10 → 45

相良:みなぎってるwwww

甘音:いやっはー!

冶宵:やる気満々ですねw

GM:んまあ、冗談ッスなwwww

GM:さて、君は学園都市から命令を受ける……。

GM:学園都市の秘法《幻想殺しの右腕》を奪って逃げたという!

甘音:なんだって!それは大変だ!プランのためにも取り戻さないと!

GM:君はその怪盗にあったことはあるのかな?w

甘音:ああ、それは忘れもしない・・・・・2時間前。駅弁を買おうと思い軽い財布を開けていた頃

甘音:「金ねぇ・・・・あん?」

甘音売店に並んでいると前の奴はゴリラだった、異常

甘音:いや、以上

GM:そいつが怪盗ゴリラだったのかな?w

甘音:電車で開けた書類には奴だと書いてあったのさ・・・・

GM:うい、んじゃあ、そんな衝撃。

   今まさに出ようとする電車。

   駅のホームにはそのゴリラが不適に微笑んでいる!

GM(ちなみに、その周囲はそれどころじゃない大騒ぎですが。

甘音:「・・・・・・・俺が枕内弁当DX買えなかったからってその顔はなんだボケがぁぁああああああああぁぁぁぁぁ!ぶっ飛ばすぞテメェェぇえええええええぇぇぇ!!!」


   リプレイ『求めるものと得られたもの』と見比べてみよう。


甘音:「其処動くなテメェェエエエェェェ!(窓から飛び降りる」

GM:その右腕には君が変えなかったはずの枕内弁当DXと秘法《幻想殺しの右腕》……

さっと、ゴリラは身をひるがえすよw

GM:んじゃあ、それを見てぎょっとした怪盗ゴリラは逃げ出しますなw

甘音:「逃がすかぁぁぁぁあああああぁぁぁ!」ダッシュダッシュ鉄腕ガッシュ

GM:逃げる!

   ひたすら逃げる!

   今、飛び降りた電車すら追い抜き逃げる!

甘音:「そのどタマに風穴開けてやるぜぇぇええええぇぇぇぇ!!!」ゴガン

甘音:「・・・・・(ぴろりろりーん

甘音:「(ピッピッピ・・・・送信

GM:エージェントスミスばりにかわして、走り抜ける!

   気付くとそこは目的地!

   聖グラティマ女学院もある君の生まれた土地だ!w

甘音:「くそ・・・・あの爺さえぶっ飛ばしてなけりゃなぁあああぁぁぁぁ!つぅか目的地じゃねぇかぁぁぁああああぁぁ!」


   ぶっ飛ばすな、爺さんも年なんだから。


GM:そんなところで、さすがに怪盗ゴリラには追いつけずに見失うよ!

甘音:「チッ・・・・逃げ足はえぇ・・・・・」

甘音:「とりあえずニコチン補給しとくか・・・・」喫煙所行ってスパァと

GM:さて、フリーダムタイム入れて、この辺でシーン切るよ!

甘音:「・・・・・・もう一通送っとくか」ということで冶宵ちゃんへもう一枚送信

甘音:「つぅか・・・・・どこ逃げやがったあのゴリラ・・・・・(フゥー」

冶宵:「!?」 廊下に響いたケータイに恐る恐る 「・・・・・・(まさか、また首・・・?また首ですの・・・?)」

甘音また首

冶宵:「いーーーーーやぁぁぁああああーーーーーーーー」   と女学院の何処かに響いたそうな

GM:そんなわけで、風のように走り抜けていた甘音くんは知らず知らずのうち()に日野さんの恨みを買っているのでしたっとw

冶宵:幕僚先輩のロイス、ネガは恐怖ですね☆

甘音:と悲鳴が響いたところでシーンエンド(ぇ

GM:うい、了解ですw

GM:さて、OPまで終わって感想一つ。

冶宵:凄い! 2時ちょうどですよっっ

GMこのセッションクソ疲れることが分かりましたよ!wwww

GM哂いすぎて腹が痛いwww

ユウ:wwwwww

相良そりゃそうだろうw

相良同じく腹いたいよwwwww

甘音:でしょうなwww


   ということでこの日は腹痛の為(違)ここで終わりとなり、ミドルは後日となった。


甘音:晴れやかなる昨日へフライハイ!ということでこんばんは

相良辰:ていくみーはいあー!

ユウ:昨日へ?w

甘音:ていくみーはにゃー!

甘音:明日は曇りです

甘音:見えないから

相良:明日は曇り。意味深だ。

ヤリラ:ウホッ

ヤリラ:こんばんは、お邪魔してます

日野:ヤリラは既に我々の中にいた・・・!

見学者:同じくお邪魔しておりますー……。

ユウ:ヤリラいるー!w

相良:ごりら画像が軒並み・・・・w

シリラ:尻ラもいるよー

ユウ:いやぁぁぁぁぁぁぁ

甘音:じゃあ・・・・俺はしぶちょーやってりゃいいなー

メイドゴリラ:(画像お借りしましたっ)


   見たい方はお絵かき用BBSをチェック!


相良:しぶちょー出番あるのか?w

甘音:・・・・・彼女が心配でやってきた偽者とか

日野:ヤリラは実は支部長なんだよ

メイドゴリラ:ありえそうですね。

見学者:ブラム=ストーカー……

相良:な、なんだって

甘音:彼女=たっつんか・・・・・・深いな

相良:支部長にどつき回されてたのか相良。なんてこったい。

日野:相良くん派遣したけど、やっぱ相良くんが彼女に手ぇ出さないか心配でついてきたんだよ。ヤリラとなって

冶宵:間に合った…こんばんはー

相良:い、いつの間に手篭めにされてたんだw

ユウ:こんばんはー

甘音:ばんはー

相良:こんばんはー。バイトお疲れっすー。

甘音:お疲れさまでーす

メイドゴリラ:お邪魔してまーす。お疲れ様です!

冶宵:ぁ、ありがとうござぃますー<(_ _)>

GM:こんばんはー。

冶宵:メリラ嬢が既にww

相良:俺は・・・もともと休みだった!(キラッ☆

甘音:・・・・・俺は学校休んだ!(クワッ

見学者:こんばんは。お疲れ様です、これを つ【ドクダミ茶】

メイドゴリラ:メリラ・ヤリラ・シリラ・ゴリラを勝手に登録させてもらいました。ごめんなさい><

甘音:皆ー今日もたっつんボコろうぜー(ぇ

冶宵:ぁ、これはこれはどうもありがとうございます ( _ _)っ旦

見学者αトランス入りですのでお気をつけて。ゴリラに獣化してしまうものですが。

冶宵:ちょっと途中で指が赤く染まってきたらばんそうこう替えに走ります……多分もう大丈夫と思いますが…

相良:あっまあまにされてやんよー

相良:指切ったのー?大丈夫ー?

冶宵:切りましたがバイト先のお姉さま方の愛情をたくさんもらったので多分大丈夫ですー( ・ ・)ノ

相良半分下さい。<お姉様のらヴ

ユウ:怪我を半分引き取ればいいんだよ!

日野たっつんにあげるなら老い先短いこのジジイにください

甘音欲張りだなたっつん。2%ください

冶宵:完治を早めるために渡しませんっっww

相良は、半分は欲張りだったか・・・!

相良独占・・・だと・・・!?

相良:(ざわ・・・ざわ・・・

甘音:バファリンも半分は優しさじゃないか!

ユウ:完治を早めるためにこれもどうぞ つシリラの愛

相良:じゃあ厳しさの部分はあまねーにあげるよ

日野:俺お姉さま方のほうがいい

冶宵ぅふふふ独り占めするのですー もう半分はお薬塗ったのでバファリンと同じ効果を期待します

シリラ:つ【愛】

甘音:つ【哀】

相良尻から出そうな愛だな<しりら


   それは愛なのだろうか。


GMhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1715007

   多分、GMがこんな気分なので今日のセッションはこんなノリです。

冶宵:シリラ嬢の愛はユウさんのものでは…っ

シリラ:(わたわた)

ユウ僕はもう、彼女に愛される資格がないんだ・・・

冶宵:大丈夫です! 自信持ってくださぃ!!


   まぁ助けず眺めてたしな。


GM:(そして、いっつもどおり一時間までは風和さんを待つよ!

冶宵:(はーぃ

甘音:あいあいさー

ユウ:はーい

相良MSNで声かけたよw<風和さん

相良:すぐ見えるかとー。

甘音:ほいはー

相良:はっ

甘音:さて・・・・・今日の目標は木刀相当の釘バットを手に入れることだな

相良:明日給料日なのを思い出してテンションが余計にアップをはじめた。

木刀:若者よ……わしを使うのじゃ……

甘音:(折る

木刀:ヘブラァーッ!?

相良:ばっきばきw

相良:(あとGMが提示した動画がテンション高くて笑った

ヤリラ:計画通り

どどんとふ:「鳥島蒼太」がログインしました。

相良:よく見たらヤリラ悪そうな表情してんなー。

甘音:やぁたっつんに愛されてる人こんばんは

折れた木刀:こんばんはー

ユウ:こんばんはー

冶宵:こんばんはー

日野 豊:こんばんはー

ヤリラ:こんばんは、お邪魔してまーす

鳥島:ひぃん、遅刻すみませんこんばんh ひどい!出迎えの第一声がひどい!www

相良:こんばんはー。

相良:っ【らーヴ】

甘音:どっちだい!ヤリラか!それとも折れた木刀かい!

メイドゴリラ:つ【お茶】

折れた木刀:少年よ……わしを使え……ゴリラ狩りに適した我が力を……

見学H)

相良:見学増えるふえるーw

鳥島:はんにんはおまえだー、ですよw>ばくりょーさん

冶宵:おぃでませー ですね こんばんはー

見学:こんばんはーw見学してますー

甘音あなたを犯人ですね、わかります

折れた木刀(見学者):こんばんはー

GM:さあ、さああ、とうとう始まることとなりました。

GM:第二回目。

GM:本日もカオスに元気に参りましょう。

日野:よろしくおねがいしまーす!

冶宵:よろしくお願いしますー

甘音:あーい、よろしーくお願いしまーす!

ユウ:よろしくお願いしまーす

鳥島:本日は遅刻すみません、日付感覚狂ってました。

    ということでとりあえずよろしくお願いしますー(いそいそ座席に)

相良辰:よろしくおねがいしまっす

相良:(gはゴリラを表してるのか、ごんの頭文字なのか、それが問題だ

甘音:両方じゃないですかね

メイドゴリラごんゴリラご覧の通りごめんなさい

メイドゴリラ:とか?

ユウ:ソレダ!

GMgo go gorilla & Gon

甘音:ゴーゴーゴリラ松井君じゃないのか(チェ


   この時張ってあったログのアドレスに『gggg』と入っていたりしたのだ。


GM:まあ、どうでもいい!

GM:さあさあ、はじめて行きますよ!

GM:さって、前回OP終わりましたので、PC1から順番にミドルを回していきますよ!


GMミドルフェイズ01:シーンプレイヤー——相良辰


GM:まずは侵食率をどうぞ。

相良( コロコロ → 8 → 57

相良:もうすぐボーナスつくぜぃ。

甘音:そして痴漢判定だー!

GM:それと、知覚もどうぞ。

    まあ、知覚で勝とうと負けようと好きな場所にいていいよ。

甘音:・・・・ああ、知覚だ

相良( コロコロ8 → 9

GM:チッ。

甘音:どうやらおさわりできたようだ

相良:(わきわき)

甘音シリラの尻を

GM:つう訳で、どこにいますかい?

    ちなみに他PCの登場は自由!

    他NPCの登場もゴリラ以外在る程度自由!

シリラ:!?

相良:で、前回のOPの続きからだと、とっしーにご一緒して頂きたいんだけど、如何かしら。

甘音お姫様抱っこしたままだな

相良:場所は学校付近の商店街とかが良いかなー。

鳥島判定で勝った方が触るシステムなんだw とか言ってる場合じゃなかったー


   なんとすばらしいシステムなのだろう。


GM:ちなみにメリラは呼べば出てきます。

甘音:つ【鈴】

鳥島GMの許可が頂けるなら、自分は同伴いけます。

鳥島:鈴いただきましたーw

相良:メリラの管理はとっしーに任せますw

GM:あ、でていいよw

甘音:鈴を負のオーラと共に地面に叩きつけることによってメリラはやってくるのさ・・・・

鳥島:うい、ではお邪魔しますー( コロコロ → 10 → 44

鳥島:クライマックス

相良:んじゃあ、ヤリラの追撃を掻い潜って学校付近の商店街に到着するよー。

GM:うい、んじゃあ、商店街だ!

GM:なにする?

相良:自販機でジュース二本買って、片方をとっしーに献上。

    「はぁ〜・・・・・・やっと巻いた。昨日からエンドレス鬼ごっこは本気で死ぬかと思った」

甘音おさわり


   なんでおさわりに拘ってるんだ君は。


相良:「ていうか、巻き込んでごめんなー。・・・巻き込みついでに、もうひとつ良い?」

     てな感じで自分の目的にとっしーを巻き込みにかかります。

鳥島:「ジュースは果汁100%以外認めないぞ、炭酸は不可だ!」

鳥島:と胸を張りながら貢物いただきます。

相良:「・・・炭酸入り缶コーヒーって不味いのな(うぇ)」

鳥島:「よしよしもっと謝れ、そして存分に貢げ……うむ、どんとこい。そして俺様の懐の広さに感謝するがy」

鳥島:「のめるかあああああああああああ(投)」

日野:そのコーヒーが当たったってことで登場しようかな(マテ

相良:おじいちゃんwwwww

GM:GMはダイジョウブダヨw

甘音:ボロボロの日野爺がw

鳥島:いらっしゃーいw

相良:「まあ、落ち着けって。慣れれば何とか・・・!いや、そうじゃなかった。えっと、だな」

冶宵:お爺ちゃん色々不憫ですw

ユウ:ゴリラは?ゴリラは一緒なの?

相良:「聖グラティマ女学院にちょっとの間潜入しなきゃいけない事情があるから、手伝って」

日野:ゴリラの遺志を継いで今の日野爺がいるのですよ・・・(ぉ

甘音:左眼孔に

日野:では登場しまーす( コロコロ → 7 → 45

相良:きたー!

GM:各ゴリラはシナリオロイスが居る状態で呼べば出てきていいよw

鳥島:「なんだ落ち着きのない。男たるもの、しっかりはっきり己の意志を貫k」

鳥島:「潜入できるかあああああああ←意志を貫けなかった男の図」


   それが普通だ。だがここには異端児しかいないのであった。


相良:「ていうか一緒に行こうぜ。いーこーうーぜー。友達だろー。助けてとりえもん!

日野:叫ぶと同時にトッシーが思わずそのへんにあった空き缶をたっつんに向けて投げたけど、それが外れて爺さんにヒット

相良:(思わず回避して、爺さんに当たったのを見た男の図)

鳥島:「と、ともだち……だと? …そ、そこまで言うなら仕方がない(こほん)たっつんがどうしてもと、どーしてもと言うのなら、助けてやらなくも……」

鳥島:(おれさま なにも みてない)

日野:「・・・おいこら坊主ども。最近は炭酸入り缶コーヒーとか空き缶投げが流行ってるんか?」

奥様:「あれが噂のツンデレかしら奥様」「ええ、きっとそうよ!写メ取っておきましょう(パシャパシャ」

相良:「いえ、これから女装が流行になる予定っす。な、とっしー?」

ユウ:奥様www

日野:コーヒー色に美しく染まったシャツとか空き缶でちょっと切れたオデコが光る爺様が立っています

日野:「・・・ほう、女装とな。それはメモしておこう。若者の流行に乗り遅れないために」〆(・ω・ )

ガチムチ:「あの男達、イイオトコだな……」

鳥島:「おうとも、そのとおりだぞ。たっつんよよ!」

鳥島:おじーちゃんも女装するのか……w

日野:お望みとあらば

相良:熟女www

奥様:するんじゃねぇの・・・・やっぱりw

奥様:するのか・・・w

奥様:ステキ・・・

日野:「ちなみに女装といえば何が鉄板なのかのー。やっぱりメイド服とか、ナースとかなんじゃろうか」(ドウデモイイ

奥様:つ【水着

奥様:つ【シスター

奥様:つ【裸エプロン


   腐ってやがる奥様方(三十路)でした。


ユウ:奥様方やめてー!やめてあげてー!

鳥島:奥様方こわいよー><

日野:「ほほう、そちらの奥様方も女装に興味があると見える。どうじゃな、この際一緒に女装大会でも」(ぉ

相良:「あ、何?爺ちゃんも興味あるの?(副音声:俺はまったく興味ないけど、一人でやるのは正直キツイから)だったら、お詫びに一緒に道具調達しにいく?」

冶宵:奥様!それは女装ではありませんゎっww

鳥島:奥様が女装ってw

子供:ママー、あれなにー? (色々なものを提示している奥様方を見て

ママ:しっ、見ちゃいけません!

相良:ひでぇwww腹筋いたいwwww

日野:「おお、シツケのなっておらん坊主どもかと思えば、なかなか気が利くのう。ならぜひワシも行くぞ。あとほれ、そこの奥様方もよかったらどうぞ」(ぉ

GM:(こう……奥様方から貴腐人の香りがwwww

奥様:(あら、本気を出してもよろしくて?うふふ

鳥島:「あ……じゃあ俺様、審査員でいいや」 って逃げてみるw

相良:「(じー)」>とっしー

奥様:(萩尾望都世代をおなめでなくてよ、オホホ

奥様:「あら、女性がしても意味はないわ・・・・・。ね、坊や」>とっしー

奥様:おっとー!たっつんから熱い目線だー!!

相良:「・・・寂しいな、俺。とっしーが一緒じゃないと(とぼ)」

日野:「うむ、審査員ならワシが引き受けようではないか」(ぇ

奥様:「聞きまして奥様、とっしーが一緒じゃないと寂しくて夜も眠れないですって

奥様:「そうよー、せっかく若いんですもの。着ないと損よー(にじり寄り」

奥様:「あらぁ、お熱いわねぇ。ぜひ楽しんでいただきたいわ〜」

コスプレショップ店員:「いやいや兄さん、審査員よりも着替えたほうがオススメでっせ」>とっしー

鳥島:「…………。……そ、そうか。そうだよな。俺様がいないと始まらないしな。盛り上がらないしな。寂しいなら寂しいと最初から素直に言えばいいのだははははは(前髪ふぁさ)」

日野:「ほれほれ、奥様方もああ言っとる。観念するんじゃな。坊主」>とっしー(ぉ

鳥島(にじり寄りが怖かったなんて言わないんだぜ)

日野:トッシーがノリノリに!

コスプレショップ店員:「何なら服装貸しやすぜ。ガーターベルトつきメイド服、今なら¥2000で!(ヤバゲでアダルトっぽいメイド服を取り出しながら)」

相良:ということで、三人で女学院の制服その他女装道具を調達したいんだぜ>GM

鳥島べ、別にキャラ崩壊なんて怖くないんだからねっ


   怖かったらこのセッションには参加出来ない。


鳥島:(ちりんちりーん)<調達用メリラ

奥様ガーターベルト付きメイド女学院の水着だな

日野:あとはギャグボール付き女学院の保険医服とかね


   それはただ単にギャグボールと白衣ではなかろうか。


奥様:・・・・よし、一旦落ち着こう

メイドゴリラ:呼ぶとさっと物を用意して現れるメリラ

日野:なんと手際のいい

:「さあ俺様の有能な下僕に頭を下げて用意させるがいい!」

コスプレショップ店員:コスプレショップ店員形無しで涙目

日野:「おおっ?!なんでこんなところにゴリラが?!ていうかなんでゴリラがガーターベルト付きメイド女学院の水着持ってるんじゃ?!」(ぉ


   さすがに(ある意味)18禁にしたくはなかったらしい。


鳥島:店員さんサーセンw

奥様:奥様が肩ポンポンしてお買い上げ

コスプレショップ店員:「……サーセン、あざーっす」>奥様

日野:奥様がお買い上げになったはなんですか

奥様

ユウ:お、奥様ー!?

相良:「(ごく、もう後戻りできないところまで来てる気がするけど、ええいままよ!)あ、ありがと!」変装道具GET

日野:乗馬用のですね

奥様:各種数種類に決まってるじゃないですか

日野:さすが奥様ぬかりない

見学者:奥様方怖いわぁ……


   むしろ中の人が暴走しすぎである。


メイドゴリラ:まだ控えてるべき?

相良:で、とりあえずやりたいことは完了っすw>GM

日野:同じく学生服が調達できたのでOKです(ぇ

GM:さって、そんなこんなで君たちは色々いかがわしいオプションのついた制服を入手しましたよっと。


   いいのかGM


鳥島:おじーちゃんの学生服ちょっと萌えたw

相良:wwww

GM:ちなみに情報収集はいいかな?w

相良:あ、じゃあ潜入先について調べておきたいw

GM:あと、実際に必要なものの調達とか、無ければ〆るよwwww

GM:あ、じゃあどうぞw

奥様奥様のスリーサイズとかメリラの歯型とか

GM:うんとね

見学者:(いかがわしいオプションとは……

GM:噂話、裏社会、UGNってとこかな。

GM:噂話が一番簡単です。裏社会とUGNは若干難しくなる。

日野奥様のスリーサイズとかが噂話とか裏社会とかUGNで調べられるのかと思ったのはきっと俺だけじゃないはず

相良:うーん、技能ないけど、じゃあ噂話で。

GM:(口頭で説明したら18禁になりますので……>オプション

鳥島図解ですか

奥様身体で教えてやるよ、とのことです

日野実物及び着用した場合の図解入りですね


   それでも十二分に18禁である。


相良:情報収集ー。 コロコロ → 9

見学者:(流石に際どい着用物とかやばい固体とかはないと

日野:じゃぁこっちも調べよう。とりあえず登場したけどPC的には全く何もわかってませんが(ぉ

奥様:スリラについてとか

GM:(やばい流体くらいはおまけでついてるかもしれません。


   つけるなよGM


見学H:(野郎に付けてなにが楽しいww いや、自分は楽しいけどww


   そして楽しいのか君は。


GM:んじゃー情報公開タイム。

GM:聖(中略)学園について

    ・ここ一ヶ月ほど外部との接触を絶っている。

    ・その頃からゴリラ目撃例が増えた。

GM:こんなとこかな。

GM:さて、日野さんはどうする?

日野:手乗りゴリラについて調べられませんかね

GM:あ、いいねw

GM:んー。

日野なんで手乗りなのかとか、なんでそんなにキレイな瞳をしてるんだとか、そういうことを(違

GM:ああ、いいよw

日野:え、いいの(爆)


   調べてどうするんだ、というかいいのかよ。


GM情報:ゴリラでどうぞ。

日野:そんなもんねぇよ!!(爆)

見学者:(もしくは知識:ゴリラ

日野:というわけで、情報収集チームを使って調べます。これで5d振れる

ユウ:どっちにしろゴリラw

見学H:(あるいは芸術:ゴリラ

冶宵:あぁ、わたくし調べられましたわ…(生き字引で)

GM:あ、情報:ゴリラオブゴリラないしは情報:ゴリオリラでも……

奥様:じゃあ運転:ゴリラ


   そんなもん誰も持ってねぇよ。


ゴリラ:(運転:ゴリラ・・・・うーん

日野:ちゃうわ、3dの結果に達成値+2か@情報収集チーム

見学者:(知識:生物学とは誰も言わないのですね

日野なんせゴリラなんで(ぉ @生物学

鳥島:がんばれおじーちゃん、駄目だったら後続いきますw

相良:ふぁいとーw

奥様:あれはすでに生物じゃねぇ

日野:ではいっくよー

日野:情報収集チームあと2回 コロコロ7 →9

日野:よくがんばりました

GM:うい。

日野:「そういやメイドゴリラにも驚いたが、お前もなんなんじゃろなー。またさっきみたいにテレパシーで教えてくれんかのう」>てのりん

GM:ゴリラオブゴリラ

    ・もとはゴリラのぬいぐるみのRB

    ・持ち主の少女のピンチに救いを求めるために、聖(中略)学園より逃げ出してきた。

GM:こんなとこですなw

鳥島RBなんだw

ゴリラ:(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。) ゴリラは何も語らない・・・

日野:へんじがない ただの しかばねのようだ

奥様:うっかり燃やしちゃってさ・・・

日野:「なるほどのう・・・。ただのゴリラではないと思っておったが・・・お主にそんな過去があったとはのう。よーし、改めてお主の主人を助けるために協力する事を約束するぞ!」

ゴリラ:超輝く目線

日野:ちなみにOPで山のように巨大なゴリラとか言ってた場合

日野山のように巨大なぬいぐるみだったんですね

日野:ゴリラ「(☆ω☆)キュピーン

見学Hお台場ガンダム的な何かですか・・・>山のようなぬいぐるみ

ユウ:それはぬいぐるみだろうか・・・

GM:いえ、映画から出てきたキン●コングのRBになります

相良:カオスwww

日野:ナンダッテー?!

GM:という訳で、そんなところでいいかな?w

日野:なるほど

奥様:それ東京タワーに登るよな・・・・絶対w

日野:つまり、山のように巨大だった場合

鳥島:あ、じゃあ自分も情報:ゴリラに挑戦してみてもいいですか。

鳥島:メリラの身辺調査w

日野手乗り日野 豊になってたのか

冶宵:それはそれで可愛いッッw

見学H:!Σ(゜∀゜)

日野:おしいことをした・・・(ぇ

GM:いいよ〜。

奥様ええ体してんのぉねえちゃん(さわさわ 

奥様・・・・・ということで知覚でいいですかね(ぇ


   よくねぇよ。


見学者:(PCとNPCが変わる瞬間……

日野:え、いいんですか手乗りジジになって!(違

鳥島:「主人たるもの、下僕の背景くらいは知っておくのが嗜みだろう」

鳥島メリラのスリーサイズ、か……<知覚

GM:あ、情報:ゴリラないしは情報:メイドでどうぞ。

日野知識:スリーサイズとかでもいいんじゃないかしら

奥様:尻関連・・・だと・・・


   なんで尻をチョイスするんだ。


奥様情報:メイドをお持ちの方はいらっしゃいませんかー


   いねぇよ。


奥様:ということは情報:ヤンデレ情報:GMとかあるんだよな!

鳥島:じゃあ情報:メイドで是非w

GM:情報:ヤンデレ、ツンデレといったところは情報:秋葉原でも代用可能としよう。


   便利だな、秋葉原。


GM:はい、どうぞw

鳥島Dロイス組織の力を使うべきか否か、それが問題だ……

鳥島あ、設定したつもりが名簿に書いてなかった() つかえNEEEE


   ドジッ娘だな、とっしー☆


日野YOUやっちまいなYO

GM:wwww

GM:まあ、とかくどうぞw

鳥島:はーい、じゃあ情報収集チームで我慢しますw

GM:どうぞw

奥様:頬を赤く染めてるメリラを白衣着てる人たちが真顔で触ってる光景が思い浮かんだ1時間200

奥様:(失礼

鳥島: 「下僕ナンバー67よ、メイドについて調べて調べて調べまくれ!」 コロコロ 7 → 9

GMシスターゴリラ

    ・実は人間である。

    まだこれしかわかりません。

相良:なんだと

見学H:サラッと衝撃の事実が

奥様:皆9が大好きだな・・・・

ユウ:あれ?シスター?

鳥島:え、ちょ、まさかの展開

日野:え、ぐるみ・・・?

GM:シスターじゃねえ

奥様:ヤンデレだな

GM:どうも頭の中がだめだ。

奥様大丈夫だ

奥様皆ダメだ

GM:メイドゴリラ

    ・やっぱり実は人間である。

日野:さては、誰かの陰謀でゴリラの幻覚を見せられているのか

奥様:霧谷ー!

GM:という訳で、このまま何も無ければシーンががしゃんと落ちますよ!

見学H:つ【完全獣化】

GM:ちなみに、元人間ですが数々の奇行については

GM:『レネゲイドだから仕方ない』ですませますので


   それは仕方ない。


鳥島:「貴様、そこまでして俺様の下僕に……!」

鳥島:と感動したようにメイドを見つめて俺のターン終わりで大丈夫ですw

GM:相変わらず皆さん自由にどうぞ。

日野:これは支部長の陰謀か・・・。キャワイイ子が他のヤロウに取られないために、ゴリラに見えるように仕組んでるんだな。彼女がいるくせに許せん!(違

奥様:仕方ないね

奥様:仕方ありませんわね。おほほ

ユウ:迷惑だなーレネゲイドってー

GM:迷惑だねーレネゲイドって。

見学H:大変だなーレネゲイドって。

日野:ほんとに迷惑だ・・・(ぉ

霧谷:「私に言われてもどうにも出来ませんよ……私だって今部下がゴリラになってるのですから」>奥様

日野:日本支部がゴリラ支部に。。。!?

鳥島:そこまでレネゲイドも悪くないぞ、ただしメイドに限る

GM:シーンプレイヤー、シーン閉じて大丈夫かい?www

相良OKっすw

GM:ういー、じゃあーがしゃーんと閉じますです

奥様あ、たっつんの手挟まった

日野たっつんの手が本体となき分かれー

相良ぎゃーw

GM:次、PC2いくよ!

冶宵:はーぃ

GMミドルフェイズ02:シーンプレイヤー——神無咲冶宵

GM:とりあえずは侵食率をどうぞ。

神無咲冶宵( コロコロ 8 → 54

GM:さて、君はどうしてるかな?

奥様優雅に血をすすってる

冶宵:職員室にでも向かおうかなっていうー。閉鎖について誰かに聞きに行きたいのです

日野スカートがずれないように抑えている

相良(ぐいぐい)

GM:はーい、構わないよ。

奥様たっつんがとっしーのスボン引っ張ってる

女学院生徒:「あらお姉さま、御機嫌よう」 (廊下の途中で

GM:ちなみに、他PC登場可です。

日野:いよいよとっしーの女学生姿が見られるんですね。これは期待できます

奥様:あらあらうふふ

冶宵:「ご機嫌麗しゅう」 にっこり笑いつつさり気なくスカート抑えてすたすたすた

相良:自重することなく、登場するんだぜ。

相良( コロコロ → 7 → 64

ユウ:職員室についたら合流するー

日野:じゃぁワシもとっしーとたっつんに付いていこう。捨て爺を拾ったってことで職員室に届けておくれ

甘音還してきなさい、土に

鳥島:じゃあ俺様も俺様も(自重しない)

GM:このシーン出る人全員振っちゃおうか。

鳥島( コロコロ 2 → 46

ユウ( コロコロ4 → 45

日野( コロコロ10 → 55

日野:いやーん

冶宵:おじいちゃん張り切ってますわねw

GM:うい、じゃあ、まず突入組。

相良変なオプション付きの女装姿で職員室付近でとっしーと「御機嫌よう」の練習してるんだぜ。

    多分転入手続き待ちだっ。

鳥島:「頭の下げ方が」「腰を曲げるなっ」 他者への指導だけは厳しい俺様。

GM:さて、君らは潜入先で凄いもの見ます。

相良:「こう?こう!?御機嫌よう!?」

GMゴリラしか居ません。

相良:「(げっそりした)」

日野:「ワシ、ちょっとヒゲとか白髪とかちゃんとしたほうがいいんじゃろうか」 女学生姿で鏡を見ながら首をかしげてみる


   ヒゲは剃れ。この分だとすね毛も剃ってなさそうである。


鳥島:「なんだここは……メイド養成学校か?

相良:「いや、その感想はおかしくね!?絶対おかしいよね!?動物園とかそっち方面だよね、どっちかっていうと!?」

鳥島:「最近は女学生の間でも染色が流行っている。見様によっては金髪っぽいし、問題ないだろう」>おじーちゃん

日野:「普通にゴリラ学校のように見えるがのー」

日野:「なるほど、それじゃこのままでいこうかのー。喋り方もこのままでいいじゃろ。なんかロリ年増とかそういうのがはやってるらしいし」


   どう頑張っても、爺は爺だと思うんだが。


GM:てなところで、一旦、神無咲側に視点戻すよw

女学院生徒:(え、私もゴリラですの!?

GM:君には普通に見えてて良い。

ゴリ校生:「ウホホホ(ペコリと頭下げてスタスタ」

GM:さって、職員室でいいかな?

冶宵:はぃ職員室でww

GM:(ちなみに、他の皆さんは今の情報を踏まえて登場をどうぞw

ユウ職員室内で書類とか勝手に漁ってるー

生徒BC:「ウホ(タイが曲がっていてよ」「ウホ…(////」とか窓の外で

相良:あ、こっちから見たら治宵さんもゴリに見えるの?

相良:>GM

GM:ええもちろんw>神無さんの件についてw

GM:んじゃあ、職員室、ゴリラ似の教頭が対応しようかな?

せんせー:犯人はお前だ!

冶宵:「ぁ、教頭先生…」 普通に見えてるんですよね?

GM:うん、普通に見えてていいよw

ユウ:はっ、じゃあここで《擬態の仮面》使ったらゴリラになれるのか!


   なってどうするんだ君は。


せんせー:「ま今バナナを食うのに忙しい

日野:え、じゃぁここで人間に見えるのはとっしーとたっつんとユウくんと手乗り爺だけなのか

GM:はい、まあ、神無側からは普通に見えてますがw

GM:んじゃあ、バナナ食い終わって教頭が君に話しかける?

    「どうしたのかね」

冶宵:「ぁ、お食事中失礼いたしました。そのぅ……、校内が少し物々しいようですけれど…」 何か御座いましたのー?と

GM:「……どうもしませんよ、ただ最近、あなたたちの風紀に乱れがあるようなので、少々外出を禁じているだけです」

GMそう答える。

相良:「(物々しい図その1。女装した外部の男子高校生が生徒にバナナあげようとしてる)」

生徒:頂こうとする生徒

日野:「(物々しい図その2。女装した外部の爺が生徒とゴリラ語でウホウホ会話しようとがんばっている)」

生徒:「?」頑張って話しかけられている

生徒:「・・・・・・・?」(通じていない)

鳥島:「(物々しい図その3。女装した外部の俺様が生徒の食べてるバナナを指差してウホウホねだってる)」


   普通に通報しても良いレベルである。


日野:これは、生徒のほうから見たら、女学生に女装した変な爺さんがいきなりウホウホ話しかけられてるんですね

冶宵:「わたくし達の…? ですが説明も頂けないのは、あんまりですわ。不安になっている生徒もおりますし」

GM:「……何、もう少ししたら説明もしましょう。今は、もう少し我慢なさい」

    少し、つらそうな顔。

生徒:「なにあれー。ちょ、やばくなーい?(ひそひそ)」

生徒:「マジありえなーい(ひそひそ」

生徒:「ヤバーイ、センセ呼んだ方がよくなーい?(ウホウホ)」

日野 豊:「おかしいのー、ウホウホ言っても通じとらんようじゃぞー。ほれ、ウホウホ、ウホホッホ、ウホス!」

生徒:「(スタンガン構える

生徒:「(防犯スプレー構える

女学院生徒:「ウホウホウホウホ(あの、もうしわけないのですが、その美味しそうなデザート、いただけませんか?


   頂こうとするな、女学院生徒。


冶宵:「………はい。失礼致しました」 雛柿さん、よろしい?なんて言いつつじゃあ此処は引きさがりましょうw 校内の物々しい風景を目撃するために

ユウ:あ、その前にやよさんに話しかけていい?

日野:「お、なんかバナナ出してきたぞ。やっぱゴリラはバナナなんじゃのー」 (スタンガンとか防犯スプレーを見て

ユウ:・・・と思ったけどゴリラに見えてるのか・・・話しかけるのか・・・?

冶宵:こちらはいつでもー  ぁ、物色してたんですものね此方も気付きましょうっ

GM:GMは問題ないよ〜。

相良:「ていうかこんなにゴリラしか居ないならワザワザ無理して女装する意味なかったなー」

冶宵:否、此方が気付きましょうww 「ぁら…?」

ユウ:じゃあ物色しつつ、ふと顔を上げたらゴリラがこっちを見ているわけですね!「ん?」

日野:「女装よりもむしろゴリラ装じゃったのー」

GM:(んまあ、ぶっちゃけ女装しないとおっかけられるんだけどね。警備員に。

日野:(女装しても追いかけられる気がするのはなんででしょうか)


   君らが男だからだ。


相良:「着ぐるみだったかー。流石に気づかんわー」

GM:(そして、ゴリラ装なんてしたら警察に追っかけられるんだけどね!!!!

冶宵:「雛柿さん失礼、知り合いが……。ユウさん、でしたわよね」 ですね簪つけたゴリラですね。しかも話しかけるよっ

日野:「のうメリラとやら、ちょっとゴリラの着ぐるみ持ってきてくれんかのー」

甘音:もう豚箱にぶち込めば平和になるんじゃないかと思ってしまう

ユウGMー、やよさんの言葉って分かるのかな?

GM:わかんないんだw

GM必死に自分が神無であることを伝えてくれ!

GM:あ、ただ聞かれたので答えます。

相良:うはwwww無茶振りwwwwww

日野:がんばれやよちゃん!!wwwww

ユウ:ですよねーwじゃあなんだろうこのゴリラ・・・と首を傾げておきます「えっと・・・?」

日野:声なき声とかあったらよかったのにね・・・

甘音あの日野爺の写メを見せるんだ!

日野見せてどうするんだ!(爆)

甘音笑う

日野笑われてしまう

日野:ゴリラが自分のエモノ自慢してんのかなーとか思われるだけだよきっと(´ω・`)

GM:やよさんはRCにチャレンジしていただいて12overしていただいたら以後、この効果は切れるとします。

    失敗したら、こう、頑張ってくれw

日野:ゴリラ二匹がワシの写メを見て笑いあっている図。悲しい

相良:トラウマにならないといいな、それ<ゴリラ二匹に〜

鳥島:おじーちゃんどんまいw

甘音:誰かー!支配の領域持ってきてー!


   この男、失敗させる気マンマンである。


鳥島:絶望の領域じゃダメです

鳥島:(使えないオルクスとお呼びください)

冶宵:「覚えてませんですかしら? えぇと……」 あぁ、特風の身分証明書など見せてみよう。神無咲ですわー と

甘音身分証明書もゴリラでゴリラ語なんじゃないかな

日野証明写真もゴリラなんですね

鳥島:ゴリラ語www

相良文字でウホウホ書いてあるのか!

日野きっとバナナで書かれた文字が並んでるんだよ@ゴリラ語

相良ねっとねと!

日野:違うよ!バナナの絵文字的な意味だよ!

冶宵:えぇっと、エフェクトOk?w

GM:何使うんだろ?

冶宵:オリジン:レジェンドなど

GM:あー、いけますなあ。

GM:許可しますw

甘音失敗することを祈ってます(b

冶宵( コロコロ → 8 → 11

相良:失敗キタ

冶宵:幕僚せんぱいーっ><

生徒:惜しい

ユウ:惜しいw

甘音:ありがとう神様ー!!

冶宵:ひっでぇこの数字ww

日野:失敗したからがんばってーやよちゃん!

生徒:ファイト!

相良:にやにやしながら応援してるー!

見学:タイタス切って・・・

鳥島:なかないでーw

冶宵:タイタスを此処で消費するとか……どっちが面白いな

GM:まあ、ご自由にどうぞw

ユウ:切ったら確実に成功だけど…ちなみにどうやったら僕はやよさんに気づけるんだろうw

甘音:ノ このまま

相良:b このまま

冶宵幕僚先輩がそうおっしゃったのでタイタス切ろう

鳥島反抗期www


   新手のツンデレと言ってくれ。


相良:wwwww

冶宵:神様なんていない と 現状に無意識に絶望した

GM:うい、じゃあ、どうぞw

冶宵( コロコロ → 8 → 17

冶宵:無駄に高いですねそんなに嫌だったのか…

甘音俺のことが

冶宵えぇ、幕僚先輩なんか首送ってくるし

ユウ:そうか、嫌われていたのか先輩・・・

日野:首だっただけまだマシだったよ

GM:んまあ、そんなこんなでユウ君との遭遇どうぞw

ユウ:ゴリラが突然やよさんになるわけですねw

冶宵:「……えぇと…」 さて、何故自分が気付かれてないのかわからなくて戸惑ってますよw

ユウ:「・・・え、あれ?冶宵ちゃん?」びっくりしてます

冶宵:「ぇ?! ぁ、はぃっ」 神無咲ですがー と。何故いきなり気付かれたのかry

ユウ:「えーと・・・いつからそこに?あれ、さっきのゴリラは?」

冶宵:「ゴリラ?」

ユウ:「うん。今僕ゴリラに話しかけられたような気がするんだけど」

GM:神無咲にはいっつもどおりの世界が見えますですよ〜。

冶宵:「ゴリラ…?」 じゃぁノイマン思考フル回転させーの

冶宵:「彼女、今どう見えてまして…?」 雛柿嬢手で示しー

ユウ:「え?ゴリラだよね?この学校かわってるよねえ、なんでこんなにゴリラだらけなの?」あっさり

冶宵:「……成程。…ユウさん…彼女たち皆、人間、ですのよ…?」 じゃあ廊下も…?と視線ずらしてみようー

甘音視界に入るのは女装組

相良:「(ゴリラにあげようとしていたバナナをとっしーに取られて、あわあわしてる女装不審者その1)」

日野:「(ゴリラからバナナ(スタンガン)を差し出され、嬉しそうに受け取ろうとしている女装不審爺その)」

鳥島:「(バナナうまいゴリ、って満足げな女装不審俺様その)」

ユウ:「え?そうなの?人間ってこんな姿してたっけ?」廊下に視線をうつして謎の女装組を発見

ユウ:「僕としては、人間ってあんな感じだと思ってたけど・・・」と女装組を指す

冶宵:「………………ぇ? ちょ、ちょっと貴方方! そこで何をしていますのっっ!!」 女生徒に絡む変態がいるッ! 思わず廊下に駆け出そうか

日野これが人間の全てだと思わないで頂きたい

ユウ新たな人間社会を学習しました

相良:「うぉ!!人間だ!?(のけぞった)」

鳥島:(おじーちゃんらめええええ、って横から(おじーちゃんに)肘鉄してスタンガンから守ろうとする健気な俺様


   健気な人が肘鉄を入れるのだろうか。


日野:「お、なんだちゃんと人間もいるんじゃのー、ってうおおシ・ビ・レ・ルーっ!?

冶宵:「あれは人間は人間ですが、今まで見てきたどの人間に対しても失礼だと思いますわ!」 某春日はべつとして。とは内心の言 >ユウさん

GM:さて、とりあえず登場組みが合流できたところで……

GM:相良君、知覚ふろっかw

相良:あいw

相良:知覚ー コロコロ 9 → 1

日野:「と思ったらとっしーがシビレておったわい」(ぉ

GM:チッ、じゃあ普通にどうぞw

相良:「ああ、とっしー、かわいそうに・・・!今助けあばばばばばばDロイス雷帝なのに一緒にしびれる)」

冶宵:「皆様、大丈夫ですか…?」 びっくりされたのは無視してゴリラを心配するの図

日野:「おいおいお前らなにやってるんじゃたかがバナナごときに・・・ってナナナナナナナナンジャコレハー」しびびびびびー

ユウ:冶宵ちゃんはゴリラが好きなんだなー、と思っている

相良:「飼育員か何かかな?(しびびびびびびb)」

生徒:(何なのかしらこの人達・・・)

生徒:(早く行きましょう)

日野:「おーいお嬢ちゃん、ちょっとこのシビれるバナナなんとかしてくれんかのー?」>やよちゃん

冶宵:「えぇ、そうですわね。今警備の者を呼びますから何とかして頂いてくださいま

冶宵:「…………きゃぁぁぁぁ!?」  首の人だと気付いた。まる。

鳥島:「誰のせいだと……くそっ、俺様を床に這いつくばらせるとはやるな貴様ら!(しびしび@這いつくばりながらも誇りを忘れない俺様」

相良:「(爺さんがセクハラしたのか、という視線)」

鳥島:この顔見たら、ひゃくとーばんw

日野:「おいおい、人の顔見てなにもそんなに驚くことないじゃろー。ワシと会った事あったかいのー」>やよちゃん

日野:「なんじゃ坊主どもその目は。この愛くるしいワシがなんか悪いことしたと言いたそうな眼じゃな。なんかキラーンとしておるぞシビれておるからか?」(ぇ  (☆ω☆

ユウ:しびれバナナをポイしとこう。変な格好ーとか思いつつ

相良:「いやいやいや、愛くるしい着こなしなら俺の方が!もとい、とっしーの方が!

冶宵:「ぁ、貴方甘音先輩の……な、何故こんな……あぁ、先輩に回った件の犯人ですわね!」 女装の変質者××甘音先輩は委員=結論

日野:「お、なんじゃお主は。この学園に入るならちゃんと正装をせんといかんじゃろー。ほれ、ちょうどここによいモノが」 と言ってユウくんに学生服を差し出す(ぉ

日野:「!!!??? なんじゃとっ?!お嬢ちゃん今なんと言った?!甘音と言いおったか!」

日野:「さてはお嬢ちゃん、世紀の大悪人甘音幕僚の知り合いじゃな!あやつが今どこにおるかキリキリ吐いてもらおうかのー!」(ぇ

冶宵:「えぇ! 成程取り逃がしたのですわね……それで此方の方に逃げたから応援を……勘違いしたことは後でお詫び申し上げましょう」 ぶつぶつぶつ

冶宵:「世紀の大悪人は貴方では御座いませんこと!?」 だってやよいから見たらどう見ても変質者ですものー


   正常な人から見たら間違いなく変質者である。


鳥島:「あ、ああそうだとも。無論……俺様の方が強く正しく愛くるしく!

日野:トッシーの目がウルルンしてそうだ

鳥島:きゃるんっ☆ という効果音を背後に背負ってもいいんだぜ(メリラに吹き出し持たせて)

相良:「流石だとっしー!もっと言って・・・あれ?爺ちゃんなんかヒートアップしてね?女の子相手に」

生徒:(これ、警備の人呼んだほうが良くない?(ヒソヒソ)

生徒:(ってか、逃げた方がいいかも(ひそひそ))

生徒:(逃げてしまいましょうか(ひそひそ))

生徒:(でもさっき侵入者いたからそっちの方行っちゃったみたい・・・ああ、うん逃げよっか(ヒソヒソ)

日野:「甘音幕僚、あやつは・・・あやつは・・・ワシがようやく見つけた8割引弁当をワシの目の前で買っていき、あまつさえ追いすがるワシに慈悲もなくぶちかましをして逃げていきおったのじゃ!

メイドゴリラ『きゃるんっ☆』

日野:「おかげでワシはそのへんの池で魚でも釣ろうと釣り糸をたらしておった。気づけばなぜか女装してここにおる。つまり全て甘音のせい!」(ぇ


   女装は間違いなくたっつんととっしーの所為である。


生徒:(逃げて、それで警備の人呼びましょう(ひそひそ)

生徒:(そうですわね、賛成ですわ(ひそひそ)

鳥島:「ふはは、甘いな貴様ら。<地獄耳>の持ち主である俺様の前で、ひそひそ話など何たる無力!

鳥島:と、無駄に勝ち誇るところ。

生徒:(全く、これだから男って嫌いですわ(ひそひそ))

生徒だが聞こえたのはウホウホ話

生徒:(名にあの日と、コワーイ(ヒソヒソ))

日野:ウホウホしか聞こえてないとっしー

生徒:(行きましょう(ヒソコソヒソコソ)

生徒:(ヒソヒソコソコソスタスタ)

日野:しょうがない

生徒:(スタスタコソコソヒソヒソ)

鳥島:(うほうほ……よ、よせ。うほ俺様の心にうほうほそれ以うほ上入っうほてくうほるなうほうほうほ)

メイドゴリラ『きゃるんっ☆』

日野 豊:なんか警察とか呼びに行きそうな女学生たちに<竹馬の友>しとこう(ぉ

鳥島:空気読まなさすぎるメリラにもえたw

生徒:とっしーのATフィールドが破られた!

相良:「とっしー!?しっかりー!?(ゆさゆさ)」

冶宵:「意味が分かりませんわ。女装は貴方が原因では御座いませんの?!」  そしてとりあえず幕僚先輩にメールしてみましょう。さっきの首が目の前にいますけどこれどうすればいいんですか的な

日野:「とっしーしっかりせんか!ウホウホに負けるなどお主らしくもない!お主はそれしきの漢ではなかったはずじゃ!」(ぉ

生徒:(<竹馬の友>をしたら、団体で近づいてきますわよ?>日野さん

生徒:ウホウホ

日野:「・・・ちなみに女装どうこうはこのとっしーが言いだしっぺじゃ」(言い出しっぺだったかどうかはもう覚えてない

日野:ウホウホに囲まれてしまう?!

GM:(日野さんが女子高生と竹馬の友……アレげですな。

相良:(ウホ☆な関係ですな)

生徒

    Name 幕僚先輩

    Sub RE:


    トドメを刺せ


日野やめてあまねええええええええええええええええ

鳥島:めーるこわいw

相良:煽ったーwwww

冶宵:「…………」 変態を見る目でとっしーさんを見ますのねー

鳥島:(ああうほ、あいつらのうほ声がうほ聞こえうほる。俺様うほを呼うほんでる。うほ俺様はこんなところで……!)

    「ファイトいっぱーつううう」→生還

冶宵:「…………貴方、やはり犯罪者か何かなのでは…?」 メール確認しました。

日野:「犯罪者じゃと?この人畜無害なワシを捕まえて犯罪者とは片腹痛いわい!ほれ、その証拠にどこからどう見てもかわいい女学生ではないか!」(マテ


   ヒゲは剃れよ。


相良:「いやいや、可愛いのは爺ちゃんより(ry」

冶宵:「それは変質者というのですわ!!

日野:「うむ、それは認めざるを得ない」(ぇ

鳥島:「み、認めた……!(一歩引く」

日野:「じゃが決して犯罪者じゃないから!あとむしろワシよりもこいつらのほうが変質者度高いから!そこんとこヨロシク!

日野:@とっしーとたっつん

ユウ:「変質者かー。初めてみるなー」と興味津々。@とっしーとたっつん

生徒:(目くそ鼻くそですわ)

冶宵:「五十歩百歩です」 溜息

日野:つまり目くそがとっしー、鼻くそがたっつん

生徒:日野爺が耳くそ

生徒:(耳くそとでも言ってほしいのかしら)

相良:「変質者ちがうし!ちょっとこの学校にいる女の子の事調べなきゃいけなくなったから女装して会いに着ただけだし!・・・あれ?」

日野:誰じゃ思考のリンクばっちりなのは

生徒:(どんぐりの背比べですわね

ユウ:「そういうのが変質者っていうんじゃないの?」

生徒:(ですわ

冶宵:「………気持ち悪い…」 雛柿さん近づいちゃ駄目ですわよー とか<相良君

鳥島:「やだやだー、こんな変態の仲間はいーやーだー(じたばた@女装)」

相良:「(ひどいショックを受けた)!?」<気持ち悪い 変態の仲間は嫌だ

日野:「ワシだっていやじゃー!ノリノリに見えて実は心の中ではいやがってたんじゃー!」(ぉ

ユウ:「冶宵ちゃんは本当にゴリラが大好きなんだねー」雛柿をかばうやよさんを見て

日野:「あ、それよりお嬢ちゃんと坊主、このゴリラの持ち主を知らんか?ワシ、その人を探しにわざわざ女装してるんじゃけど」>てのりんをやよちゃんとユウくんに見せながら

冶宵:「…………ですからゴリラではありませんわ! 彼女は雛柿京子さん、友人ですっ」 >ユウさん

ゴリラ:(☆ω☆

鳥島:「そういえば俺様、たっつんから目的を聞いた記憶があまりないのだが。誰に会いに来たって?」
     とあっさり気を取り直してみるw

ユウ:「あー。僕ここの人じゃないからー」と答えつつ「・・・え、だってどう見ても・・・ねえ?」と他三人に同意を求める

相良OPでのしぶちょーとの一件をかくかくしかじか、で伝えておこうw>とっしー

鳥島そこで俺様が<土くれの金貨>で、ユウくんの服を女装に変えてみようと試みる!

ユウなんだと!面白そうだから抵抗しないぞ!?

GMんじゃあGMは認めようw

生徒:しないのかよww

ユウ:したほうがいい?

生徒:いや、しない方が良い

日野:いや、抵抗するフリだけでもしといて(ぇ

日野:「そういえばお嬢ちゃんもゴリラ好きなんじゃのー。ゴリラはべらして」(ぇ >やよちゃん @雛柿ちゃん

鳥島:「やあ兄弟、此処であったが百年目だ」 と女装化した途端、ユウ君にめちゃくちゃ親しげにw

冶宵:「わたくしも見覚えは……雛柿さんご存知…?」

相良:「飼育係なんだよ。気持ち悪いとかなんとか言ってるのはゴリラを守るためなんだきっと!」<ゴリラはべらし

ユウ:「…あれ、いつの間に」と言いつつまったく動揺せず<女装化

日野:「ほほーう、なんじゃお主もワシらの仲間か。なかなか似合うのー。まぁいちばん似合ってるのはとっしーじゃが」>ユウくん

鳥島:ふむふむ、なるほどなー。と聞いときます>たっつん

冶宵:「ですから、違いますと何度も……」 さて警備員かトドメかそれともいっそ先輩呼んで収集つけてもらうか迷いつつー

日野:右から左に聞き流して沿うなとっしー

ユウ:「仲間かー。僕仲間だってー」とかやよさんにわざわざ言う。笑顔で

GM:雛柿さんは手乗りゴリラを見て……「えっ? ゴリラ? なんで?」

    一応、教えとくけどこの子、一般人だからね!w

鳥島:「なん……だと(///」<俺様が一番

生徒:(お姉さまと雛柿さん、何をお話していらっしゃるのでしょう……?

冶宵:「ユウさんを変態の一味に加えないでくださいまし!!

日野:「照れとるとっしーもかわいいのー。愛いヤツ愛いヤツ」(爆)

甘音今不審者として警備員に追われてるんだから勘弁しておくれよやよっち

冶宵:「ご存知ありませんか…。わたくしたちも存じませんわ」 じゃぁ手乗りゴリラに関しては一応そう答えておこう

ユウ:「あ、じゃあ次僕!なんかね、突然現れたゴリラにこんなものを渡されたんだけど」とOPでもらった証明書を見せる

ユウ:「何か知らない?」と

日野:「お、そこのゴリラのお嬢ちゃんはこの手乗りゴリラのことを知ってるようじゃのー」>ひながきちゃん

冶宵じゃあコールだけでもしておこうww 出ないでください取り込み中を察しますw

雛柿:「お姉さま、この人たちは一体……?」 (目の前で女装した人が居たり、何か色々とやっているのを見て

甘音〜今お掛けの電話番号はトドメを刺しているか息の根を止めています。断末魔の叫びの後にメッセージをお入れください ・・・・・ぎゃぁあああああああやめろおおおおおおおおおおおお!? 〜

冶宵:「この方(ユウさん)はわたくしの知った方ですわ。ご安心くださいませ。あとの方々は不審…………ぁら? もしかして貴方UGN…」 今更相良君にも気付いてみる

冶宵:雛柿ちゃんに説明しつつくるっとお三方見まわしながら。

日野やめてあまねえええええええええええええええ

冶宵:「相変わらずお仕事熱心の振りをするのがお上手な携帯電話ですわ〜」  メッセージ入力しないでぷちっと切っておきますね☆

ユウ恐ろしい留守電メッセージをスルー…慣れてやがる!

鳥島プロだw

相良:「(久々にまともな声をかけられてほろりときた)うん、俺UGN。しぶちょーの馬鹿のせいでこんなことしてるんだ・・・!ちきしょう・・・!」

鳥島:「うむ、俺様は友情にあつい正義の味方(ヒーロー)だ!」 と自ら名乗っておきましょう

冶宵:「……UGNも地に落ちましたわね」 ぽそり

ユウ:「わー、正義の味方だってー」とはしゃいでおきますね

雛柿:「U、G……?」 キョトン。普通の女の子としては可愛く、ゴリラとしてはミスマッチ。

日野:「ちなみにワシは通りすがりの迷い爺じゃ。決して変態とか犯罪者じゃないぞい


   日野爺の活躍をお楽しみに。


冶宵:「お気になさらず。知ったサークルの名前ですの」 にっこり>雛柿嬢

鳥島:「はっはっは、すごいだろ。サインしてやってもいいぞ!」>ユウ君

GM:(ごめんなさい、証明証って書いてあったから混乱してた。

    職員証からは彼女はここの職員であったことが分かるよ!>ユウさん

雛柿:「そ、そうですか……お姉さまも、そのサークルに?」

相良:「なんか変なゴリラに追いかけられてドツキ回されたり、女装してこんなとこに入ってきたりしてちょっと混乱してたけど、思い出したら腹立ってきたぞ。なんで俺こんなことしてんだ・・・?


   君がPC1だからさ。


冶宵:「いぃえ。けれどたまに交流することが御座いますわ」 にこにこ>雛柿嬢

ユウ:あ、そうだった職員証だった。「わー、じゃあここに書いてよ」とその職員証を裏返して渡そう

ユウ<サイン

鳥島:「たっつんに上司運がないからだ……」 横からぽつり。

日野:「あと友達運もな」(ぇ>たっつん

相良:「(怒り交じりに泣いた。そりゃもう)」<上司運

GM:(さて、そんなこんなで伸びに伸びたボチボチシーン切るよ。

    やりたいことやっちゃってね。)

相良:あ、終わりに情報収集できるならしたいでーす。

GM:いいよ〜、その辺は。

鳥島:(きゅきゅっと職員証にマジックでサインしつつ行動終了)

日野:「うーむ、しかし、この手乗りゴリラについてはここに来てもまだわからんのー。しらみつぶしに生徒一人一人にあたっていくしかないんかのー」

冶宵:「…………ふぅ。UGNでしたら下手に警備の方に突き出せませんわね…」


   すぐ釈放されるからな。


甘音:つ【掲示板に画鋲で貼り付けておく

ユウ:ゴリラを?w

甘音:うん

日野:貼り付けのゴリラ

相良:目的の、しぶちょーの彼女についてリサーチしたい。名前すら知らんのだ。実は。

GM:情報:噂話で。ついで、裏社会でも判定は出来ますが難易度は上がります。

GM:しぶちょーの彼女。

相良:噂話でー。 コロコロ6

GM:しぶちょー、彼女の名前なんて言うの?

甘音相良辰巳

鳥島:wwwwwwww

日野:相良辰巳らしい

ユウ:なんとwwww

生徒:ですわね

相良:まじでかwwwwwwwwwwwwwww

GM:wwwwww

相良:まさか腹違いの妹かお姉ちゃん!?

甘音:しぶちょーはみーちゃんと呼ぶ

日野:あるいは支部長の脳内ではたっつんが女体化されてんじゃね?

鳥島:実はたっつんの奥さんじゃn<相良姓

GM:・相良辰巳について

    個人情報についてはしぶちょー参照。

    とりあえず、この学校の生徒だが現在居ない。

日野:ではこちらも情報収集をー

GM:ういー

日野:てのりんのぬいぐるみ持ってた女生徒について何かしら情報がないか調べたいですー

日野:名前とか危ない目ってどんなメなのか、なんか怨まれごととかあるのか、はたまたゴリラに追われてるのかとか

GM:うい、じゃあ、ゴリラで振ってみようか。

GM:あそれなら

日野:よし、情報収集チーム使用

日野:お

GM:情報:噂話もいけます。

日野:ほむ

日野:しかし噂話はなかった

GM:ないのか、残念w

日野:そして社会2だった。さっき3で振ってた

GM:まあ、やってしまったものはしかたありませんので。

日野:情報収集チーム2回目ー コロコロ → 9 → 11

日野:うわーい

GM:手乗りゴリラの主、あらため相良辰巳について

   最近、彼氏が出来たらしい

   彼氏にあえて居なかったため、数日前、学校を抜け出してから戻っていない

相良:お前かぁぁぁぁぁぁ!?

鳥島:wwwww

日野:たっつんwwwwwwwwwww

ユウ:繋がってたwww

甘音:ふはっはっはw

生徒:相良さん・・・今頃どうしていらっしゃるのかしら

相良:女装してむせび泣いてます。

甘音:オマケだよたっつん

    相良辰巳

    身長145cm17歳。

    長い黒髪に輝くような黒い瞳。

    スリーサイズはしぶちょーに聞け、その後どうなるかは知らないが。

    ころころ変わる表情が魅力的としぶちょー情報。

    ぷにぷにしている頬っぺたに癒されるとしぶちょー情報。

    髪をかきあげた時のうなじが素敵としぶちょー情報。

    スレンダー、だがそこがいいとしぶちょー情報。

    触れたら殺すとしぶちょー情報。

日野全て支部長情報。怪しい

日野:持ち主の少女がピンチってなんなんだろう・・・。支部長に会いに行ったら途中でトラブルに巻き込まれたんかな

相良:同い年・・・だと!?

甘音じゃあ小学生がよかったか!

相良:!?

鳥島:しぶちょー犯罪www

ユウ:危険人物ww

日野むしろ熟女未亡人で


   極端な二択である。


GM:さて、他になければシーン閉めるよ!w

ユウ:僕も情報収集したい。職員証の人物について

GM:あい、どうぞ。

GM:噂話、あるいはシスターゴリラでどうぞ。

ユウ:じゃあ噂話でw( コロコロ8 → 11

ユウ:がんばった

GM:うい、んじゃあ。

GM:シスターゴリラについて

   ・聖(中略)学園の職員。

   ・現状に気付き、現状の解決のために逃げ出した人間の一人。

   ・その際、今回の事件になんらかの関係が在ると思われるΘの石をもって学園から飛び出した。

甘音しぃぃぃぃぃたぁああああぁぁぁぁ!

GM:wwwww

生徒ぱずううううううううううう

鳥島:ボイス付きで再生された……w

ユウ:そうか…うっかり見殺しにしちゃったけど…パズーに悪いことした

日野:パズーは誰だろう・・・

甘音:それとも「世界を守るため星を殺そうとして、逆上した星に殺される可能性」か(違

冶宵GMさーん、閉鎖につぃてちらっと情報収集させてくださぃなー

GM:あいよ〜。

GM:噂話>>裏社会≒UGNくらいでどうぞ。

冶宵:<生き字引>はだめですかー?

GM:つかってもいいよ〜。

冶宵:じゃぁそれでー

冶宵:コンセはなし コロコロ → 16 → 20

冶宵:これでどれくらぃわかるかなー

生徒:流石ですわお姉さま!

GM:(ちなみにうちのΘのデザインはこんな感じで

     http://www.nicovideo.jp/watch/sm4603213

GM情報整理中〜

甘音〜少女祈祷中〜

生徒巫女ゴリラとか魔法使いゴリラですね

日野巫ゴリラですか

甘音MARIRA

GM:・学園の閉鎖について

    教頭をはじめ現状に気付いた人間が生徒たちを社会の目、およびその他組織から保護するために閉鎖した。

    かといって、事態を大げさにするわけもいかず、生徒のうちオーヴァード能力の在る教職員数名や、警備員によって現状は維持されている。

GM:日本語おかしくなりました

GM:生徒のうちオーヴァード能力の在る教職員数名や→

    オーヴァード能力の在る教職員数名や、生徒

GM:こうですな。

日野:そんなところに特に問題なく入れたのか。女装組みは

日野:やっぱり女装は大事だNE☆

GM:だって侵入判定と化する前に出ます!とか言われちゃったから、こうw

鳥島:「俺様の実力(女装)にかかれば、ざっとこんなものだ!」

GMまあ、ノリと勢いだね!w

甘音:だね☆

ユウ:大事だね!ノリと勢い!


   このセッション事態がノリと勢いの産物である。


ゴリラ:実はゴリラの力だったということで

日野:ゴリラの掌の上で転がされているというのか・・・っ!

GM:さて、他は大丈夫かな?

冶宵:ありがとうございますー  やよいはシーンエンドいつでもOKですよー

鳥島:全てはゴリラのみぞ知る、か……

甘音:大丈夫だ

鳥島:あ、自分も情報収集したいです

GM:何について?

甘音ダーリン(相良辰)について

鳥島:メイドゴリラって、さっき出た以上の情報ありますk

鳥島え、それありなの!?www<たっつんについて

相良:なんだってーwwww

日野:調べられるなら調べてみてwwww

GMえ、ふってもいいよ?wwwwww>たっつんについて

奥様:あらあらうふふ

日野自分の女装がどれだけ周囲に受け入れられてるかについて?

鳥島それはもう調べるまでもなく百パーセントだ、問題ない<女装定着率

ユウ:奥様ー!

日野:なんという自信。だがそれがイイ

GM:ちなみにメリラはあるよ〜。

GM:でもまあ、そこまで大量には残ってないかな。

鳥島:わー、どうしようかなあ

鳥島:……そもそもなんでこんな状況になってるのか、って部分は調べられるのでしょうか(今更)

GM:ん〜、まあ、達成値が必要だけど出来るよ。

甘音幕僚:女装だろうか、それともゴリラだろうか、それとも支部長に彼女が出来たなれそめだろうか

ダイスの神様:(汝の為したいように為しなさい……力(出目)はそれについてくるものなのです……

鳥島:ど、どれくらい出せばいいのかヒントを頂いてもー(じぃ)>達成値

甘音3

GM:ん、最初の情報が9から。

GM:3は流石にwwww

甘音より下

GM:一応、多方面から切り崩していくのならともかく。

    いきなり核心に迫るとなるとこんくらいは必要になりますです。

冶宵:逆に難しい…?

日野なんでよりによってゴリラなのか、とか(ぇ

GM:んまあ、自由にどうぞw

GM:・なんでよりによってゴリラなのか、についての情報

    コノシロさんが無茶振りしたから

    以上。

鳥島:9なら一応、圏内だけど……うむ

甘音:うむ、まったくもってその通りだ

鳥島ラスボスはコノシロさん

冶宵ちょっと強すぎますw

日野ラスボスはコノシロラだったか・・・

警備員:まさかのロシアンルーレット

生徒コノシロラのデータ組まなきゃ><

甘音は!だからPCネームをコノシロンで呼んだんだな!

GM:んま、そんな冗談はともかくw

GM:さて、他にも情報ほしい人は情報ふっちゃってください。

GM:時間が時間ですので。

GM:そんなコノシロさんはミドル回んなくてごめんなさいデス。

鳥島:じゃあダメ元でいきなり核心に切りかかってみます

甘音:いえいえー、次はトップバッターさー

GM:うい〜。

GM:んじゃあ、噂話≒UGN>裏社会で。

鳥島:では情報UGNで、要人への貸し+情報収集チーム使いたいです

GM:はい、どうぞ〜。

鳥島( コロコロ → 21 → 25

甘音:回ったぜwww

GM:お〜、よく出しましたなあ。

警備員:すげぇ、回ったぞ!

奥様:さすがとっしーね

鳥島:まさかのw

GM:さて、情報整理中少々お待ちを。

甘音:もう俺出番ないかな(ぇ

生徒:にぎやかしという大事な出番が

日野:もうコノシロラに専念していいんじゃない?

GM:あれ?

GM:情報収集チームコネか。

GM:んまあ、いいや。

GM:今回いいですが、コネは重複して使えないから気をつけてくださいな。

鳥島:あれ。す、すみませ……!(ぱたり)

甘音:俺コネ持ってないからいいyあ、持ってた

GM:今回の事件について

    この学校自体に封じられている……というより、ここの居付いて動かせないから封じたRBがいる。

    いわゆる地縛霊。神無咲のOPはその影響。

    その地縛霊はどうやら、昔自殺した少女の転生体で在るようだが……

    なお封じた場所は地下とされている。

GM:とまあ、女学校定番のホラーが見えてきましたがこんなところで良いかな?

日野:封じられた仕返しに、「み〜んなゴリラになっちゃえ〜☆」とかそういうことですかねこれは

鳥島:まさかのホラーw

相良:超展開w

甘音:・・・・もうこれシナクラでよくね、と思ってしまったがまぁいいや

GM:ふったのはあんたらだw

生徒:怖いですわね(ひそひそ)

鳥島:「ふはは流石俺様の下僕チームは優秀だな」 と勝ち誇って俺のターン終わりで大丈夫です。

GM:これでも、あの伏線どうやって回収しようかクソ悩んだんだからwwww

日野:「とっしーの下僕ゴリラは優秀じゃのー」

甘音:じゃあまだぶちまけてもいいかないや考えてないけど

日野:というわけでそろそろ時間的に限界であります!

GM:うい、じゃあこの辺でシーン閉めます!


   ということで、次回となり・・・・・・。速攻馬鹿なことを言う俺が居た。


コノシロいっつみずわーるど

ありえないし!w

まつもと水さんの水さんによる水さんのためのせっしょん?

それ水を全部コノシロさんに変えてくださいww

コノシロわーるどいずまいんとか歌ってくれるに違いない!

べ つ に  わーがままなんてー

甘音よし!水さんがノリノリだ!

GM:という訳で、本日のテーマソングはワールド伊豆マインになりました。

冶宵限定的に見えてしまった・・・ごめんなさぃ

rauみずみずしいセッション

相良みずみずしいwwwww

冶宵甘々の間違いじゃあるまぃか と わりと本気で思ってるんですが


   みずみずしくて甘々しいセッションでいいじゃないか。内容はまったく正反対だが。


甘音へいらっしゃい、水さんにしますか

日野みずみずで頼むよ

甘音水さん二人入りましたー

ユウ水さんご指名入りまーす

冶宵こわいですからww っていうかこんなの2人もいたら嫌でしょww


   むしろお願いします。


さくま初めましてで見学しながらキャラでも作りますかねぇ。

甘音・・・・・作れるかな(トオイメ

日野今作り出したら

ユウゴリラになる?

日野知らないうちにPCがゴリラになっちゃうよ(ぇ

相良ああ、なりかねないw

ユウキュマイラピュアですねわかります

日野まつもっちゃんと同じ思考だtt(ry

さくまどういうことだ…

ユウ多分、みんな同じ気持ちだったはずだ

日野それもそうか

さくまやたらと絵板がゴリラまみれだったのは確認したけど何がなにやらw

甘音あれがヒロインたちさ・・・・

相良(遠い目

さくまえええ・・・

甘音なぜだろうな・・・・

ユウどうしてこうなった・・・

日野ドキッ☆女学生だらけの潜入ミッション! ゴリラもあるよ!! みたいなセッションですから(ぇ

甘音ただし女装

冶宵……逆じゃ…?

ユウドキッゴリラだらけの潜入ミッション! 女学生もあるよ!! かな

日野そっちのほうが正しかった(爆)>まつもっちゃん

さくまなんか導入部分からイロイロおかしいおかしい

GMってな訳で、第三回!もしかしたらGMの遺作になるかもしれないSPを開始していきます!

甘音あーい、よろしくですよー!

日野よろしくおねがいしますー!

ユウよろしくおねがいしまーす

相良よろしくー

冶宵よろしくおねがいしますー

鳥島あ、よかった入れた

日野トッシーがきた。これでカツル!

相良この戦、勝ち申した!


   むしろ来ないと始まらないと思うんだが。


甘音へいらっしゃい、水さんにしますかさがらんにしますか

日野あまねんもあるよ

相良ひのじいもあるよ


   一人だけPLな件について。


鳥島よろしくおねがいしまー……いきなり何やってんのwww

冶宵水しーらなぃ

鳥島じゃあおじーちゃんに一票

日野・・・やさしくシ・テ・ネ☆

甘音つ【チェーンソウ】

鳥島優しく皮一枚ずつじっくりていねいに☆

冶宵むしろ甘音先輩からおじいちゃんへのロイスが憎悪なんじゃ…w

ユウいや、執着だよ

日野あまねんってばそんなにじいちゃんがすきなのね

甘音むしろ取ってないんだよ

日野ナンテコッタ

相良ナンダッテ

ユウあんなに仲良しだったのにね・・・

冶宵甘音先輩のPC間ロイスはGMにとってますもんねー

日野そういえばPC間ロイスは日野爺からあまねりおに対してだった

GMはいはい、それじゃあはてさて。

日野あんーなーにいいーっしょだぁったーのにー

GM前回の女子高生全員がゴリラになっているという色んな意味で残念な展開から続きまして。

甘音(スプレー構える

ゆうじゅう”GMそれはゴリラマスターの証

GMういうい、じゃあ、いきますです。

冶宵ひどぃw

相良(GMGとかなんかマシンガンみたいだな)

GMという訳で、あまねくんのしーんからになります。

GMという訳で。

日野ゴッドマゾかと思ってたけどゴリラマスターだったんですね

甘音ほいほーい


GMミドルフェイズ03:シーンプレイヤー――あまねりお


GMまずは登場侵食率をどうぞ。

甘音よいさ ( コロコロ → 4 → 49

甘音そしてGM、木刀の購入判定していいでしょうか(ぇ

GMいいよー。

日野誰を殴るんですかそれで

甘音目標値5( コロコロ → 5

GMうい、ジャストだね。

冶宵ぴったりだしw

甘音よし、俺は木刀相当の釘バットを手に入れた

GM釘バットなんだw

GMそんじゃあ、君は何をしているかな?

日野おまわりさーん、あいつが誰かを血まみれ殺人事件する前にタイーホしてあげてー

ユウおまわりさん「無理

日野おまわりさん「むりだってのー ヽ(*ω)==≫サジ」  「Σ(゜Д゜;)サジ投げた」みたいな感じですか

ユウそしておじーちゃんがそのサジを拾うのです

甘音頭に紙袋を被り、釘バットを肩に担ぎ、警備員から逃れるため隠れていた女子更衣室から出てきた

甘音(絵板参照

GMさて、そんじゃあ、女子更衣室から出てきた君はどうしてるかな?

甘音「・・・・・ゴリラばっかで殴り飽きたな・・・・・。あいつどこ行きやがった・・・・」と徘徊してる

GMはい、という訳で知らぬ間に次々の乙女を殴り倒しながらアマネ君は道を進んでいきますと……

GMそれじゃあ、怪盗ゴリラが出てこようかwwww

甘音そのマントにスクール水着!そして足袋はあのときのゴリラ!

甘音「ここであったが・・・・・まぁいいや。ぶっ潰すぞゴルァアアアアアアアアアアアアア!」

甘音と、釘バット持って突貫

GM「うほおおおおお!!!」(怪盗ゴリラやりたい人もってっていいからね)

GMと、まあ、ヤリラとはまた違う力とパワーをいかした戦闘方法で襲い掛かる!

甘音「くっ!エンゲージするとエフェクトが使えねぇええええええええええ!?

GMんじゃあ、徹底したインファイト、零距離での戦闘! アマネ君に轟音を立てて怪盗ゴリラの拳が襲い掛かる!

GMその背には、怪盗ゴリラが学園から奪った秘法が!www

日野秘宝・・・!

甘音「見えたっ!しゃあああああああおらああああああああああああ!」と言いつつぶっ飛ばされる

相良怪盗ゴリラ「(車田先生っぽいカットで必殺ブロー)」

甘音「ちょ!無理!」

甘音人質取るしかねぇ・・・・・・・・が、まず出会ったら逃げられるからどうすっか・・・・・」釘バット構えつつ

日野怪ラ「ウホ・・・ス!!!!(ギャラクティカマグナムなんとかー!)」

甘音「なんかやべぇ技撃ってきた!?」

相良BGM♪〜りんぐに〜か〜けろ〜♪

甘音きっとくるー


   それは違うリングである。


甘音「・・・・・・・・・・よし、じゃあな!」くるっと回って逃げる

相良そこで何か見知らぬ心霊的なサムシングがあまねーのズボンをずりおろしにかかるわけですね

甘音「(無言で釘バット振り下ろす」>さむしんぐ

相良サムシング「(除霊執行された)」

日野しかしサムシングの執念により、あまねりおのズボンはずりおろされピンクのブリーフが衆目にさらされるのでした

相良せくしー。


   せめてトランクスか褌にしてくれ、ピンクでもいいから。


ユウ遠くのゴリラたち「ウホ…ウホ…(ピンクよ…ピンクだわ・・・)」

日野遠ゴリ「ウホウホ・・・ウホッ(わたくし初めて見ましたわ。あれが殿方の・・・ポッ☆)」

甘音「おいゴリラ!スカートよこせえええええええええええええええ!

ユウゴリラ「ウホー!?(きゃー!!変態ー!!)」

日野怪ラ「ウホス(スク水でよければやろう。ただしわたしの使用済だ)」 ぬぎぬぎ

甘音「いらねぇ。というかテメェは来んな!」

甘音とスカート強奪しながら職員室に向かって走るぜ☆

相良女生徒ゴリラ「うほぉぉぃおくぁqwせdrftg(いやぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?)」

ユウゴリラ「ウホウホウホ!(変態よ!変態だわあああああ!!!)」

甘音「なんか妹と服装似てたけど気にしねぇええええええええええええ!」

日野妹ゴリラこといもラ「ウホッ!(お兄ちゃんが私のスカートを?!そ、そんな、私のことそんなに求めてたなんて?!)」 (ぇ

GMんじゃあ、合流するのかな? この流れは?w

甘音一人は嫌だ!

ユウ怪ラがいるじゃない!

鳥島君は一人じゃない!

甘音じゃあ肩組んでコサック踊りながら職員室に突撃するよ

GMんじゃあ、ぼちぼち合流したい人でておいでw

相良はーいw

相良:( コロコロ → 7 → 71

冶宵じゃあ、出ますかー( コロコロ → 4 → 62

鳥島俺様も俺様も

鳥島:( コロコロ → 6 → 52

日野よし、今出ればあまねりおのスカート姿が拝めるな

日野:( コロコロ → 1 → 56

ユウこれで皆同じ服装だね!( コロコロ → 3 → 48

甘音血糊の突いた紙袋を被り、釘バット片手にスカート履いた通り魔がやってくるぜ☆

ユウ「冶宵ちゃん、また新しい人が来たよー」

冶宵「先ほどから悲鳴……が…………」  あぁ、直視したくない現実

甘音人質発見!

相良「なんだあの紙袋にスカート姿の変な怪人は!?」という説明口調的な何か

日野「ぬぅ!お主は・・・その釘バットは忘れもせん、甘音幕僚だな!」 (クワッと目を見開く。女生徒コスで

甘音「誰だテメェ。俺は女装してる爺なんて知らねぇぞ」

冶宵「………首ですわ、先輩…」

日野「・・・なんじゃとーっ?!ワシを知らんとはよくも言えたなお主ーっ!」

日野「・・・しかしそれにしても、なんじゃその格好は。お主には常識とか良識とかいう言葉がないのか。漢のくせにスカート穿くなんて」>あまねりお(ぇ

甘音テメェらも人のこと言えねぇだろ!

ユウ「これが正装だっておじいちゃんが言ってたよ!」

甘音「・・・・おお、よく見たらカンザキじゃねぇの」

甘音殴れ」<おじいちゃん

ユウわかった」殴る>おじいちゃん

日野「うむ、最近の若者のたしなみらしいぞ。のぅ、たっつん」>たっつん

冶宵「ユウさん!? いぃんですのよ聞かなくて!?」

相良(殴られていくおじいちゃんを見ながら)「あ、ああうん。ごめんね。ホント。あんな与太話して

日野「いきなりなにするんじゃぼうずーっ?!さっきまであんなにフレンドリーに女装しておったワシとお主の仲なのに!!」>ゆう

ユウ「え、だって殴れって言われたから…」

鳥島「そうだぞ今時のトレンディ――な、なんだってー」<与太話

甘音「・・・・で、なにやってんだ。つぅか誰か人質になってくんね?」

相良「え!?今、爺ちゃんのハシゴはずしたつもりが、トッシーのはしごだったの!?」

冶宵「何をなさったんです…?」

甘音「ゴリラ狩り」

日野エルフを狩るものたちならぬゴリラを狩るものたち

相良ゴリラ相手に身ぐるみ剥いで・・・ああ、なるほど!

甘音「つぅか盗まれたモン取り戻しにきたんだよ」

日野「・・・よし、次はあやつを殴るんじゃ(あまねりおのほうを指差しながら)」>ゆう

ユウおじいちゃん、暴力はよくないよ

相良「人質とかすげぇ物騒な・・・。え、ヒロイン役だれ?ヒロイン力(ぢから)が一番高い奴が人質になるんじゃないの?

冶宵「あぁ……。分かりましたけど余計な被害者は出さないでくださいませ…」

甘音「だって面倒じゃねぇか」

日野「なんでワシのときだけそういうこと言うんじゃっ?!」(爆)>ゆう

鳥島最強のヒロインといえば、俺様の下僕一号もといメイド以外おるまい!

ユウ…格?」>おじいちゃん

日野・・・_||○

甘音爺・・・・・もっと頭下げろ(ぇ」

冶宵「先輩!」

相良「トッシー、俺もう気づいたんだ。そんなに無理してヒロインにならなくてもいいんだよ・・・」

相良俺だけのヒロインで居てくれれば・・・!


   これはプロポーズに入るのだろうか。


日野_||。。。○ ごろごろ


   爺さん、マジで頭を転がすな。


甘音「なんだ、カンザキが人質やってくれんのか?」

冶宵「ぁー……分かりました。分かりました。 元はと言えばわたくしが放っておいたのが原因ですものね……」

日野「くぅ、人がせっかく頭ころがしてるのに誰もツッコまんとか最近の若者はなっとらん!」(ぇ

鳥島「うん……いやな、俺様の話じゃないから。俺様の下僕だから」 あえて冷静に突っ込んでみる俺様>たっつん

鳥島(おじーちゃんの頭なでなでしとく)(足で

甘音「つっこんでやろうか?釘バットで」>爺

ユウ「あ、ごめんね」頭拾って投げる

相良「あ、うんごめん。まさかそこで冷静に突っ込まれるとは思わなかったわ。ほんとごめん(素)」

日野「人の頭がころがってても足蹴にしたり釘バットでつっこんだりせんとは、最近の若者はシツケが行き届いておるのーハッハッハ」

冶宵「お爺様……今までどのような……」(ほろり

鳥島「参ったか、今日の俺様はクールガイ!(ふははは」

甘音女装してるがな」<クールガイ

甘音「・・・・そういえば元々テメェの仕事だったじゃねぇか!?よし、後は任せた」煙草吸い吸い

鳥島「よしもっと褒めるがいい(ふははははははh」>最近の若者

相良「おぉ!流石はトッシーだ!これなら事件解決も早いね!・・・・・事件?

鳥島クールに女装で解決してやるz   事件?


   どちらかというとただの惨事である。


甘音「後輩の尻を拭うのが組織の先輩の仕事だろ・・・・・?(優しい声で」

冶宵「わたくしがここに来てからの仕事でしょうっ!!」

日野:「(*ω)==≫ ならワシも投げ返すぞーい」>ゆう

ユウ「わーい。…あ、取り損ねた。どっかいっちゃった

甘音「(ほーむらーん

相良「(きゃっち!)」

相良「(あんど、イチローばりのレーザービーム返球)」

冶宵「そうですわね、よろしくお願いいたします、甘音先輩♪」

甘音「カンザキの方が風紀委員として先輩じゃねぇか」

日野=======(゜∀゜;) ばびゅーん

ユウおじいちゃんが飛んでいく…

冶宵「ですけど、わたくし先輩の後輩ですもの♪ それにこの件に関しても、わたくしが知ったのはつぃ先日、ですわ」

甘音「ったくしゃーねぇな・・・・・・爺、頑張れ」

甘音「俺は喫煙所行って人質探してくる」

冶宵「探さないでくださいっ!」

日野_||。。。  あたまあたま

相良「ていうか、そもそも俺らの目的の・・・・・・俺に名前がそっくりな女の子は今学校抜け出してるみたいだから、ぶっちゃけ無駄足だよね。そういえば」>とっしー

鳥島(爺さんの顔をおたべよー)

GMんじゃあ、そんなところで相良君、知覚判定しようか。

相良らじゃー( コロコロ 11 → 12

甘音「じゃあカンザキが人質やってくれんのか!よしこれであのゴリラに対抗出来るぜ」

冶宵「えぇ、どうせならわたくしかそのお爺さまの頭にしてくださぃませ

甘音「人じゃねぇんだから意味ねぇだろ」

鳥島クリティカルw

ユウ「だめだよーおじいちゃんの頭は皆で遊ぶのに使うんだから

GMおもしろくねえなあwwww>成功

ユウよっぽどヤリラに会いたくないんですねww

鳥島たっつん必死すぎるwwww

日野「お、あったあったワシの頭。・・・ふぅ、女装していなければ即死じゃった」 (ヘルメットがなければ即死だった人のようにシブく

日野なんで成功するんだよたっつん!!

相良女装したから助かったんだ(ぇ

ユウ女装ってすごいね!

甘音もう次から振らないでおこうぜ

冶宵「はい。雛柿さん、ちょっと行ってまいりますわ」 一応断っておこう

GM(ヤリラ出てきたらヤリラにキャッチ刺せよう(誤字に在らず)と思ってた>日野G頭

日野女装していなければヤリラだったのか・・・(ゴクッ

日野それ危ねぇ!(爆)@ヤリラキャッチ

日野ぐろーぶでキャッチした瞬間、そのままぐしゃっと潰されそうだ・・・(マテ


   かなりの確立でそうなりそうである。


甘音「・・・・お、ゴリラ」釘バット構える<雛柿

ユウ「それは冶宵ちゃんのゴリラだから苛めちゃだめだよ」

冶宵「違います!」 雛柿ちゃんの前に立とうか

甘音「なんだよ、ペットかよ。しゃねぇな」

日野「冶宵ちゃんすごいのー。ゴリラがペットな人なんてなかなかおらんぞ」(ぇ

相良「だから飼育員だと何度も(ry)」(ぇ

冶宵「ペット……まぁ、それで良いですわ(後で謝りましょう。この方警察に送った後で)」

甘音「ま、さっさと物取戻しにいくか」

日野「そういえばお主は何しにここへ来たんじゃ?」>あまねりお

甘音巨乳殺しの右腕を取り戻しにきたんだよ、仕事で」

冶宵「えぇ、上は頼んだ相手を間違えたようですわね……」

ユウ混ざってはいけない何かが混ざってませんか


   混ざってはいけない何かについてはリプレイ『パッドチェイス』を参照。


甘音「じゃあ次からカンザキにまわしてもらうぜ」

冶宵「えぇ、暴力沙汰になりそうな時にお呼びしますのでお願いいたします」

日野「巨乳殺し・・・なんじゃお主、貧乳が好きじゃったのか」>あまねりお

甘音俺は美乳が好きだ

甘音ということで情報判定してもいいッスかね

GMいいよー。

甘音では幻想殺しの右腕について

GMじゃあ、ふるがいいうよ!

相良「微乳好きか・・・。業が深ぇ」

日野何カップから巨乳なのかについて調べるんですか

GMうんとなんだろう。

GM情報:巨乳で。

鳥島wwww

甘音机に乗ったら巨乳じゃないですかね

日野「貧乳よりもさらに深いのぅ」

甘音よーし行くぜー( コロコロ → 13

GMとりあえず、ロリにもは必要だと思うんだ。

GM13か。

ユウ巨乳に詳しいんだねあまね・・・

日野クリティカルした・・・あまねりおは素晴らしく巨乳に通じていた

甘音美鈴ちゃんが巨乳だったんだよ!

GMちょっとまってねー、情報整理中。

甘音あいあー

日野美鈴ちゃんはそんなあまねりおの視線がイヤだったから別れたんだね

甘音「じゃあテメェらもどっちが好きか言ってみろよ!!」

甘音俺の美鈴ー!?

日野ワシはおケツが安産型なほうがいいのー」(ぇ

甘音尻好きか爺

相良くびれが・・・こう・・・(手でカーブを表現)

甘音腰好き一人追加

ユウ人間の女の子はよくわかんない…

甘音爬虫類が良いんだな

日野「ならゴリラの女の子ならわかるんじゃな」

ユウ「女の子かどうかもわかんないよ?」>ゴリラ

甘音「ゴリラはメスだろうが」

GM・魔術殺しの右腕について

    どっかの錬金術師が、どっかの無能力者から切り落としたという右腕。

    なんでも不思議な力は全てうちけすらしい。

    システム的なお話をすると、オーヴァード・ジャームのエフェクトを解除する機能持ち……かも。

    以上。

冶宵「変態……  (ゴリラ嬢たちににっこり)皆様、此処にいては何かと危のう御座いますので場所を移るといぃですわ」

甘音「ほうほう・・・・・・良いモンだな」

甘音「それは俺がいつ殴りかかるかわからないからか」

冶宵「無論それも。後は精神衛生の面で少々不安がありますので」

甘音「ゴリラ殴ったら・・・・・ああ、動物保護団体に訴えられるな。その精神疲労か」

冶宵「むしろ暴行ですわよ…ゴリラじゃありませんもの」

相良「あれ?で、この集まりってこれからどうすんの?フェチの話で盛り上がんの?」

日野「ワシはそれでもええぞ、たっつん」

相良「うん。俺も正直それでいい気がしてきた。とっしーのフェチも気になるし

ユウ「それだと僕ついていけないからつまんない…」>フェチの話

鳥島上半身より下半身だろJK、むしろ腿がげふん

冶宵そのような話をするために女装してまで女学院に不法侵入なさったのですか、貴方方は


   だとしたら相当の紳士である。


ユウ「話についていけないから冶宵ちゃんたちについていこう。何するんだっけ?」

甘音「ゴリラ狩りじゃねぇの」

GMさてさて、他にもすることあるかな?

相良あ、情報収集したいよー

GM(情報収集、調達などなど終わらせて一旦シーン切りましょう。延び延びになっておりますので。

鳥島「そういえば人探しをしに来たのだったか、ふむ。……探さなくて良いのか?」今更のようにクールに取り繕う俺様>たっつん ←情報収集に便乗しちゃおうの心

冶宵「わたくし達は、そうですわね……甘音先輩が失敗なさった仕事の後始末に……」

甘音「まだ十個しか失敗してねぇよ」

日野いや、女装したのは趣味じゃからじゃ。とっしーの」>やよちゃん (ぇ

冶宵……………い、良いご趣味をお持ちで…←引いた

鳥島いやいやいや、これはたっつんの趣味でありライフワークであり、俺様は初挑戦だ」>やよちゃん

冶宵充分ですわね

日野「そう言えば・・・ワシはこいつに頼まれてここに来たんじゃった!」てのりんを見ながら(ぉ

甘音変態しかいねぇな

相良待て待て!俺だって初挑戦だよ!?だからこれはUGNからの罰ゲームで!

冶宵「………まぁ……エージェントがこれでは支部長も大変でしょう…」ほろり

ユウUGNって面白いとこなんだねー」

甘音「終わったなUGN・・・・・」

冶宵「そうですわね。甘音先輩? うちは終わらせないでくださいましね?」

日野「罰ゲームにしては嬉々としてやっとったのーたっつん」(ぇ

相良「うぉぉぉぉ・・・・終わってる発言にはいろんな意味で反論できねぇ・・・・!!!!」

甘音「そこは上が頑張りゃいいだろ、下っ端が考えるもんじゃねぇよ」

冶宵「貴方の素行で終わりそうなんですもの……」

相良「だって嫌々やってたら誰もついてきてくれないじゃん!ちきしょー!」>ひの爺

甘音「前からこんな感じじゃねぇか(HAHAHA

甘音そして情報判定いいのかな

GM情報判、購入判定もいいよ〜、一人一シーン一回ねー

冶宵ぁ、じゃあー、 OPでスカートずりおろしてきた方について調べたいなと

甘音雛柿ちゃんのスタンド<手

GMうい、どうぞ。

冶宵「以前……はもう少し……まぁ、いぃですわ」

冶宵生き字引ー で いきますねっ( コロコロ → 9 → 13

相良えーと、相良辰巳と自分自身に何か関係あるのか調べたい。

GMはーい。

GM・件の手について

    地下の幽霊(♀)

    なんでも、昔、失恋したときに自殺した幽霊。

    その女性に似ていたのでついハアハアしてやっちゃったらしい。

    以上。

冶宵「……………」

ユウモテモテだね!

冶宵中の人だったら喜びましたがね!w

鳥島ついハアハアしちゃったならしょうがない

甘音俺のお袋か(ぇ<失恋相手

相良まさかのあまねママ似!?w

甘音じゃあママって呼んだほうが良いかな

冶宵こっちは先輩って呼んでるのにw

日野ままー

相良ままー

甘音ままー

ユウままー

鳥島ままー

日野まーまー

冶宵どうしました義父さん、から聞くのがいぃのか…?<ひのじぃ

日野マスオさんって呼んでもいいよ

相良ますwっをwwwww

GMとりあえず、他に情報判定無いかな?

ユウ飛行石もどきについて調べたいです!

甘音ゴリラが産んだ

ユウ卵だったのか…

相良きゅぽん!って音出して生んでる

日野きゅるんっ(☆ω☆) ってのを思い出した@きゅぽん

鳥島卵焼きたべたーい

ユウじゃあこれ焼くかー

相良割ったらうっかり有精卵

甘音ゴリラが生まれました

GMうい、残り少ないですが、ふっていただければ完全に出ます。

ユウなんだっけ。情報:ゴリラ?

日野情報:シータじゃない?

ユウまあどっちにしろ技能ないから普通に振ればいいんだよね!( コロコロ 2

ユウこれはひどい

GM2はなあ、ちょっとでないかもw

ユウもういいよ…卵で…

鳥島じゃあ俺様、そろそろ相良辰巳の足取りを辿れないか挑戦したいです

鳥島(正直目的忘れてたなんて言わない)

相良(素直だね)

甘音辰巳ちゃんはオーヴァード空手を習いに行きました

日野こまえー

GMういーんじゃあ、ふろうか。

GM情報:相良家でどうぞ。

鳥島家単位! では情報収集チーム使用で。

GMうい。

GMチームという名の相良君への愛ですな

相良(どきどき)

甘音(むねむね)

相良(わくわく)

甘音(わくわくさーん)

甘音ちーむ「空き巣してきます

鳥島よし貴様ら、家探しし倒せ。へそくり見つけるまで帰ってくるんじゃないぞ( コロコロ9 → 11

甘音ちーむ「臨時収入入りますかね

相良相良父「なんだ!?・・・気のせいか」

甘音ちーむ「こちらすねーく、今下着BOXを漁っている。黒満載だZE

鳥島小銭はポケットに入れても可、札は俺様のものだ!あとベッドの下を漁るの忘れるなよー

甘音ちーむ「さーいえっさー!根こそぎ奪ってくるであります

相良性質わりぃぃぃぃ!?wwwwwww

甘音ちーむ「彼女の写真もあったんで根こそぎ奪うでありまーす」

GM・相良辰巳

    相良君の異母兄弟。

    文句は受け付けない、文句は相良父に言え!

    そんなわけで、母子家庭の苦しい家庭に生まれだからか、母を護るため、成績による奨学生制度でこの学校に入校。

    また、母を護るためにオーヴァード空手の使い手だという。

    以上。

日野そういや支部長の彼女の名前ってあまねりおがテキトーにつけた名前だと思ってたけど、ちゃんとたっつんと関係あったのね(爆)

相良「(ボクサーパンツが漁られたり、なにか大事なものを辱められた気がした)」

ユウ相良父……

鳥島「お前、なんと……英雄の血をひいていたのか(たっつんを見る目が変わった!)」

相良「お、俺もびっくり・・・ていうかそれ絶対英雄じゃないよね。ただの浮気親父だよね」


   ある意味英雄ではある。


鳥島あ、そういえば『足取りをたどりたい』だったんですが、学校を出た後の行方とかはさすがに出てきませんかw

甘音ちーむ「たいさー、エロ本と写真の山どうしますー?

GM学校出た後の行方もでるんだけど

GM実は、もうチョイ達成値が欲しいところ。

甘音タイタスを切るんだ

鳥島よしきた、たっつんのタイスを

相良きられるー!?wwww

GMうい、じゃあ、一応ふろうかw

甘音アレだな、エロ本の傾向が合わなかったんだな

相良なるほど。妙に納得しそうな理由w

ユウ脆い友情だったね

GMこゆいのばっかりだったんだなろ本

鳥島:( コロコロ4 → 15

GMんじゃあ、追加情報。

GMヤンデレゴリラである。

相良な・・・に・・・・!?

甘音なんだってwww

ユウなんとwwww

GMという訳で。

GMドーン!

GMヤンデレゴリラがいらっしゃいますwwwww

日野はいヤンデレ入りましたー(爆)

ユウヤリラさんご指名はいりまーす

鳥島おいでませヤリラー

鳥島「俺様こんなマニアックな趣味の持ち主についていけn(現実から目を背ける」

甘音「まぁアレはないよな・・・・・さすがに」

相良「うわちょっとそれ誤解!?ていうか、え、え、ちょ・・・キター!?!?」

GMさって、ヤンデレゴリラが表われて、小さく笑います。

GMんまあ、やよいさんだけは理解できるね。

甘音「危ない!(相良をヤリラの方に蹴り飛ばす

相良親友とか父親への尊敬とか色んなものを失って愕然と膝をついた!

日野「たっつん、女難の相・・・じゃなくてゴリラ難の相が出とるのー」

甘音「ゴリ難でいいじゃね」

相良(突き飛ばされたー!)

GM「……幸せな生活を送った挙句……私と、あの人の邪魔までするって言うの?

GMしぶちょーを私から奪うなんて許せない! しかもい、私の子の姿を、今報告させるわけには行かない!

GMさあ、 死 ぬ が よ い」

GMこんなことを語っております。

相良「ああ、刻が見える・・・(ヤリラに突き飛ばされながら)」

日野「ぬぅ、そっちのほうが危ないではないか甘音!たっつん今助けるぞ!」たっつんに火とかぶぉー

日野っとやってさらに加速させr(ry

冶宵「……ぁら、…えぇと、確か……相良さん…?」 でも何のことか分かんないよ!w<邪魔

ユウ「新しいゴリラだー」としか見えないわけだね、僕らには!w

甘音「ヤツを囮にして逃げるぞ!なんかアレはやばい!」

相良火達磨のままヤリラの前で愕然と突っ立ってるよ・・・w

日野よし写メに撮ろう。パシャパシャ

甘音パシャパシャ

日野「おーいみんな、ちゃんと喋るゴリラじゃぞー。さっきまでのウホウホ言ってたゴリラとは違うぞー。ちゃんと日本語喋れるゴリラもおるんじゃのー」

甘音「捕獲したら報奨金出るかな・・・・」

冶宵「………でないと思いますわ」

GMんじゃあ、こう、2のタイラントの如くラリアットでごすんと吹っ飛ばそうとするかなw>さがらくん

GM(勿論、片手にはナイフ。

相良受け入れよう!(ぇー

横から突っ込みだけど、写真撮影したらゴリラな姿なのか普通の姿なのか……

GM一応、その辺りはゴリラにしておこうかw

甘音危ない!といってさがらんの足掴んでよう

GMんじゃあ、こう、上半身が消し飛びます

相良強い衝撃を受けたのにふっとべない!これはサンドバッグフラグ!

日野同じく、危ないたっつん!と言いながら腰にタックルして掴みかかろう

相良「(下半身相良)」

GMさあ、逃げるなら逃げて、戦うなら戦う出どうぞw

甘音「・・・・・・(さがらんのスカート外す

ユウさがらくんが本物の変態になっちゃう><

相良「(相良ボクサーパンツ下半身Ver)」

日野「(上半身はヤリラ)」

相良「・・・って!人が色んな衝撃の事実に愕然としてる間に尊厳を!最後に残った尊厳を破壊しないで!?!?」

甘音「・・・・で、どーすんだこれ」

日野え、今まではホンモノの変態じゃなかったのか

ユウギリギリ?

甘音ついに紳士にレベルアップしたんだよ

日野「大丈夫じゃ、ちゃんとボクサーパンツはのこっとるから」(ぉ

相良テケテケよろしく吹っ飛んだ上半身が両手で駆けてくるよ>ALL

ユウ変態と言う名の紳士だー

日野なかまなかまー  _||。。。○ ごろごろ

ユウ「わーすごーい(拍手)」

甘音「(釘バット構える」>さがらん

冶宵「………」 目をそむけましょう。現実から

鳥島<テレキネシス>とかで黒板をぶつけにかかる>上半身

相良下半身をぉぉぉぉぉぉぉぉぉ寄越せぇぇぇぇぇぇぇぇ(怨念めいたPC1の図)」

黒板消しw

相良黒板消しのチョーク粉で真っ白になって怨念度UP

ユウ誰か下半身投げてあげてー

日野「よしきたほーれヽ(*´ω)==≫

日野と言って校舎の外に投げよう

相良シンメトリカルドッキーング!

相良 できなかったorz

甘音「ま、しゃねぇか。逃げんぞカンザキ」

相良「(校舎の外に下半身を追いかけて退場していくテケテケ)」

冶宵「ぇ、ぁ、はぃ!」

日野「たっつん、せめて下半身だけでも逃げるんじゃ・・・!」(ぇ

甘音といいつつ退場さ!

ユウ「あ、待ってー」(冶宵ちゃんたちについてって退場ー

GMんじゃあ、そんなところで伸びに伸びたこのシーンも切りましょうかw

GMなんせ、シーンプレイヤー消えたしな!w

甘音相良君だっけ

相良あんただあんたwwwww

甘音おお、そういえば

日野「よし、ワシらもひとまずズラかるかのー」軽功でばびゅーん

「逃げるのではない、戦略的撤退だ!(ずびし」とゴリラたちに格好つけてから退場

鳥島そしてたっつんの”上半身”に、連帯感/○憐憫でロイス取り直してもいいですか

GMいいよー

日野もうみんながシーンPLでいいじゃない

GM下半身に恋慕/偏愛ですか?

日野上半身Σ(゜Д゜;)

甘音それはたっつんがとってくれるよ

GMさて、そんなところで。シーン切ります! ガシャーン!

相良キュインガシャガシャドカーン

甘音あ、たっつんの上半身が挟まった

ユウああ、ミンチに…

相良「(あべしっ!)」

日野下半身に恋慕は危ない気がする。何がと言われればよくわかりませんg(ry

鳥島いきなりタイタスにー

GMセッション終わる頃には17分割ですな。

甘音直死の魔眼持ちのシャッターか

ユウみんなそれぞれの部位にロイスとればいいのかな

GMさて、そんなこんなで。

日野みじん切りじゃなくてよかったじゃない

相良:「俺を殺した責任・・・取ってもらうんだから!」

甘音相良君が孤立しました

日野相良君の上半身だけだけどね

GM皆さん、次どんなシーン欲しい?

GMそれによって、シーンプレイヤーも変えるよ。

甘音次ー次ー

日野どんなシーンかなー

甘音・・・・・・とりあえず怪盗ゴリラ追いてぇな

日野もう地下に調べに行くか、辰巳の部屋を調べに行くか、怪盗ゴリラを探すか

ユウとりあえずワンモア飛行石の情報判定

甘音相良君を三分割するんだな

相良自分はみんなとは別にヤリラと向き合うシーンが後で貰えれば良いっすー。

日野辰巳の部屋とかは調べてもしょうがないというか学校内の寮とかじゃなかったら調べれなかったりして

GMさて、どうする。

GM今出たシーンを次々と分けてやっていくかい? こっちはそれでもいいですよっと。

甘音こちらは冶宵ちゃん人質にして怪盗ゴリラ追うーって感じなんで次の次でも

冶宵 じゃあ次の先輩のシーンにご一緒しますw

ユウ僕も冶宵ちゃんたちにくっついて行くー そして勝手に情報判定してる

GMんじゃあ、そっちさきにするか。

GM怪盗ゴリラ追跡組みを先にやっていくよ!

鳥島うーん、じゃあ俺様もそろそろメイドを真面目に考察するシーンを個別に戴こう。

鳥島ってことで一旦待機。

相良同じく待機ー

日野んじゃ待機

GMんじゃあ、シーンプレイヤー続きますが問題あるまい。あまねで。

甘音とっしーがリラを視姦する準備をしている

甘音あいさー


GMミドルフェイズ04:シーンレイヤー――あまねりお


GMほかPC登場可能。

GM侵食率ダイスをどうぞ。

甘音いっくぜー( コロコロ 9 → 57

冶宵:( コロコロ → 10 → 74

ユウ便乗便乗( コロコロ → 8 → 56

GMハイテンションだねえw(侵食率的に

GMさって、それじゃあ、アマネ君。

日野なんか一人だけ侵蝕率がズバ抜けてる

甘音「追い詰めたぜゴリラ!後輩がどうなってもいいのか!」と冶宵ちゃんの頭に釘バット押し付けてる

甘音:「さぁ幻想殺しの右腕をよこせ!」


   ただの悪役である。


GM怪盗ゴリラを追って……君はどこにいる?

GM指定なければ屋上にいますw

甘音女子トイレ

GMなんでwwwww

GMとりあえず、了解。

GMさて……怪盗ゴリラはそれを見てたじろぎますが……

GMヤヨイ。君の目には夜にもおぞましいものが見えてます。

冶宵何が見えて いるのかな?w

日野世にもおぞましいもの・・・釘バット持って目が血走ってるあまねりおですか

ユウそれいつものことやん

冶宵それは普通ですね

日野でもそれはいつものことっぽいから違うか

GMスク水、マント、足袋姿の中年男性

甘音・・・・・・にいさーん!

日野スク水でマントで足袋姿な兄さんだって?!

冶宵「…………せ、先輩…、わたくし……」 泣いていいですか?「w

甘音叩き潰した方が世間のためだな

甘音「・・・・・とりあえず俺の胸で泣いとけ」

甘音「さっさとよこせー叩き潰すぞー」

GM(くっ)とか、言いそうな顔してそれでも、腕を出し惜しみます。

ユウ「わー、変態だー」と後ろから覗きこんでおく

冶宵気持ち悪い…っ さっきの変態達より…っっ」 お言葉に甘えますそろそろ変態の見すぎ限界w


   変態がゲシュタルト崩壊するセッションであった。


甘音「・・・・・俺は気が短いぞ・・・・」

ユウそろそろ人間のスタンダードについて認識が変わりそうbyレネビ

GMくっ、どうしてこうも作戦が失敗した!? 地下の幽霊をたぶらかし、女性とたちをゴリラ化させ、それを救い私がヒーローになる作戦がどうしてこうも!?

GMと、ヤヨイだけに聞こえますw

相良馬鹿なwwwwwwww

日野その格好ではムリだと誰か教えてあげて

甘音ウホウホうっせぇぞゴルァアアアアアアア!脳みそシェイクすんぞ!

冶宵「先輩…ッ あの変態、殺したぃ…ッ」

甘音「まだ抑えてろ」

冶宵「はぃ…っ」

日野つまりそのうち解放してもいいと(ぉ

鳥島(ヒーローは俺様だー)(控室でもごもご)

相良(脚!俺の脚どこー!(in控え室))

GM負けん! 私は負けんぞお! この日のために、私はオーヴァード覚醒のときより20年間! FHで修行を重ねてきたのだあ!

日野あほだろこいつwwwwwwwww20年もったいねぇwwwwwwwww

甘音だからウホウホうっせぇんだよゴリラぁあああああああああああああああああ!!!

相良あまねがwwwwきれたwwwww

ユウ僕らにはウホウホとしか聞こえないwww悲しい現実wwwww

冶宵「………あの、FHの方、らしぃです…あの変態……」

甘音「・・・・・FHも末期だな」

GMだが、だが、私は美少女を………見殺しには出来ない!

冶宵お黙り変態

冶宵涙も止まりますわw

甘音「まぁいい、その腕をよこせ」

GM「くれてやる! アマネリオ! わが終生のライバルよ! だが、見ていろ、私はすぐにそれを奪い返す!

ユウFHにはゴリラがいるのかー」

冶宵「……先輩…ライバルに認定されてしまいましたわよ…?」

甘音「・・・・・切実に嫌だな」

甘音「ま、腕手に入ったし万事オーライ」

GMとまあ、そんなこといいつつ、腕をぽんっとなげ『瞬間退場』こうマントにくるっと身を隠した瞬間消えてますw

鳥島微妙にかっこいいw

ユウスク水ゴリラだけどwww


   むしろ中年の変態だけど。


冶宵「そうですわね。お疲れ様で御座いました」

ユウ「で、それどうするの?貰うの?」

甘音「学園都市持って帰んだよ」

ユウ「えー…せっかくだから何に使えるのか見てみたかったなあ」

日野ものすごいライバル宣言されてるけどあまねりおにはウホウホとしか聞こえてないのか。この変態涙目だな

日野まぁ変態だしいい別にいいか(ぉ

甘音「まぁとりあえずトイレから出るか」

冶宵「はい…」

ユウ「うん」

日野NPCも変態ならシーン場所も変態チックだった@女子トイレ

甘音ということで後は情報判定やって〆かな

ユウ飛行石!飛行石!!

GMういー、どうぞ。

冶宵もし出なかった分あったら拾おうかな。お先にどうぞー

甘音俺・・・・もう情報判定するネタねぇんだよな・・・・

GMんじゃあ、飛行石はどうしよう。

ユウ飛行石の判定するー もっかい振るー ダメだったら誰か助けてー

GM情報:ムスカで。

ユウねえよwwww

甘音幻想殺しの右腕にはめ込めばいいんじゃないかな

日野目がぁ目がぁ!!!

ユウばるす! はめ込むかー

日野ばろす!でもいいよねゴリラセッションの場合

相良バカス!wwwwでもいいよね

ユウとりあえずダメだったら飛行石あまねりおにあげるね( コロコロ → 6

GM うい、じゃあ出ます。

GM実はアマネ君ぼろっと正解を言いましたが。

甘音ナンダッテ・・・・

ユウエスパー・・・?

相良伊藤?

日野魔美?

相良(世代がばれるよ!?)

鳥島(抜き打ち世代調査おそるべし!)

0GMΘの石

    ちょいと特殊な賢者の石。

    レゲネイドの力に関する道具を強化する能力が在る。

    以上。

ユウなるほど、わからん!

日野強化しすぎてごりらになっちゃうんですか(ぇ

甘音とりあえず埋め込もうぜ

ユウつまり腕にセットしちゃえばいいの?埋めちゃうよ?

ユウじゃあおもむろに石を取り出して「えーい」と埋め込んでみるよ!

甘音よしこーい

ユウ「えーい」

甘音青白い光が女子トイレを包み・・・・

日野間違えてクギバットに埋め込んでしまわないようにねー

日野あ、でもそしたら釘バットがくぎゅ〜バットになったりしないかな(なりません

GMんじゃあ、ばちんとはじけますw アイテム自体は両方とも無事だけどねw

ユウなるほど、埋め込もうとした僕の腕がはじけるんですね

日野ぱちーん

ユウ「あ、腕なくなっちゃったー」

日野かわりに釘バットでも生やしとけばいいよ

甘音「言っとくがこの右腕はやらねぇぞ」

甘音俺の釘バットー!?

GMでも、発想はあってることがわかるよ。ユウやあまねには一瞬、あたりの女生徒が普通の少女に戻り、またごりらになりました。

GM日本語がおかしい、ごりらになったように見えるよ。_

ユウ「ゴリラが女の子になってゴリラになったー」腕にゅるん、とはやしつつ

甘音「・・・・・・え、ゴリラ=女子高生だったのか。おうやべぇ」

日野普通の少女に戻って、そこからゴリラに戻ったかと思ったら下半身は人間だったりしませんk(ry

冶宵「ぇ…?」

ユウ「ねえねえ冶宵ちゃん、ここのゴリラって女の子だったの?」

GMんま、お互いにある種、相反する能力だからねー。腕の力を強化しようとすると、もうちょっと工夫が居るようだ。

冶宵「あの、わたくし先ほどからそう申し上げて・・・・・」

甘音「え、俺聞いてないぜ?」

ユウ「冶宵ちゃんがゴリラを愛するあまり擬人化してるのかと思ってた」

冶宵「先輩には…そうですわね」

甘音「まぁいいか」

甘音さて、こっちは何について情報判定すっかな

冶宵「でも、これを使えば学校の閉鎖も解けますかしら……。あと、先ほどの変態には少々罰も……」

甘音工夫法って可能かしら

GM可能だよー。

甘音「きっとラスボスだからそのとき潰せばいいんじゃね」

甘音お、ではやりましょう

冶宵「あぁ、楽しみは最後に…と。そうですわね」

甘音情報:アクエリオンかしら

ユウあなたと 合体したい

GM情報:四十八手で。

クリムピッピー!

相良レッドカード!

日野ヒッピー!


   それは反体制・自然賛美派のことである。


甘音:ヒッキー!つまり

甘音まぁどっちにしてもないやー( コロコロ9

GMうい。

甘音足りなかったらロイス切るぜ

GMいや、足りるから大丈夫。さしたる情報でもない。

甘音あいさ

甘音灰色の脳細胞がピンク色の脳細胞へとクラスチェンジし、あらゆる合体方法を妄想していく


   妄想するな。


GM・腕に石を使用するためには

    使用方法は簡単。

    一人のオーヴァードの腕を付け替え、石を埋め込むだけだよ!

    両方とも宣言だけで出来ます。

    なお、当然ながら両方とも今回のセッションだけに登場するものなので、深く考えないで結構。

    ただし……

    以上。

冶宵ただしの先…気になるなぁw

甘音せんせー!超気になるんですがー!

冶宵それ冶宵振ってみていぃですか?w

ユウただし…何なんですかー!

甘音よし、たっつんにやってもらおう

相良いけにえー!?

甘音いけにえー

GMふりたいひとはふっていいよw

鳥島(いってらー)

鳥島by:控室から蹴りだし

相良(けりだされた!?wwwww)

冶宵それとも知らないまま相良君をいけにえにしますか?

甘音ということでチェーンソー調達しておこう

日野なんのために調達するんだろう(ぉ

GM調達もどうぞご自由にw

日野蹴りだしたら扉は閉めておこう。たっつんがこの部屋に戻ってきてこっちを巻き添えにしないように

甘音ということでお先に調達ー目標値10( コロコロ → 11

冶宵せんぱーぃどうしますー?  相良君いけにえなら私変態のこと調べますけどー

GMちなみに、続きはさっきと同じ技能で。

甘音やったね☆

日野ナンダッテー?!

甘音あー、変態お願いします

日野チェーンソーで斬られてしまう! かみ は ばらばら に なった

冶宵了解w さっきの変態について調べさせてくださぃー

GMういー。

甘音「(個室に立てかけてあったチェーンソーを手に取る」


   女子高ではトイレの個室にチェーンソウが置いてあるのが嗜みなのだろうか。


冶宵「先輩……また物騒なものを持ち込んで……」

甘音「釘バットじゃ斬れねぇじゃねぇか」

ユウ「でもチェーンソーだとみじん切りにならない?」

甘音「オーヴァードだから大丈夫じゃね?」

ユウ「あー、そっかー(納得」

冶宵「………あまり事後の報告書が面倒そうなことは止めてくださぃませね…?」

GMじゃあ、情報:足袋で。

ぃ〜ぐる足袋!?

ユウなぜに足袋…?


   誰か、タビノさん呼んできて。


冶宵ま、いぃやエフェクト自重しない。足袋だし生き字引使いますー

GMいいよー、どうぞ。

日野足袋の生き字引やよいちゃん

冶宵:( コロコロ 7 → 11

GMうい。

GMさってと。

甘音「もう手遅れじゃね」

冶宵首くらぃなら隠せますわ

甘音「いや、ゴリラ殴りまくったから」

ユウ「そういえば血糊が・・・」

冶宵「……知らなかったと言い張りましょう。わたくしが今人質という立場なら大丈夫……大丈夫な筈……」

甘音「じゃあそうゆうことにしとくか」

甘音「・・・・・ああ、つぅかあのF(ファンタジーな)H(変態)になすりつけときゃいいか」

冶宵「えぇ。そもそも甘音先輩一人にこの任務を任せた上の責任でもありますし……あぁ、名案ですわ♪」

日野FHエージェントがファンタジーな変態エージェントになった瞬間であった

ユウ歴史に残る瞬間である

GM・変態について

    本名:熊谷三吉

    まあ、理由は前述の通り。

    腕と石とを使ってゴリラ状態の解除を目指している。

    シンドローム:エグザイル・キュマイラ・ソラリス

    なお、スク水と足袋がすきなことは明白だが、他にも紺ブルマとハイソックスが趣味。

    1999年末に『ニーソは邪道』発言して以来、FH内のニーソ派には目を付けられている。

    以上。

冶宵「…………気持ち悪い…」

ユウ「人間っておもしろいね」

甘音「見事なまでの紳士だな」

日野FH内のニーソ派。こう聞くと世界はまだ豹変してないんじゃないかと思えてならない(ぇ

甘音「まぁ・・・・・行くか」

冶宵「……はぃ…」

ユウ「うん」

甘音ということで〆OKっす

GMうい、じゃあ、シーン閉めますw

GMうっし、んじゃあ、次、どっちにしよう?

GMメリラか、ヤリラか。

甘音メイド視姦ヤンデレと結婚式

日野あるいはダブルデート

甘音それだ!

相良あと辰巳の部屋調査って話もあったよね!?

日野メリラ×ヤリラたっつん×とっしーのダブルデートですね

鳥島ダブルデートwww

相良まさかのwwwww

甘音たっつんの上半身×下半身じゃないのか・・・・

相良確かに追いかけっこしてるけど!?wwwww

ユウたっつん両手に花だね!

鳥島(ふいた)

日野部屋調査はこっちがやろうかー

GMむしろ、たっつん上半身×とっしー×たっつん下半身

鳥島俺様両刀!?

相良両刀なんだそれwwww

鳥島じゃあサンドウィッチマン

相良はさむよー

ユウ二人なのに3(ピー)みたいな


   それとなく伏字になってないよ君。


GMさて、どうしようかね。

日野もう両手にゴリラでいいよ

甘音アレだよ、とっしーは上半身が好きだけど、下半身に攻められてるんだね

相良もうひどいwwwww

鳥島まさかの三角関係w

GMひどいwwww

鳥島個別シーン希望してたのたっつんなので、一緒で平気か個別の方がいいか、お任せしますよー

相良一緒でいいよw

GMんじゃあ、そのシーン行きます!

甘音じゃあ授業中の女子更衣室でやるんだな

日野なにそれひどい

GMとりあえず、シーンプレイヤーは相良です。

日野ハァハァしてるんですね


GMミドルフェイズ05:シーンプレイヤー――相良


鳥島「俺様の調査の結果、最も人気のない安全な場所はここDA

相良じゃあ、上半身がとっしーに負ぶさって、下半身がとっしーの横を歩いてます(ぇ

日野人気のない場所でナニをしようというのか

相良:( コロコロ → 8 → 79

GM まずは登場侵食率をどうぞ。

鳥島:( コロコロ 3 → 55

GMさて、どこでどうしてる?

甘音ちーむ「服を脱ぎ捨てて生徒たちは授業でいない、せんせーは授業中でこれない。完璧ッス、旦那」

相良とっしーにおんぶされてる!で、下半身を回収してヤリラに向かい合いに行きたいよ。

鳥島なにがどう完璧なのかkws

GMちなみに、くっつきたかったらくっついていいよ。

GM上半身と下半身ね。

鳥島「お、重い……俺様はXBOXより重い物を持ったことが(ずるずる)」


   XBOX3.86kg


日野え、たっつんの下半身ととっしーが?

相良とっしーにくっつけてもらえたらくっつく(ぇ

相良「頑張れとっしー!(ぎゅむー)」

鳥島「荷物持ちはおらんのか(ちりんちりーん)」>メリラ

甘音使用後の服が散乱しててうっはうっは。先生はこれないから安心できる

GMや、そっちもくっつきたければくっついてもいいですが?>下半身×とっしー

鳥島wwww

甘音メリラ「(ロッカー開けて登場」

甘音メリラ「(ごよーでしょーか」

鳥島「よし、苦しゅうない近こう寄れ。んで上半身を持て。くっつけるぞー」

鳥島下半身だったw 

日野メリラはなぜか純白のブラ○ャーとかを身につけていたという。ロッカーの中から下着が消えたと騒いだ女子生徒がいたというのはまた別のお話

甘音メリラ「(はーい」逆さまに持つ

鳥島「せーのっ(ぎゅうぎゅう)」裏返しに持つ

相良「え!?」<逆さま

相良「いだだだだだだだだだ!?」

日野メリラ「(よいしょー!)」 さかさまに合身!

GMさかさまって、どうくっついたんだこれwwww

甘音下半身に頭がめり込んだ

日野上半身の上に下半身がのっかっています

相良「(なんかグロイ感じにくっついた)」

鳥島ヤバい腹筋が死ぬwwww

日野それぞれの肩の上に足がのっかってる感じ(ぇ

日野あまねりおと言ってることが違うかっt(ry

甘音もう引っ付いたで進めようぜ!


   くっつき方は想像にお任せします。


相良じゃあ紆余曲折あってなんとかくっついた!

相良「・・・ひどい目にあった」

日野メリラ「(瞬間接着剤ぬりぬりー)」

相良で、知覚判定放棄してヤリラを呼ぶよ

甘音メリラ「(これでもどーぞ」そっとブラジャーを手渡す

GMうい、じゃあ、ヤリラが来るよ!

日野ヤリラ「(あら悪いわね。ちなみにそれあたしのブラだから)」>メリラ

鳥島「やれやれ、あまり俺様に手間をかけさせるなよ親友(嘆息」

相良「ん?(訳も分からず受け取ってからトッシーにおしつけた)」<天使のブラ

鳥島(って言いながらとりあえずメイドんの後ろに隠れとこう)<ヤリラの気配

鳥島ブラいただきましたー

甘音メリラ「(きゃ(ポッ」

甘音ちーむ「旦那いいなー」

鳥島「ええい見世物じゃないぞ!仕事が終わったら解散、残業代は出んぞー」>ちーむ

甘音ちーむ「えーマジっすかー(とぼとぼ」

相良で、どうにかヤリラと言葉を交わす方法はないかね>GM

甘音肉体言語で

GMんじゃあ、どうしようなあ。

GMRCないしは意思、あるいは芸術:ゴリラ語知識:ゴリラ語でどうぞ。

日野それちなみにロッカーのとこの名札には神無咲冶宵って書いてたりしませんk(ry

鳥島じゃあ一応サイズを確認しとこう)<やよさんのブラ

冶宵何故ロッカーに放置してあるww  冶宵今制服着てるのにww

日野予備のブラだったんだよきっと

鳥島水泳に備えてとかにね、うん

相良思い余った幽霊が付けて欲しくてこっそりプレゼントしてたんじゃあ(ぇ

冶宵6面ダイスとか振ってもらって小さいほうからABCABCとかでどうでしょうか先生<確認

日野よし、とっしー振るんだ(ぇ

甘音ABGですね

冶宵あぁ、貧か巨かの二者択一ですね。それでもいぃです

相良えーと、意思でいくよー( コロコロ → 7

相良あかんかったらタイタスきる。

GMうーん、なら、意思ならば君の言葉は届く。

GMただ、こっちの言葉は相変わらず『うほおほほほ!』ですがw

相良一方通行か!w良いよ了解w

日野AとかBじゃなくてGakkariってことですね

鳥島奇数→巨乳、偶数→虚乳コロコロ → 5

甘音( コロコロ → 1

ユウ巨乳らしい

冶宵どっちも奇数だったのこれどうすればw

日野Aで巨乳だったんですね

鳥島巨乳ただし虚乳、か……

GMつまり、周りの女の子はAAとかAAAばっかりなのかなwwww

相良(PADだと)

GM>Aで巨乳。

ユウレネゲイドパッド

甘音パッド長!

日野侵蝕率が高まってくるとサイズアップとかですか@レネゲイドパッド

ユウレネゲイドの力を使いすぎると縮みます>レネゲイドパッド

日野ジャーム化すると他人のパッドを吸い取ったりするんですね


   詳しくはリプレイ『パッドチェイス』をs(ry


相良じゃあヤリラに意思を伝えよう

GM